妖精さんの勧めで提督になりました(作者:TrueLight)(原作:艦隊これくしょん) 幼少期から妖精を視認、会話することができた少年。 そんな彼を学校の同級生や … 本谷 有希子(もとや ゆきこ、1979年 7月14日 - )は、日本の劇作家、小説家。 演出家、女優、声優なども兼ねる。 石川県 白山市出身。 「劇団、本谷有希子」主宰。 夫は詩人・作詞家の御徒町凧 コメディ. 投稿者: こた ---- ---- 2020年 08月24日 22時32分 ... 2020年 08月11日 09時49分 49 1 0. 江口拓也ファーストフォトブック「meet」(2016年11月19日、ワニブックス)isbn 978-4-8470-4875-3 江口拓也のモテ服pressコンプリートフォトbook(2017年7月28日、秋田書店) isbn 978-4-253-01095-5 雑誌連載 兵庫県宝塚市 ... わがままに聞こえるかい? 別にいい、君だってそのはずさ。 ... 連載 11話公開中. Find more works related to #school AU かみこたなのか。 きりしげなのか ... 49. 「劇団の名前を付けるとき、自分のセンスを信じられなかった。今、よいと思ってもセンスが変わってダサい事になるのは嫌だなと。そこで、親からもらった名前をつけました。普遍という意味で。 その他 . こた☆カンさん感想ありがとうございます。しかも貴重な反対意見までくれて嬉しいです。モチベーションは人それぞれありますものね。考えさせてくれて、ありがとうございます。私の意見が正しいわけではありません。 この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます 312 人がお気に入り | この作者の作品を全表示 | お気に入り作者に追加 | 感想を見る. センスが問われて、「そういう名前をつけるんだぁ、君は。」とか思われるのがすごい勝負だと思った。」 水戸市とその周辺を舞台に、3人の女子高生の日常を描いた小説です。 ※一部に架空要素も存在します。 66 0 4. 小谷 剛(こたに つよし、1924年 9月11日-1991年 8月29日)は、医師、作家。. Popular illustrations, manga and novels tagged "egkt". 京都市生まれ、愛知県 名古屋市育ち。 旧制東海中学、名古屋帝国大学附属医学専門部卒業。. うっかり仕事中に拝読してしまい、涙をこらえるのに大変でした。 布さんがこたちゃんを大好きだったように、こたちゃんもまた布さんのことが大好きだったのですよね。 「聞いて聞いて! ぼく、今度介助犬にな. これはわがままなのですが少し更新頻度を上げて頂けると嬉しいです. 書籍 写真集. と述べている[10]。, https://web.archive.org/web/20160103015354/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160101-OHT1T50111.html, 芥川賞作家 本谷有希子が語る 「ラジオは、聴き手の包容力・懐の深さが一番深いメディア」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=本谷有希子&oldid=79823631, 「ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」(2007年秋号、『せりふの時代』小学館), 『江利子と絶対 本谷有希子文学大全集』(2003年、講談社)(2007年、講談社文庫), 〈この町から〉(「GRANTA JAPAN with 早稲田文学01」掲載)を大幅に改稿・改題. 本谷 有希子(もとや ゆきこ、1979年7月14日 - )は、日本の劇作家、小説家。演出家、女優、声優なども兼ねる。石川県白山市出身。「劇団、本谷有希子」主宰。夫は詩人・作詞家の御徒町凧。, 卒業公演の際、「在学中に何もやっていない」という焦りから台本執筆を買って出たところ、松尾スズキに「役者よりも台本を書いた方がいいかもね」と言われ、これが執筆活動を開始するきっかけとなった。劇団旗揚げ後の一時期はメディアに“松尾チルドレン”として一括りにされることを嫌い、松尾と接点を持たないようにしていたという。2006年に『生きてるだけで、愛。』が芥川賞候補になった際にも松尾との作風の類似が指摘された[3]。現在では松尾がスーパーバイザーを務める季刊誌『hon-nin』に小説を寄稿するなど、接点を回復している。このことについて本谷は「ようやく違うぞ、と余裕が出てきた」と述べている。, 小説の書き方について本谷は、書きあげている最中は完全に登場人物になりきってしまうと言っている。本谷の友人いわく、「執筆中に会うと作品ごとに別人格になっている」ほどである。また、感情移入するのは主人公だけではなく登場人物全般で一人称より三人称が得意だという[4]。, 声優の能登麻美子とは同郷の友人で、地元時代は同じ劇団に所属していた事がある。のちに『QuickJapan』vol.59で対談を行なっている。, アイドルが好きであり、本谷がMCを務めた『本谷有希子のオールナイトニッポン』では、好きなハロープロジェクトのグループに関する好意を語ったり[5]、AKB48メンバーを呼んだコーナーを進行したりしていた[6]。, また、中高生時代にはいわゆるおたく趣味に傾倒していた。これまでで好きな漫画には『お父さんは心配症』、『幽☆遊☆白書』、『HUNTER×HUNTER』、『銭ゲバ』、『アシュラ』を挙げている[7]。その中で、『幽☆遊☆白書』の登場人物・蔵馬のファンで、作品中の蔵馬登場シーンの切り抜きなどを収集し、蔵馬の小説も書いていたほどだった[8]。, 2014年頃までは小説をPCで執筆していた。しかし大変時間がかかるうえ、妊娠した際「目を酷使してのPC作業をすると、お腹の子は神経質になる」という話を聞き、手書きで執筆するようになった。その結果行き詰まったときなどは、イメージ絵や2重丸などの書き込みをして飛ばしておき、時間をおいて客観的に見返すことで、原稿を早く仕上げることができるようになった。本人にとっても、手書きの方が向いているという事を実感できたという[9]。, 『劇団』という名前は付いているものの、特定の所属俳優を一切持たず、公演によって出演者が変動するため、活動形態としてはプロデュースユニットに近い。, 過去に出演した番組で、主宰の本谷は えぐこたの妄想nmmnです。自己満足なので、書きたいことを自由に書いてます。※nmmnが分からない方は、見ない方が良いです。実際の方と、全く関係ないものです。あくまで、フィクションです。 を描く物語です。, あの日、誰か気づいただろうか?, 中学生。そのときわたしは、青春を謳歌していた。優しい友達、かっこいい彼氏。けれどわたしは、恋に溺れ、彼がいないとダメな人間になってしまった。, サイコパスの少年がサイコパスの意味を知るために冒険する話。, 恋するツンデレ小学生女子のお話。, これは以前別サイトで書いたものを修正、付け足ししたりして投稿したものです。, 異世界の宿屋が素晴らしい件について。, ブライトマジックワンダーランド, ゲームの世界に閉じ込められた廃人ゲーマーの旅 -限界の無いPBWの世界で-, 小説更新情報や新規小説情報等々。.