ストレスになっているようです。

あと「空」は「そら、から、くう」以外で読み. 実家は商売屋だったので両親共働きの上に多忙で、 塾に行くことでそれなりに「勉強する時間」は取れていたと思います。

勉強を見てもらうという事がほとんどなく、 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。

下の子は、英語・空手・週末は野球に行ってます。 どちらをどう使い分けるのか教えてください。, そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 公文や学研に通っているお子さん、 発音の仕方、リズムもあり。

Ordnen Sie die Nomen den richtigen Zähleinheiten zu.

さっきやったものと同じと気づかず、また同じように

・10と 6~9の数の合成分解 ・6~9の数の合成分解 おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。 さくらんぼ計算って、ご存知ですか? Können Sie es auf Wikipedia oder "http://www.trussel.com/jcount.htm" finden, und die Lücke in Hiragana ausfüllen? 相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、 いつ何をやるのか予定をお子さんと相談しながらしっかり組んでそれを守らせる事ができれば、  ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 だから英語で日本はJapanなんですか? 親同士の価値観が違うのだ、と。 ・5、6~9、10と 0の合成分解

散々一桁の計算などをさせられるとけっこう覚えてしまって 四角の中に数字を入れる、というものです。 教員をしています。 そこで、チャレンジなど何もしていないお子さん、 【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。 ひ、ふう、みー、・・・なな、や、ここ、とう、が古来からの日本語の数え方なのを思い出しました。 小学生未満は、小学生に、満たない。(小学生になっていない) >いまだに算数の計算で8-1=というものも わざわざ公文などに行く必要はないと思います。 同様に、八本は、ハチホンは、ハッポンに変わることもあるのですね。 もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。 ”日本”は、”にほん”になるのですか、”にっぽん”ですか? たまに父に分からないことを聞いても説明が下手なので余計分からなくなっていました。 いちいち指で計算しないと出来ません。 >ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても

『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。 詳細な解説、納得しました。, 早急な回答ありがとうございました。

しかし、ご質問者さんが知りたいことは、ガクの上にあって、何個かの種子を包んでいる若いときには緑で熟すと茶色になる皮の部分のことではないのかなと思います。あれは全体が「果実」です。その皮と言うことで「果皮」といいます。果実は子房が変化したものです。受精前の「子房壁」が受精しますと「果皮」に変化します。リンゴの食べる部分と同じものです。 前エントリー(「いっぽん、にっぽん、さんぽん」にリンク)で扱った「いっぽん、にほん、さんぼん」の「ぽん、ほん、ぼん」問題であるが、これにある程度筋の通った解明をみるべく考察を進めてみた。すると思っていたよりもややこしい問題であったことが判り、冗談のネタとしてはすこしハードコアに言語学的になり過ぎるうえに、詳述しなければならないことが多大であった。, 平たく言えば真面目な長話になってしまいそうだったので、前エントリーに組み込むのはよしにしてここに一項を設ける。, さて上述の「ほん、ぽん、ぼん」問題は、定式化すれば「助数詞『本』の語頭音が /h/ /p/ /b/ と交替する現象」に説明を与えるということであるが、無論この交替は助数詞「本」に限らない。類例は多い。例えば「一発、二発」「一泊、二泊」「一歩、二歩」「一杯、二杯」「一敗、二敗」などの助数詞でも観察される。品、筆、分、編など、ハ行始まりの助数詞ならきれいに「ぽん、ほん、ぼん」の規則に従っている。 その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、...続きを読む, 小学校2年生の男の子の母です。 テレビがにだい(2)あります。, Bestellen Sie Cappucino und Cookies für sich und fünf Freunde. ないようです。, いつもお世話になっています。

ろっぽん 原形「ぽん」が前接する「ろく」の語末母音脱落、促音便化によって保存された >気づいてくれません。 学校の成績は、オール5もしくは、1教科だけ3や4だったりするので、 前のページで10+4 や 10+7 などの10に一桁の数を

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で...続きを読む, 「ぽん」が本来の中国音に近いと聞いたことがあります。「いち」「いつ」「いく」「いき」「いふ」などは昔の中国音では t, k, p などの子音で終わっていたと考えられ、これらに別の漢字が続くと促音になります。また促音の時の二文字目は濁らないのが普通です(例外:仏陀「ブッダ」)。

いたんですが、友人に聞いてみても

あなたの会社の報告であれば: と思ってしまったのでしょう。 日本て「じっぽん」という読み方があるのですか? 2種類の活用に分かれた動詞なものですから それでは。, はじめまして。 子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。 だいたいマスターしたら、

あるんですが、小学6年生は無料なんですか?

まして、「できない」→「できる」→「認められる」という成功パターンを本人の中に育ててあげられたら、これからの人生に、大いに役立つのではないかとおもいます。 よんほん 和語「よ」が数詞整備によって「よん」となり「し」に代わって、成立済みの「ほん」に後代に接ぎ木された 指を使って計算します。 指で数えて10と答えます。その次に「10+2は?」と聞くと これも、段階があります。はじめは5の合成分解からスタートするのですが、 しちほん: 八本: はっぽん()/ はちほん : 九本: きゅうほん() 十本: じゅっぽん() 何本? なんぼん() 一個: いっこ() 二個: にこ() 三個: さんこ() 四個: よんこ() 五個: ごこ() 六個: ろっこ() 七個: ななこ/ しちこ: 八個: はっこ()/ はちこ: 九個: きゅうこ() 十個: じゅっこ() 何個: なんこ() 一冊: いっさ� 指での計算で、さっきやったばかりの問題なども同じ問題なのに

中国語の、pat,jip をも使い始めて、いろいろ変遷し始めたのですね。 計算していて4段目は全部間違ったり。 宿題とか、そういうものは、指を使って構わないと思います。 以下の記述からも、それは明らかですね。 ぼん、ほん、ぽん、に関しても、発音の容易さが決め手なのですね。, 早急な回答ありがとうございました。 よろしくご教示のほどお願いいたします。, 格助詞「に」と「と」の違いですね。この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。 なので小学校に入学したら有料かと思って 3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。 「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」 はっぽん 原形「ぽん」が前接する「はち」の語末母音脱落、促音便化によって保存された

私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 それと同じように、一つ上の課題を1問やらせるときには、その下位項目を100倍くらいは勉強しておかなくてはならないのです。 ピラミッドを作るときに、土台をきちんと作ってから、組み上げて行きますよね。 それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。 理由としては、自分たちのペースが遅く、 遊びで数字のカードを見せて 「間違え」について「間違えやすい」となり、 息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。 「二本」の「ほ」は「ぽ」→「ふぉ」→「ほ」と変化したものだそうです。 はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか? 6. はち x はち = ろくじゅうよん().

参考URL:http://okwave.jp/qa1126103.html, 小学生高学年の男の子が二人います。 苦手ではなくすのに、良い方法はありますか? 1 □

「すったもんだの末、結局彼が村長となった。」 小学校入学当初からやっているのですが、 夏休みの間だけ、公文か学研に通わせようかとも考えています。, 小学生高学年の男の子が二人います。 イベントのチケットなんですが 質問者さんのお子さんの場合、質問者さんが勉強を見てあげられるとの事なので、

Für elektronische Geräte wie "コンピューター", "テレビ" oder "テープレコーダー" gibt es noch ein spezielles Zählwort. 話もどって、「よんほん、ななほん」にが成立したのは数詞の整理を経た、割に最近のことだったということである。つまり「さんぼん」と「よんほん」の音韻環境の一致も事後的なものに過ぎない。「よん」と「なな」の数詞としてのステイタスがはるかに遅く確立したのだ。そして「よん」と「なな」が「ほん」と結びつく時は、唇音退化の時代よりもはるかに後代にあたり、すでに「ほん」は「ほん」の形に変化済みだった。ここから新たに転化が起こる余地が無かったのである。, これは二つの線から説明できる。まず「きゅうほん」の成立は前章「よんほん、ななほん」同様に新しいと見られる。古来の「く」に代わって「きゅう」は、前段に説いた「し→よん」「しち→なな」の数詞整理と同時期に「九」のスタンダードな読みという立場を確立する。ことほど左様に「きゅう」そのものが新しいものなのだから「きゅう+ほん」の連語の成立も新しいのは当然だ。「九人」は「きゅうにん」よりも「くにん」であろうか。このケースではヨリ古い「く」が「きゅう」に拮抗して残存している。「くにん」ならば古い形として検討に登る。しかし「きゅうにん」の方は近代に接ぎ木された新しい語彙であった。「きゅうほん」も同様である。こちらのケースでは「くほん」は使用頻度がぐっと下がる。ほぼ新しい「きゅうほん」に駆逐されてしまった。, 「じっぽん」の形は先にも触れた「促音便に伴う古音の保存」で説明には足りよう。問題は何故に「じゅうほん」がないのか、ということである。しかしこれは実は「偽の問題」であって、「じゅう」という読みそのものが起源的なものではない。むしろ「じっ」という慣用的な促音便の方が、漢数字「十」の起源的な発音の痕跡をありありと残すものである。, 日本語は開音節言語、すなわち音節末に母音があるのが通常である。しかし漢語(中古音)など漢字圏の言語は閉音節——すなわち「音節を子音で閉じる」のが普通のことだ。特に古代中国語(中古音)では音節末子音が短く詰まるように発音される「入声」という音韻が顕著であった。, そして「十」はこの入声を語末に持つ語であった。印欧語比較文法でもそうだが、数詞は古形推定の重要な手掛かりである。ひろく伝播して、わりに形が安定している。むろん伝播先の各国語流にそれぞれの便宜にしたがって転化・改変を被るのだが、そこに法則性さえ見いだせるならば「形が変わっている」ことはむしろ古形推定の有効なデータになる。一般論として言語学者が複数の言語を比較する時に「同じ、あるいは似た形がある」ことにはあまり過分に注目しない。言語学者が興奮するのは「そろって違う形が対応している」場合である。, 閑話休題、ともかく「十」は入声の残存を漢字圏各国語に刻んでいる、言語学的に好個の一語なのだ。, 十のいろいろ(ウィキペディア:入声にみる。*引用に辺り声調調値を示す符号を省き、項目を並べ替えた) ついでに、     としたいところです。

チャレンジをやめてしまうと、全く勉強しなくなる不安もあります。 しかし、守ることができそうもなければ、塾などの「勉強する時間と空間」を用意するというのも手だと思います。, 娘が二人おります。一人は塾(週4日)、一人はそろばん(週5日)とバレエです。 今悩んでいるのは、ある人は「~になりました。」と書き、別の人は「~となりました。」と書いているところがあり、報告書全体としては「に」と「が」が混在している状態なので、この表記の揺れをなくすために、どちらかに統一すべきかどうか、ということです。 一番上が瞬時にできるようになったら、次はレベルをスライドさせて、2番目を6、3番目を3、4番目を1、という配分で問題を出します。一番下まできたら、そこでようやく、問題の順番をランダムにして出題します。 ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても 八は、hatiで、tで終わるから、hatihonが正しい、ということですか? さん = じゅうきゅう() チャレンジのおかげで、成績があがるとも思えないし。 4月から散々プリントなどで10までの足し算などをしてきているし

理由としては、自分たちのペースが遅く、 こういうのを、レディネスが不足した状態、といいます。 今月分が終わる前に翌月分が届いてしまい、 中古音推定形 [ʑip] 呉音:ジフ 漢音:シフ 普通話:shí 台湾語:sip / chap 広東語:sap 上海語:[zəʔ] 朝鮮語:sip 십 ベトナム語:thập, 中古音推定形をロマナイズすれば dzyip 、これは大枠「ジプ」というほどの発音である。この語末の p に注目、入声の痕跡が各国語に残る——例えば子音の響きのバリエーションの豊富さを誇る朝鮮語は「パッチム」というかたちで入声を中国語以上にありありと保存している。その一方で入声は中国語普通話では消失している。上記「普通話」の項目を参照。さて、「十」の古形推定形に見る -p が入声であり、こうした語彙を古代日本語が取り込む時にはどうしても無理を通さざるを得なくなる。なにしろ日本語は開音節オンリーの言語である。語末閉音節の語形や表記法(さらには感受性)がないのに、この入声の語末音節内破音をなんとか表現しなければならない。そこで「ジフ」などと訓じてお茶を濁した。, この語末内破音の表現形としては、「じっぱ」(十把一からげ)「じっこ」(十個)などといった語に残る「促音便」の方が遥かに原形の実態に近しいものと言える。「じっぽん」(十本)もこうした系列の一つであり、ある意味ではまことに由緒正しい語形である。, 上の「ジフ」はその後、こちらは唇音退化に伴ってハ行子音は消失し、あわせて二重母音が長音化した。つまり「フ」が消えて、母音「イウ」が「ユー」となった。結果生まれた語形が「じゅう」である。, つまり音韻「じゅう」の成立は事後的なものである。とくに「じっ」と訓じられていた語彙にも「じゅう」を適用する例が後代に出てくる(江戸期以降)ということだ。「じゅっぽん」はその頃にでき上がった、事後的な転訛の定着であり、「じっぽん」よりも何百年も若い。まして「じゅうほん」はいまだ定着のない、幽霊語形だということになる。, 「ほん、ぽん、ぼん」の交替は単なる音韻現象ではない。音韻現象としては説明の付かない不整合があるが、このレパートリーには数々の時代差が刻まれており、歴史音声学の範疇である。以下に語形の解題を簡潔に再掲してまとめとする。, いっぽん 原形「ぽん」が前接する「いち」の語末母音脱落、促音便化によって保存された それができていない状態で、さらに上の課題をやらせているので、本人にとっては「わけの分からない」ことを、無理やりやらせられている状態になってしまっているのです。 上の子は、英...続きを読む, 娘が二人おります。一人は塾(週4日)、一人はそろばん(週5日)とバレエです。 Dann können Sie zum nächsten Teil der Lektion weitergehen. つい戸惑ってしまいますよね。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。

なんだか、どちらも正しいような気がするのですが・・・

はじめは連声、連濁といった音韻環境の影響で音韻が転化しているだけのシンプルな現象かと見ていたのであるが、マリーが抗議していたように、等しい音韻環境の元でも同じように交替が起こっていないことを説明できなくてはならない。思ったよりも深い問題だったのだ。結論から言えば、これは狭義の音韻論の範疇ではなく、歴史音声学の主題であった。, マリーからすると非合理極まりない、場当たりな交替現象のように見えるが、横軸に見るとこれだけ安定して使い分けられているからには何らかの筋道があるのには違いない。, 「いっぽん、ろっぽん、はっぽん、じっぽん」と促音で詰まったところに「本」が接続する時には /p/ 音が出てくる。すなわち「促音終わり」には /p/ 。, 「にほん、ななほん、はちほん、きゅうほん」など「開音節・母音終わり」には /h/ 音。ただし「よんほん」にも /h/ 音。, 問題1)音韻環境が等しく見える「さんぼん:よんほん」をどう説明するか。なぜ同じ「ン音」に別の音が続くのか。, 問題2)「*いちほん:いっぽん」「はちほん:はっぽん」「しちほん:*しっぽん」にみる「チ音と促音」の交替の不整合。, いずれも音の転化が起こるに際して、同じように見える音韻環境に「同じ変化」が生じていない。しかし上の表における横軸の一貫性を見るにこれはかなりソリッドな(すなわち原因の一貫した)変化があったと推定される。, 通説として上代以前、古代日本語のハ行はパ行ないしファ行のような音であったとされている。まずスタート地点はパ行、すなわち「『本』の原形は『ポン』であった」というところから話を始めなくてはならない。すなわち「ポンが保存」されたり、「ホンに変化」したり、「ボンに変化」したと考えるわけである。, 現代日本語ではパピプペポは外来語にしか使わない。パ行はほぼ日本語の音韻から追い出されてしまっている。, 例外: 前のページで10+4 や 10+7 などの10に一桁の数を

>指で数えようとします。でも数えられなくて考え込んでとまって たまに父に分からないことを聞いても説明が下手なので余計分からなくなっていました。

今の状態は、下位項目が不足している状態で、その上の課題をガンガン与えているので、要するに「分からない」状態を作り出している、というわけです。 言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。, 小学校2年生の男の子の母です。

>指で数えて10と答えます。その次に「10+2は?」と聞くと

ですね。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 ぜひ、教えて下さい。お願いします。, まず、紛らわしいのですが、動詞に「間違う」という

  5

 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) top > みんなの日本語のハンドアウト > 個 / 冊 / 本 / 杯 個 / 冊 / 本 / 杯. ごほん 母音間に挟まれたという条件下で、唇音退化が進行し「ほん」に結実

あらたまって考えると、分からなくなりました。読み方を教えて下さい。 遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫? >さっきやったものと同じと気づかず、また同じように 八本は、読みやすい方ですね。, 早急な回答ありがとうございました。

「小学生以下は無料」と書いて >7+3+2 という式があって、私が「7+3は?」と聞くと 発音しやすく変化した発音の他の例としては 当時の公文は行ったらひたすら問題を解く感じだったのですぐに飽きて辞めました。  /\ 素人考えですが、量と数字が一致してないように思うのですが・・・

こんな事も知らなくてすみません(^_^.)  ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 について「間違いやすい」となり、 >いちいち指で計算しないと出来ません。 塾は先生の話が面白かったので続きましたが、宿題をほとんどしませんでした。 実家は商売屋だったので両親共働きの上に多忙で、 Alles gekonnt? ☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、 ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。, 子供の友達の親に言ってしまいました。 口話語における半濁音連濁(暫定的にここで命名した)「がんばり↔いじっぱり」「せけんばなし↔ばかっぱなし」「こっぴどく」「おっぴろげる」、これは撥音・促音に後続する条件変異とも見えるが、必ずと言っていいほど「卑俗」な情意性を伴う。(遠山一郎談話), しかしもともとは日本語にもパ行があったのであり、音韻システムが全的に変化することでパ行はひとたび駆逐されてしまった。, 段階1)古代の /*p/ が弱化して /ɸ/ になった(両唇破裂音のパ行が両唇摩擦音のファ行に)。, 段階2)平安前後、語頭意外の /ɸ/ が /w/ になった(両唇摩擦音のファ行が両唇接近音のワ行に)。この現象を「ハ行転呼」と呼ぶ。例えば「かは→かわ(川)」。, 段階3)ワ行が唇音性を順次失った。唇のすぼめがゆるみ「ヰ音」「ヱ音」「ヲ音」がそれぞれ「イ、エ、オ」に合流する。, 段階4)語頭音として残存していた /ɸ/ がウ段のフ音 /ɸɯ/ を残して、あとはハ行に移行した。結果として現在のハ行は補充法的に複数の調音が混在した、混乱した行となっている。, 今日のハ行には目にもあやな混交が起こっている。まず、「ハヒフヘホ」のうち、フ音だけは実は「ファ行」に属すべき調音である。これは気が付いていない人も少ないだろう。現代人が普通に「ハヒフヘホ」と発音すると、フ音の時だけ唇がぐっと結ばれて「唇による摩擦音」になる。ファ行で「fa, fi, fu, fe, fo」と発音してみて唇の構えを確認してみていただきたい。そして改めて「ハヒフヘホ」と発音してみると、フ音の時にだけファ行の調音が紛れこんでいることがよく判る。fu というローマ字の綴りは伊達ではない。, またハ行一家のなかでは「ヒ」の音もよそからの借り物、継っ子である。こちらは意外と知られていない事実である。「ハヒフヘホ」とゆっくり発音してみると、上述の通りフ音の時だけ唇が集まってくるだけではない、ヒ音の時にもそこでだけ「舌が盛り上がって緊張する」のが判るだろう。ヒ音の時だけ、硬口蓋摩擦音が出されているのである。つまりヒ音のみは、舌が口の天井に接近してつくった狭い隙間を通る音になっている。, フ音の時だけ「唇の隙間が狭い」、ヒ音の時だけ「口内の呼気流出空間が狭い」。 私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、 私の事を。 いまだに算数の計算で8-1=というものも >いちいち指で計算しないと出来ません。 左の数字と上の数字を使わず、左の数字とすぐ3段目の数字を使って 当時...続きを読む, いつもお世話になっています。

日本は、もともとニチホンであるが、言いづらいので、(チが抜けて)ニホン、あるいは (チが促音になり)ニッポンになったのですね。  ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 ななほん 和語「なな」が数詞整備をへて「しち」と交替し、成立済みの「ほん」に後代に接ぎ木された ・5の合成分解