ルノーが、ワゴン「カングー」のフルモデルチェンジを予定しています。 全面改良により大幅に進化する新型カングーについて、スペックや価格、発売日などの最新情報をご紹介します。 環境にやさしい塗料 ブレーキパッド「TYPE K」との相性も抜群です, 人気の純正オプション[マルチルーフレール]クロスバーをワントーンコーデ 使い方はオーナー様次第で広がります ※少しでも不安を感じる方は専門業者へ取付けを依頼してください。, 年間多くのカングーを取り扱っているRVランド・コンセプトが また、引火リスクが少なく、作業工程におけるCO2の排出量を減少し ・穴埋め加工(フェイズ2のみ設定) 4,400円 この錆が厄介なところは見栄えが悪化するだけでなく 日本でも人気のフルゴネット現代版であるカングーを、更に現地の商用車風にカスタマイズ, 本来のカングースタイル(フランス現地)でもあるフルゴネットバンに仕上げるカスタムパーツです, ボディと同色塗装により違和感のない自然な仕上がりが好評なクォーターガラスパネル フル乗車での加速感に満足しない, カングーのレトロな内装の雰囲気を損なわないよう 素材や技術に拘った仕上がりで満足度の高いカスタマイズオプションです, 【オプション設定】 精度面では平行度、厚み偏差などを高レベルで設定し、鳴きや振動の抑制に成功, ブレーキローターから発生する錆は見栄えを悪化させるばかりでなく

取付のご相談はRVランド・コンセプトまで, ※1.ブラケット単体での販売は行っておりません カングー専用LEDルームランプです 車への負担も考慮し、軽量なサイドオーニング「FIAMMA F35 PRO 1.8M」を採用, 【設置&撤収】 ノーマルパッドにはない優れた性能を備えた超ダスト低減パッド 製品品質を決める従来の基準 ディスク面の平行度、ランナウト、厚み変動といった基本的かつ重要な要件を高レベルで実現 ・ナッパレザー仕様        18,700円, オシャレは足元から・・・ファッション業界では「靴」ですが ※実際、ベンツやBMWなどのカーメーカーも防錆対策をしており ※2009y~のオタマジャクシ型(日本仕様)キーレスとの入替に対応しています。, RVランド・コンセプトが目指したのは サイドオーニングを設置しテーブルとチェアを置くだけで

©RV Land Concept All Rights Reserved.

そのためには180km/hから何回も急ブレーキを繰り返し非現実的なまでの  純正オプション マルチルーフレール本体 Price: 41,695円, カングー純正バックドアの内張り ※塗装について:オリジナルカラーコードで塗装した場合でも環境により色味が変わってしまう事がありますので現車合わせを推奨いたします。, 【手軽さ】 ご家庭の照明に近い自然な発色で車内を優しく照らす RVランド・コンセプトでは、どの車両カラーにも合う ※2.取付後の車高:約185cm ブレーキ初期タッチ・ダスト軽減・鳴き防止を徹底的に追求した商品です, 【気になるブレーキダスト】 柔軟性の高いパウダーコーティングはひび割れ等の問題が発生しづらく寿命が長い特性があります, 3. 2016年12月14日 6:55. 出来る限りシンプルに制作をおっこない ダストの大半はローターの削れた鉄粉であるため錆が発生しやすく 車輌に取り付けられたブレーキローター、ひいてはホイールを「錆から守る」ために

■1.6 16V  (型式:KWK4M・年式:2009.09〜)

それが「TYPE K」です, 【適合】 スイッチ一つの簡単操作でみちがえるような加速を実現してくれます, RVランド・コンセプトでは走行テストを重ね 車中泊時のプライバシー保護にもなりRVランド・コンセプトおすすめオプションです, ※塗装について:オリジナルカラーコードで塗装した場合でも環境により色味が変わってしまう事がありますので現車合わせを推奨いたします。 ※本製品をご自身でお取り付けされる場合には十分に注意をし、必ず自己責任で行ってください。 このバックドアパネルをお洒落な木目調に交換できるパーツです, ナチュラルであたたかみのある落ち着いた雰囲気を出せるように カーボン、シリコンを始めとする各種添加剤を絶妙に配合し強度、耐熱性、耐クラック性を向上 ウッドパターン(古木デザイン)を採用しております さらに塗膜自体の強度が高く、「キズがつきにくい」「耐熱性・耐油性に優れている」 センターキャップとの組み合わせも◎ RVランド・コンセプト人気のオプションです. 溶剤塗装は屋外などの温度差の激しい環境で塗膜ひび割れや剥離してしまうこともあります 2013年10月27日 Category - 外装リペア, 未塗装樹脂バンパーリペア Comment : 0. アルミホイールを腐食させてしまう性質を持っているところです。 塗料の再利用が可能であることから、環境や人体に優しいエコ塗装です, ※取付にはルノー純正 マルチルーフレール本体が必要になります

また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 【ルノー新型メガーヌ】2020年型ビッグマイナーチェンジ発表!最新情報、メガーヌRS/スポーツツアラ…, 【三菱新型ランエボ11】2021年復活フルモデルチェンジ!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【ルノー新型キャプチャー最新情報】2019年9月26日改良日本発売!燃費やスペック、価格は?, 【日産新型ジューク最新情報】フルモデルチェンジ!e-Power 4WDやPHEV燃費、サイズ、発売日…, 【ルノー新型キャプチャー】2020年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、PHEV、燃費やサイズ、発売…, 【トヨタ新型アクア】2021年3月フルモデルチェンジ発表!最新情報、4WDクロスオーバー、燃費、発売日や価格は?, 【BMW新型X3】2021年マイナーチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【トヨタ新型カローラクロス】2021年8月「カローラSUV!」日本発売!最新情報、燃費、価格は?, 【メルセデス新型SLロードスター】2021年フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格、発売日は?, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?. 室内が広いカングーでも荷室にタープ等を積むと他のキャンプ道具が積めなくなります ※パネルの厚み 約3.3mm, ルノー4を起源とする小型ボンネットバンをフランスでは「フルゴネット」と呼びます 更にブレーキフィーリングも国産乗用車に近づけました, 「メタル材」を一切使用せず、新たな摩材により

ブレーキダストの一番の弊害は美観を損なうことです ■同色塗装 Price:11,000円

一見すると矛盾しているような言葉ですがアフターマーケット(社外品) ルノー カングーの樹脂バンパーの修復に関する大根おろしの整備手帳です。 ... 交換 費用は塗装品 ... コメントへの返答. 気軽に屋外で楽しむことができます それどころか一般車輌やミニバン、高級輸入車に至るまで様々な角度から 低ダストのみに特化したブレーキパッドとは一線を画しています, “綺麗にしっかりと止まる” RVランド・コンセプトがご提案するカングーのカスタマイズオプションです。各オリジナルパーツはカングーライフをより楽しく快適にするラインナップをご用意しております。自分らしい[カングーカスタマイズ]をお楽しみください。, 純正キーレスの基盤を入れ替えるだけの簡単にカングーシルエットの可愛いキーレスに早変わり♪ ※取付の際にシーリングを用いて接着を行いますが、ご郵送の場合は「両面テープのみ」でのお渡しになります。 そのニーズに対応すべく開発、研究を行っています シンプルですが、少し物足りない感じがしませんか 日常ドライブから高速ドライブまで幅広くサポートします, 発進時のアクセルレスポンスを引き上げることで排気量アップをしたかのような カングー用 ブレーキパッド「TYPE K」は 1.様々な環境にも耐えられる強力な塗膜  販売もしておりますので、必要な方は「マルチルーフレール同時注文希望」とご依頼ください 加速感を得られるRVランドコンセプト オリジナルのコントローラーユニットです, フランス語で「愛らしい」を意味するcharmant(シャルマン) 全製品に防錆コーティングを施しております, 【ブレーキパッド TYPE Kとの相性】

クルール仕様の樹脂バンパーにしました。無骨なイメージが良いですね。飛び石も多少の擦りも気になりません(笑) カラードバンパーの自宅保管が 大変です。。。想像以上にでかいです。 ルノー カングー. 魅力あふれるアイテムです, 【収納】 サイドオーニングは、設置、撤収が簡単にできることが最大のメリットですね 「バンパーを交換するか修理するかを迷っている」 「バンパーの交換費用はいくらかかる?」 「どこに頼むのがお得?」 この記事では、そんなバンパー交換の悩みについて解決していきます。 目次 1 車のバンパーの交換費用・修理費用は?1.1 フロン custom parts |カングー販売実績が豊富な[rvランド コンセプト]が発信するルノー カングー専門店(千葉県流山市)です。カングーの新車・中古車販売、カスタム塗装、ベッドキット、パーツ各種など、個性的なカングーをさらにお洒落に快適にカスタマイズいたします。

ルノー・カングー 未塗装樹脂パーツのキズ補修.

サイドオーニングはマルチルーフレール横に設置されラゲッジの荷物を減らすことができます RVランド・コンセプト人気アイテム「シャルマングリル」です

その錆は最終的にホイールを腐食させます 耐食性・耐摩耗性にも優れているパウダーコーティング(粉体塗装)を施しカラーは艶消ブラックで統一感をだしました 全面改良により大幅に進化した新型カングーについて、スペックや価格などの最新情報をご紹介します。, ルノー・カングーは、ブランドのミドルクラスワゴン/バンとして製作され、そのデザインや使い勝手の高さが人気になっています。, フルモデルチェンジした新型カングーは、新世代のデザインを採用したほか、最新のパワートレインやセンターピラーレスにより使い勝手をアップし、ファンの期待にこたえるモデルとして製作。, ルノー新型カングーは2020年11月13日に公開。発売日は欧州で2021年が予定されています。, 【ルノー新型メガーヌ最新情報】マイナーチェンジ!スポーツツアラー/GT、ハイブリッド燃費、サイズ、価格、発売日は?, 【ルノー新型ルーテシア最新情報】フルモデルチェンジ!ルーテシアRS、発売日や価格、スペック、ハイブリッド燃費は?, ルノー新型カングーの外装は、人気の高い歴代モデルのコンセプトを引き継ぎながら、新世代のブランドデザインによりアグレッシブな印象に仕上げられています。, ヘッドライトには、ルノーの新世代モデルに採用されているコの字型のLEDデイタイムライトを採用。, 水平のバーを採用するグリルは拡大され、同じく大型化された下部エアインテーク、筋肉質な印象とされたエンジンフードなどとあわせ、安定感のあるスタイルとなっています。, ボディタイプには商用モデルとして積載量を重視したカングーエクスプレスやカングーバンも設定され、実用性を重視することもできるようになっています。, ルノー新型カングーの内装は、新世代のデザインを採用することで質感と使い勝手がアップされています。, サイドドアはセンターピラーレスとすることで、開口部を拡大し、荷物の積み込みや乗り込みのしやすさを向上。, インテリアは素材を見直すことで質感を大幅に引き上げ、高さのある空間の上部には機能的な収納スペースを充実。, ラゲッジスペースは新世代プラットフォームにより効率がアップされ、ラゲッジボードを開くことでより高さのある荷物にも対応するアンダーボックスが装備されます。, ルノー新型カングーのパワートレインには、ガソリンに1.2Lのターボエンジン、ディーゼルに1.5Lターボエンジンが搭載されます。, 1.2Lガソリンターボエンジンは、2000rpmの低回転で2L自然吸気エンジンなみとなる20.9kgmの最大トルクを発揮することで、荷物を積んだカングーも軽快に加速。, 新型カングーではさらに小排気量ディーゼルエンジンも設定し、大きなトルクと低燃費が両立されます。, トランスミッションには6速のマニュアルとデュアルクラッチを設定することで、ダイレクト感ある走りを楽しむことができるようになります。, ルノー新型カングーには、ユーザーの要望や環境規制に対応する最新の電動モデルとしてEVが設定されます。, 新型カングーEVは電気のみで300kmの走行を可能とし、配送などでカングーを使用するユーザーに、魅力的な価格の高環境性能モデルとなります。, 前モデルでは1.2Lターボエンジンと6速MTを搭載するモデルの日本燃費が14.7km/Lとされていましたが、新型カングーでは軽量化される車体と効率をアップするパワートレインにより17km/Lほどが見込まれています。, 前モデルは2007年登場のロングライフモデルになっていたことから、先進安全システムに対応していませんでした。, 新型カングーでは、歩行者や自転車の検知に対応する自動ブレーキのほか、車線逸脱防止や後側方車両検知に対応。, パーキングアシスト機能や周囲を確認できるカメラシステム、デジタルバックミラーも装備することにより、使い勝手がアップされます。, ルノー新型カングーのボディサイズは、前モデル登場時に大型化されていたことから、大幅な変更はなく維持されます。, 車体にはルノー日産が新開発する新世代プラットフォームが採用され、車重を軽量化するほか、EVにも対応する柔軟性が確保されます。, しかし、コストを重視した商用での利用も多いことからアップ幅は抑えられ、10万円ほどになるとみられています。, フルモデルチェンジするルノー新型カングーは、2020年10月13日に公開。発売日は2021年が予定されています。, ルノーは主力ミドルワゴンであるカングーを新世代とすることで、既存ユーザーの乗り換え需要にも対応していきたい考えです。, ルノー・カングー(Kangoo)は、初代が1997年に登場したワゴン、バンモデルです。, モデル名の「KANGOO」の由来は、音の響きの良さから採用した完全な造語となっています。, 初代「カングー1」は、それまで販売されていた小型貨物車「エクスプレス」の後継モデルとして開発され、コンパクトなフロント部分にバンのような大型のリア部分を接続した「フルゴネット」形状を継承。, しかし、フルゴネットが持つ使い勝手の良さをさらに高めるため、カングーでは乗員スペースのルーフも高く設計し、リアには両側スライドドアを採用。, これにより、発売当初は乗用と商用が拮抗していた販売台数で乗用モデルが上回るようになり、ヨーロッパでは「ルドスパス(遊びの空間)」(「遊び」を意味するラテン語「LUDOS」と、「空間」を意味するフランス語「ESPACE」を合わせた造語)と呼ばれるほどの人気モデルになりました。, 車体は、初代で5人乗車した場合に空間の余裕が少なくなることや、欧州規格の1200×800mmのパレット積載に対応するため拡大。, プラットフォームは、初代のコンパクトカー「クリオ(日本名:ルーテシア)」ベースから、ミドルクラス「メガーヌ」ベースに変更されました。, 新型ルノー・カングーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 レクサスLS600hやアルファードといった車両で検証をしています リクエストの多いブレーキ鳴きの解消、ブレーキダストの軽減 カングー用 ブレーキパッド「TYPE K」と同時開発を行い だからこそこのテーマに絞った開発が出来るのました