終末4凸・光マグナでの天上征伐戦『ギルベルト』proud+の攻略記事です。リミキャラ・サプ不可石を使用せず、サプチケ要素(恒常キャラ・石)のみで編成を組んで、実際に討伐可能でしたので紹介してみました。 グラブルのエクストラクエスト『天上征伐戦』における、難易度proud+「ギルベルト」の攻略方法を解説。ボスのhpなどのステータスや特殊行動の他、具体的な編成例も掲載しているので、攻略の参考にどうぞ。 Electronic Arts 2020/4/22 天上征伐戦ギルベルト; ... グラブル - バブ・イールの塔 第1-4層の攻略完了 ... あくまでも濃密なストーリーを楽しむ嗜好の方におすすめしたい。 Dragon Age: Origins (輸入版) posted with amazlet at 12.07.01. かつてアンチラの最終上限解放エピソードで初登場した白骨大王というボス。その同型再販となるボス、「匣詰めにされた氷華」。コキュートス討滅戦の前座の敵「何処へも届かぬ絶望」もそうだが、こういう独特の名前を持つ敵が好きだ。想像力を掻き立てられる。, 所々強めの敵や難しめのミッションがあるが、ブレイブグラウンド同様に公式の攻略情報が載っているので参考にすると良い。右上の「POINT」というアイコンから開くことができる。1ターンに70ヒットというのは通常バトルではとても厄介だが、バブ・イールの塔ではパーティー入れ替え機能を使うと多少マシになる。, 私の編成ではやはりアラナン+ミムルメモルの火力が100万に届かず迫力に欠けるが、ヒット数稼ぎという面では十二分に活躍してくれている。アラナンはサブでも効く場面が多く、さすがに強い。, 高い耐久力で面倒なことになるこのベラドンナ型のボス。ムゲンの自動アビリティによる気絶が効くので、フラウの効果時間延長と組み合わせると気持ちが良い。とても硬い敵なのだが滅尽ムゲンや古今無双流レベルを貯めたガンダゴウザの奥義で強引にダメージを通すのも面白く、防御バフを解除せずとも6割ほど削ることができた。, 現時点での最終面となるステージ16で戦うことになる敵は2匹。前座はサイクロプス、第2戦は芋虫で、どちらも無属性なので好きな編成で遊べる。ミッションをクリアするためには全員生存で突破する必要がある。どうやらキャラが死んでも蘇生すればいいらしい。, 攻略のヒントとして、サイクロプスは弱体無効。芋虫は弱体が有効という情報を前もって得られる。芋虫は強力な特殊行動をしてくるらしいが…。, サイクロプスは弱体が効かないことよりも最終盤に使ってくる全体無属性大ダメージが致命的。何らかの対処をせねばミッション達成の壁になる。, うちは光属性で挑んだのでガイゼンボーガ、ヴィーラ、ペコリーヌの全体かばうが有効。フュンフの3アビで自動復活を付与しておけば問題なくやり過ごせる。ただしガイゼンボーガさんは3アビを使ったあとに編成入れ替えで後ろに下げると勝手に死ぬのでミッション達成を阻害する罠となりうる。, 芋虫は公式情報の通りとてもデバフが通りやすく、ソーンさんで麻痺させてしまえば最初から最後まで削りきれる。結構タフな相手なので真っ向勝負すると強敵なのかもしれない。, バブ・イールの塔の外見からすると現在の第1-4層というのはまだ山の麓といった序の口なのだが、それでもミッションは苦労する部分があった。一体ここから先どれだけの難関が待ち受けているのやら。というか天辺にたどり着くのはいったいいつになるだろう。更新頻度が気になるところだ。. 今季からはもう各キャラ固有の季節会話が行われないことになっているが、その代わりに全体会話という形でやり取りが見れるようになっている。早速1日目はヤイアとダエッタの絡みが描かれた。ヤイアは独自の衣装を着ており新ver.登場を予感させる。その一方、ヤイアのポーズは既存のものと同じなので必ずしもキャラとして実装されるかどうかは分からないままだった。, ちなみにダエッタの過去のホワイトデー会話がとても好きだ。ダエッタは健気だけど孤立してる感じがやんわりと描かれていて泣ける。, キャラは濃いが印象は薄いアザゼルさん。どこかハロウィン・ユーステスと雰囲気が被る絵を引っさげて登場。何故か火属性だ。, 状況次第で性質の異なるアビリティ効果を持つためコントロール可能な手動プレイでこそ面白そうだが、フルオート環境ではどういう挙動をするか事前によく計算せねばならない。ぱっと見た感じは恐怖を付与しない方が癖がなくて扱いやすそうだ。, 能力的にはブローディアやヴィーラに近い挙動の全体かばうが最大の魅力か。それを除いても1ターン目から全体バリアを撒けるのでエウロペの結界を発動しやすくなったり、デバフ、ディスペル、回復となんでも出来る便利屋だ。綺麗だし強そうだから天井で取ろうか。, この2人は明らかにハロウィンの仮装と好相性だ。しかしそもそもうちの船にはSSR版が加入していないのでこの子たちの人物像はあまり良く知らない。以前になにかのイベントで顔を出していたレニーはとても暗い感じがした。そのレニーがこの笑顔をしているのだからフェイトエピソードが気になる。, ようやく条件が揃って解禁されたlv150のボス。頻繁にターゲッティングを付与してきてそれにより誘発される特殊技は単体20000もの無属性ダメージ。これは最近流行りの堅守勢への対抗手段と言ってよさそうだ。, 幸い、ターゲッティングは基本的に敵からの被弾を避けることで対処できるので暗闇・魅了・バリアなどで予防できる。そうした支援効果を組み合わせるとかなりマイルドになる。ダンテ装備のランバージャックなら自前で弱体成功率をアップできるのでチャームを当てやすく使いやすい。, 討伐に要した時間は約10分。古戦場lv150 Hellと同等のタイムだ。古戦場とは条件が異なり、団バフや劣勢バフが存在しないので、それを考慮するとより地力を要求されそうな気はする。.

´ã£ãŸä½œæˆ¦é€šã‚Šã€ãƒ“ィの力でギルベルトの幽世の力を引き剥がそうとする。作戦は成功したかに見えたが、ビィは幽世の力に耐え切れず、禍々しい力が空中に放出される。やがて幽世の力は形を取り、主人公達に襲い来るのだった。, カタリナの最後の一閃により、幽世の力の塊は完全に沈黙するが──, 幽世の力の断末魔に呼応し、ギルベルトの身体を通して異形の存在が顕現する。そこに突如ハクタクと共に現れ、ギルベルトを圧倒するレオナ。ハクタクの「認知」を支配する能力により、レオナは自身の痛覚や限界を認識しない状態だった。カインはレオナの身を案じるが、レオナの決意は揺るがない。ラカム達も合流し、主人公達はギルベルトとの戦いに臨むのだった。, 度重なる戦いの果て、ついにギルベルトを沈黙させた主人公一行は──, ギルベルトを倒し、互いの無事を確認する主人公達。その隙にギルベルトは力を振り絞り、魔法陣を抜けてグレートウォールへと移動する。しかし、そこで待ち受けていた真王により、ギルベルトは幽世の力を汲みだす肉の門へと変貌させられてしまった。グレートウォールに駆けつけた主人公達は、真王の非道に憤り、ギルベルトを解放すべく再び戦いを挑むのだった。, ギルベルトは幽世の力により、不死の存在となっていた。真王はギルベルトを燃料としてグレートウォールの炉に放り込むと、トリッド王家の血を持つハルを鍵として利用しようとする。そこに現れたバラゴナ。「天罰」は真王がバラゴナの両親を犠牲に行った、兵器の試運転だったという真実を語ると、バラゴナは一族の悲願を果たすべく、自らの身をグレートウォールと一体化させるのだった。. 【グラブル】ギルベルトproud+はナルグレートウォールより難しい?敵の強化効果数と弱体効果数の管理をしつつ味方のhp管理も必要なクエスト . ターゲッティング対策としてバリア効果が優秀な4凸ゼウスをサポートに使用します。 前半突破で重要な役割を担っているので、ここはルシフェルではなく4凸ゼウスを借りたいところ。 グラブルのメインクエスト109章「抗う者達」のストーリー攻略情報を掲載。各種エピソードにおける気をつけるべきポイントなどを解説しています。 ... ギルベルトは無属性なので、自身が最も得意とする属性で挑もう。 天上征伐戦ギルベルト; ... グラブル - 新ハロウィンキャラ入りグラフェス開始 & ドレッドバラージュ4日目 ... リニアなストーリーラインに種々のサブクエストを散りばめたクラシックな洋風rpg。