日刊カーセンサー >

ボディサイズは全長4990mm、全幅1810mm、全高1475mmでホイールベースは2925mm。先代に対して全長が25mm長く、全幅が15mm広くなっていることで、ボリューム感が生まれている。ホイールベースは先代、あるいは現行型クラウンの2850mmより75mm長くなっているが、これは最終型セルシオと同寸。ホイールベースの延長により、リアシートの足元スペースが圧倒的に広くなっているのが実感できる。 もともと幅広いラインナップのあるグレードなので、DXにはベース車というイメージが希薄です。商用車としては優秀な「ルートバン」が新車の最廉価で200万円前半から購入できるので、企業や個人事業のユーザーには人気があります。最新モデルではシートがジャージ素材で、DX“GLパッケージ”とほぼ同等です。 システムとしては、ミリ波レーダーと単眼カメラという2種類のセンサーによって高い認識性能と信頼性を両立。「歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」「レーンディパーチャ―アラート」「オートマチックハイビーム」の3つ装備によって、衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポートしています。, アルファード/ヴェルファイヤのようなプレミアムカーに比べ、ワンボックス車として実用性が追求されたハイエースでは、ドライブの快適さに直結する静粛性がどうしても劣ります。これはボディ構造や遮音装備の違いなどによるもので、ハイエースのガソリン車自体はとても優秀です。 トヨタはミニバンモデル新型「マジェスティ」をタイにて2019年8月16日(現地時間)にて発表。2019年に発売する。トヨタ 新型 マジェスティについて2019年2月18日に発表した海外モデルの新型ハイエースをベースにしており、tngaに基づ




3種類のボディタイプの中で、主力となるのはバン。車幅が標準とワイド、ルーフが標準/ミドル/ハイルーフの設定で4ナンバー(商用車登録)/1ナンバーの2ラインナップされました。一般ユーザー向けは、基本的には4ナンバーとなります。なお、ワゴンはワイドボディでミドルルーフの3ナンバー仕様で、マイクロバスのコミューターはワイド&ハイルーフの2ナンバーでした。 ※2 LIMITED、TRD SPORTでTRDプレミアムPKG装着時或いはSR5でプレミアムPKG装着時のみ選択可. ・インストルメントパネルアッパー部シルバーメタリック加飾

上級グレード。乗車定員は5名のみで、前席が左右セパレートの2名がけ、2列目シートが折りたたみ可能な3名がけになっています。 キャブオーバー ・車速感応パワードアロック(運転席・助手席ドアキー連動、衝撃感知ドアロック解除システム付) また、2017年11月から搭載された2.8Lディーゼルエンジンは6速ATとの組み合わせで従来型より1~1.6km/Lの燃費が向上。これで「平成27年度燃費基準+15%」を達成し、「平成21年基準排出ガス10%低減レベル」の認定も取得。「エコカー減税」の免税措置対象になりました。, VSC&TRC・EBD付ABS+ブレーキアシスト

トヨタは新型ハイエース 海外モデルのフルモデルチェンジを2019年2月18日に発表した。トヨタ自動車フィリピン(トヨタモーターフィリピン(TMP))では2019年3月5日に発売が開始される。海外との環境の違いから日本モデルは現行を継続する。... トヨタは台湾にてハイエースをベースにした新型「グランビア(グランドハイエース)」を2019年5月21日に発表した。 キャプテンシートを採用した6人乗りと9人乗りモデルをラインナップ。旅行客の多い台湾でビジネスシーンでの使用を想定している。 ... トヨタ 新型 グランエース 3列6人乗り 4列8人乗り 日本2019年11月25日発表 12月16日発売.

・シートスライド(運転席・助手席)

・ベゼル付4本スポークステアリングホイール エクステリアのデザインはなし、リアコンビランプ... トヨタは「カローラ」「カローラツーリング」の一部改良を行い2020年10月1日に発売。 ガソリンエンジンでDual VVT-iが採用されるなど、ガソリン車の燃費性能が向上。「平成17年度基準排出ガス50%低減レベル」の認定に加え「エコカー減税」の対象となりました。さらにガソリン車のATは4速から6速(シーケンシャルシフトマチック付)へと多段化。バンにはリアシートベルト(外側2点式・中央席3点式)が標準装備されました。 また、規定枠いっぱいを使ってデザインされているため、ボディ形状がスクエアです。運転席からでも車両感覚がつかみやすく、「見た目以上に運転しやすい」といった特徴につながっています。, 全体的に大きい車なので最初は運転に戸惑います。この車を運転した友人からは高さに慣れないという意見をよく聞きました。確かに目線が他の車に比べて高いので違和感は出てきてしまいます。ただ、慣れてくるとかなり味のある良い車なのかなと思います。, 解説:ハイエースはキャブオーバー型、つまりエンジンの上にドライバーが座るレイアウトになっています。しかも衝突安全性能に配慮するため、安全確保のためのスペースを確保しなければならず、ドライバーや助手席のためのスペースが制約されています。結果、前席の足元スペースは狭く感じられます。ただ仰るとおり、慣れれば違和感なく運転できると思います。, 解説:ハイエースの主流は4ナンバーのバン。商用車です。商用車の場合、フル乗車定員に加え、荷物をフルに積載(ハイエースの場合は1000kg)した状態を前提に、サスペンションのスプリングの硬さや、ダンパーの性能を決めます。それゆえに、荷物を積んでいない状況では、ご指摘のように跳ねたり(主にリア)、サスペンションが硬くて乗り心地が悪く感じられます。対策としては足回りのカスタムなどが考えられます。中古車ならカステム済みの物件を狙うのもアリでしょう。, 発売から15年目で続投中のハイエースバンですが、カーセンサー掲載車両の平均車両価格は約231万円(2019年7月5日現在)。当然、1型は100万円程度が平均価格になるのに対し、2017年11月以降の4.5型は約353万円と高めとなっています。さらに価格帯で見ると39万~883.2万円と、物件によって価格幅が大きいこともわかります。

特別仕様車として「スーパーGL “ダーク プライム II”」と誕生50周年記念の特別仕様車「スーパーGL“50TH アニバーサリーリミテッド”」が設定されました。, ハイエースバンには、ボディの長さや幅などサイズの違いがあっても、グレードは上級のスーパーGLとベーシックなDXで構成されてきました。この2つのグレードの間には装備の違いによって新車価格でおおむね50万~100万円の価格差があります。スーパーGLはボディサイズや乗車定員のバリエーションを絞った豪華仕様、DXは逆に豊富なバリエーションとシンプルな装備で実用性重視という位置づけです。ほとんどのグレードで2WDと4WDが設定されています。 ボディカラーにはソリッドなホワイト、シルバー、ブルー、イエロー系がラインナップ。シルバーやブルー系にはメタリック仕様が設定されているモデルもあります。, DX・DX“GLパッケージ”

200系2型といわれるモデルです。ディーゼルエンジン車に、可変ノズル式ターボチャージャーを装備した3L直噴ディーゼルターボエンジンを搭載。PM(粒子状物質)を浄化するDPR触媒が新たに採用されました。 トヨタはミニバンモデル新型「マジェスティ」をタイにて2019年8月16日(現地時間)にて発表。2019年に発売する。, 2019年2月18日に発表した海外モデルの新型ハイエースをベースにしており、TNGAに基づく新型専用プラットフォームの採用とセミボンネット化が特徴である。, エクステリアは大型バンパーに大型グリルに水平ラインデザインクロームメッキを採用、LEDバイビームヘッドライト、サイドとその下のクロームメッキはフロントの水平ラインデザインを採用。, 台湾で発売した「グランビア」との最大の違いは2列目にはキャプテンシートを採用し3列目には4人座席を採用している。スライドドア、プッシュスタート、7つのUSBポート、サンシェードを採用。, 安全装備としてSRSエアバッグ、車両安定制御システム(VSC)などに加えて「Toyota Safety Sense」(衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LDA)(ステアリング制御機能付) オートマチックハイビーム(AHB) レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) )を採用。ブラインドスポットモニター(BSM)リヤクロストラフィックアラート(RCTA)パノラミックビューモニター(PVM)なども採用されている。, ボディサイズは全長5,265mm 全幅1,950mm 全高1,990mm ホイールベース3,210mm。クラスの中で最も小さい回転半径(5.5m)とした。, エンジンには「1GD 2.8L ディーゼルターボエンジン」とトランスミッションは6AT(マニュアルモード付き)を採用。, サスペンションには「ストラット式サスペンションフロントサスペンション」と「4リンクコイルスプリングリアサスペンション」を採用。, トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ 海外向けモデル 2019年2月18日発表, トヨタ 新型 グランビア (グランドハイエース) フルモデルチェンジ 2019年5月21日発表, トヨタ 新型 グランエース 3列6人乗り 4列8人乗り 日本 2019年12月発売, トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ セミボンネット採用 H300系 15年ぶりとなる 2019年12月発売, https://www.toyota.co.th/en/news/bd3YLB4W, https://www.toyota.co.th/en/model/majesty, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。.
/ 1967年のデビューから半世紀以上。ハイエースの初代から3代目までは、昭和の経済成長を背景にタフな商用車として活躍してきましたが、4代目以降はアウトドアなどレジャーを楽しむ趣味層に受け入れられ、マイカーとしても市場に浸透してきました。 燃費はグレードやボディの仕様によって異なりますが、FF車で比べると2Lガソリン車がJC08モードで10.2~11.0km/L、2.7Lガソリン車で9.7~9.9km/L、2.7Lディーゼル車が12.2~13.0km/L。ボディサイズを考えれば、なかなかの燃費性能といえるでしょう。

他にもスーパーGLには専用装備が多く、2017年11月の改良後は以下のような内容となっています。 トヨタ セコイア、最新型2018年モデルをアメ車のプロが徹底解説!注目装備やおすすめグレードから詳細スペックまで、豊富な写真と動画を交えて分かり易くご紹介。また、最新の在庫状況や価格帯もご確認いただけます。 ランクルよりも大きく広いトヨタ最高峰のSUVセコイア、今セコイアにお乗りの方でもお乗り換える価値はあります!, ※1 PLATINUM、LIMITED、SR5でプレミアムPKG装着時のみ選択可 エンジンは当初、2Lと2.7Lのガソリンエンジンに2.5Lのディーゼルエンジンという構成。後にディーゼルエンジンは動力性能アップのため3Lに拡大され、さらに新たな排気ガス規制を受けて最もクリーンかつハイパワーを発揮する2.8L仕様へと進化しました。 そこで、モデルの変遷からグレード、走行性能からユーザーの口コミまでを網羅的に解説。5代目ハイエースバンの魅力や選び方を紹介します。, 広い車内の使い道は、まさにユーザー次第。キャンプ道具やオートバイを載せて出かければ遊びの幅が広がるし、資材を上手に積んで現場に向かえば仕事の質も上がります。カスタムパーツが豊富なので、ドレスアップを楽しむユーザーも増えています。 ・フロントオートエアコン 現行型は明らかにクラウンより上、セルシオやレクサスにはない実直な貫禄があり、銀座のホステスさんたちの間で“マジェ”という愛称さえ与えられ、愛されたもんだった。

セルシオがレクサスに移行してから、今回が初めてのモデルチェンジ。つまり、初代から4代目まではクラウンの上級モデルではあったが、「セルシオの次」という位置づけだったマジェスタだが、今回の5代目ではトヨタのトップモデルとして開発されたという、大きな意味合いの違いがある。レクサス車とは違う、トヨタ車の頂点を極める……、という意味で、5代目マジェスタは大いなる誇りと実力を持ってデビューした。, 搭載されるエンジンはレクサスLSにも搭載されるV8、4.6L。先代からは300ccの排気量アップだがスペックは大幅アップの347ps、46.9kgm(レクサスLSよりやや抑えられている)で余裕の走りに貢献する。ATはこれもLSと同じ8ATとなる。, ■王者の風格にやや問題アリなのでは!? 標準装備はハロゲン式ですが、明るくて耐朽性のあるLED式は安全面でもアドバンテージがあります。このオプションにはオートレベリング機能が備わっていて、積載量が変化してもその都度、光軸を調整し直す必要がありません。姿勢が変わっても最初に設定した光軸を保ち、明るい視界を作り出してくれます。, 意外と見切りがいい、小回りが利く。乗れば乗るほど愛着がわくクルマです。なんといっても室内が広く、自分だけの移動部屋ができた感じです。 ガソリン車キャブオーバーなのにうまく遮音されているからか意外と静かです。 前席は、前輪にダブルウィッシュボーン仕様だからか意外と乗り心地いいですよ。タフに使用してきましたが全く壊れない。, 解説:見切りの良さや室内の広さは、ボディ形状によるところが大きいでしょう。タフさについては折り紙つきで、業務用に設計されているため、一般的には過走行とされる走行距離がハイエースではごく当たり前の範疇。シャーシやサスペンションも重い荷物を積むことが前提なので、とても頑丈です。耐久性の高さも多くのユーザーに支持される由縁でしょう。, 大きめの車体にも関わらず乗りやすい車です。着座位置が高く見晴らしが良い事が理由と考えます。最小回転半径等の数値はそれなりにあるのですが、単純な数値には表れない使い勝手の良さが存在しているように思えます。積載量については、一般の方から職人さんまで対応出来る懐の深さが証明するように不満のないレベルです。全般において耐久性は高く、エンジンも丈夫。重い荷物を満載してデコボコ道を走ってもボティから変な軋み音が聞こえてくるような事もありません。安定感のある走りとアイポイントの高さ故か長距離移動は楽です。利便性のよさと所有欲を満たす面白味のある車だと考えております。, 解説:ハイエースは商用車の4ナンバーが主流。一見大きく見えても、4ナンバー規定の中で、幅や長さ、高さともほぼ最大限になるよう(容積を稼いで荷室を大きくなるよう)デザインされています。結局は、高さがあるので大きく見えるのが実態です。 国内向けの現行型は「200系」と呼ばれる5代目で、2004年のデビューからすでに15年。おかげで、中古車の中心も現行型です。ハイエースはボディタイプが3種類あり、バンとワゴン、そしてコミューター(マイクロバス)です。ワゴンは乗車定員10名と広い室内をシートの設置に割いているのに対し、バンは2~9名まで幅広く基本的には荷物を積むことを重視した貨物車。常日頃、多人数を乗せて運転する人以外は、ハイエースバンの方が使い勝手が良くオススメです。

内外装では、フロントグリルやシート(トリコット)のデザインが変更。アルミホイールがオプション設定に加えられました。さらにボディカラーにはグレーメタリック(バンのみ)、ブラックマイカ、ノーブルパールトーニングII(ワゴンのみ・オプション)の3色が新設定されています。

200系4型。フロントバンパーやグリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどが変更され、さらに力強いルックスに。ヘッドランプは全車ともLED仕様(ロービーム)になりました。ボディカラーはスーパーGLにボルドーマイカメタリックが新採用された他、DX(ロングボディ)にブラックマイカが追加設定されています。 これまでのSR5、LIMITED、PLATINUMの3グレードに加え、新たにTRD SPORTというグレードが加わり、専用装備としてフロントグリルフレームとフォグランプ周りのクロームメッキを除いては全てブラックで、20インチブラックホイール、TRDスポーツサスペンション&ビルシュタインショック、スウェイバー、ブラックインテリアなど、TRDの名を冠するに相応しい装備となっております。, 日本でもプリウスなどに装備され話題のTSS-P(トヨタセーフティーセンス P)がセコイアにも標準装着となり、自動ブレーキやフルスピードレーダークルーズコントロールなど、安全性能が大きくアップしました。 !)。, 3つ用意されたグレードで最も安いスタンダードが170万9000バーツ(589万6050円)、中間グレードのプレミアムが189万9000バーツ(655万1550円)、最上級グレードのグランデが219万9000バーツ(758万6550円)となっている(1バーツ=3.45円で換算)。, エクステリアデザインは、大きなフロントグリルにシャープなヘッドライトを組み合わせた高級感と威厳を併せ持っている。, そう、これはすでに台湾、オーストラリアでグランビアの車名で発売されている高級ワゴンと基本的に同じクルマなのだ。つまり、高級ワゴンはタイ専用モデルではなく、台湾、オーストラリアに次いで3国目で、後述するが日本での販売の現実味も高まる。, ボディサイズは全長5265×全幅1950×全高1990mm、ホイールベースは3210mmとアルファード/ヴェルファイアよりも大きい。, パワーユニットは、総排気量2755cc、163ps/420Nmをマークする直4DOHCディーゼルターボを搭載(エンジン型式は1GD-FTV)。タイ政府が推奨している20%のバイオディーゼル燃料を混合した燃料のB20に対応している点は台湾、オーストラリア仕様と違う。, このエンジンに組み合わされるトランスミッションはシーケンシャルシフト付き6ATとなる。, シャシーでは前後サスペンションは現行ハイエースのものを使うのではなくフロント/ストラット、リア/4リンクが新開発されている。タイヤサイズは235/60R17だ。, インテリアも本革シートなど豪華仕様で、アルファード/ヴェルファイアもビックリの質感を誇る。シートは、4列3-2-2-4の構成で、乗車定員は11名のみの設定。2列目シートにはマッサージ機能付きキャプテンシートを採用している。, 安全装備の充実が目覚ましく、トップグレードのグランデにはダイナミックレーダークルーズコントロール、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター、ビークルスウェイウォーニング、オートハイビームなどが標準装備されている。, マジェスティの発表の席でTMTのウティコン副社長は、マジェスティは日本から輸入販売するとコメント。つまり、マジェスティは日本で製造しているというのだ。, 高級ワゴンのグランビア、マジェスティが海外専用モデルで、海外で生産しているのであれば日本に輸入してまで販売するのは効率が悪いが、日本で製造しているとなれば販売への最大の障壁が取り払われることになる。, しかもグランビアが左ハンドルだったのに対し、タイは日本と同じ左側通行だからマジェスティは右ハンドルで日本に導入するのに好都合ときている。, 日本ではハイエースが異常なまでに人気が高い。現在販売されているハイエースはH200系はエースとしては5代目となる。その現行ハイエースは2004年デビューだから15年が経過していて次期ハイエースの注目度は激高だ。, ハイエースはバンとワゴンの両方をラインナップしているが、販売のほとんどはバンでワゴンは少数派となっている。, さらにワゴンは2-2-2-4の4列シート10人乗りの見の設定となっていて、人気の高いハイエースバンとはまったく別物だ。ある意味ハイエースであってハイエースではない存在と言ってもいい。, 今回発表されたグランビア、マジェスティがとのまま次期ハイエースになるのではなく、次期ハイエースはバン専用となり、ワゴンはバンとは差別化され独立してグランビア、マジェスティと同じボディとなると考えると違和感はない。もともとハイエースワゴンの販売台数は少ないので、売れなくても大きなダメージはない。, 次期ハイエースバンは現行同様に全幅1695mmの5ナンバーサイズのまま登場する可能性が高い。仮に衝突安全性を考慮して拡幅されたとしても全幅が1750mmを超えることはないだろう。, それに対しワゴンは現行は全幅1880mmだがグランビア、マジェスティと同じ1950mmにすることで快適性が増しそれが魅力アップにもつながる。, アルファードよりも大きなボディながら採用回転半径はアルファードの5.6mに対しマジェスティは5.5mなので日本での取り回し面でも問題ない。, 乗車定員はマジェスティは11人だがこれはタイの法規に合わせたもの。日本では普通免許で運転できる最大乗車定員は10名なので、それに合わせて現行のハイエースワゴンと同様にフロントシートを2名乗車にすれば簡単に対処できる。, トヨタの販社から、高級ワゴンが登場することは間違いないという情報を入手している。確定情報ではなく予想段階だが、この独立した豪華仕様のハイエースワゴンを日本ではグランドハイエースとして販売する、というのはもの凄く自然な流れにある。, グランドハイエースを含め、次期ハイエースについては続報が入り次第レポートしくので乞うご期待!, ベストカースクープはこう生まれる BNR32は最初は「GT-X」だった! ALL RIGHTS RESERVED.

エンジンはレクサスLSに搭載されるV8、4.6Lだが、スペックはやや抑えられて347ps、46.9kgmとなる, シンプルなデザインだが、面の張りなど、後ろ姿も堂々としたものとなる新型マジェスタ。全長4990mm、全幅1810mmとなる。ただ、ちょっとリアコンビランプがシンプルすぎて、アッサリした印象。, インパネは奇をてらうことなく、オーソドックスにまとめられている。が、ダッシュパネル、センターパネル、ステアリング、シフトノブなどには本杢をふんだんに使用する, トヨタクラウンマジェスタに後付できる純正オプション(タイヤ・ホイール・ナビ等)は何があるか, トヨタ クラウン マジェスタ(2013年9月〜2015年10月)中古車購入チェックポイント.

【本記事は2009年4月にベストカーに掲載された記事となります。】

また、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)が装備され、専用のエンブレムとスカッフプレートも採用されました。, 2013年11月 マイナーチェンジ