バタフライであると ・テナジー05・64・80(各36度) ・ブライス・スピード(38度) 中国粘着であると ・キョウヒョウ3-50(35度) ・テンキョク3-60(35度) ちょっと硬度が高めではあるが、有名どころではこのくらいしかない。 ロゼナをフォア面に貼った場合、ボールがラバーに食い込んでいる分、テナジーに比べて高めの弧を描いて飛びます。 そして、ボールを「飛ばしてくれる感じ」があるため、たとえインパクトが弱くなっても、それなりにボールを飛ばすことができます。 バックドライブ、チキータなどの攻撃的なバック … Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 以前、ちょっと硬度表示の違いについて調べてみたら、下の表のような感じになることが分かった。分かったんだけど、ホントにこの通りか、実際に使ってみた感じでは疑問に思う部分もある。, でも、使ってみた感じではドイツ表示で45度くらいに感じるんだけどなぁ。表の中国硬度を一段下げた方がしっくりくるかも…。, 例えば、レガリスブルーは47度±3なので、44~50度ということになる。ということは、ドイツ表示で中軟~硬の範囲になる。うーん…わけわからん(笑)。±があるのは分かるので、この表示の方が正直なのだろうけど、それでも6度の差は大きすぎる。, ニッタクのG-1は37.5度でドイツ硬度で47.5度相当というWEBカタログの説明にある。となると、日本表示がドイツ表示の-5度というのは当てにならない。もしかしたら、ニッタクはバタフライ硬度に近いのかもしれないね。, プラ球の統一球問題やグルー疑惑もそうだけど、卓球界には基準が不明確なことって多い。まあ、そこまで気にしなければ良いんだろうけど、もっと分かり易くだけはしてほしい。. バタフライラバー : ... 裏ソフト/ドライブ攻撃/スピード13.0/スピン10.8/硬度35 色/赤・黒 厚さ/特厚・厚・中 メーカー希望小売価格 当社販売価格 ¥5000+税 → ¥4675(税込) テナジー・05(エネルギー内蔵型裏ソフトラバー) 裏ソフト/ドライブ攻撃/スピード13/スピン11.5/硬度… バタフライのラバー製品をご案内。バタフライは卓球選手を始め卓球を愛する皆様の為に、ラバーやラケットなど卓球用具の開発・製造・販売といった事業活動を行う卓球用品総合メーカー。 ò“X•Ü’n}, @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@, ‚…ƒ[ƒ‹ƒAƒhƒŒƒX@hakuzan@mti.biglobe.ne.j, ƒeƒiƒW[E‚O‚TiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒeƒiƒW[‚O‚TE‚e‚wiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^”S’…«‚–€ŽC— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒeƒiƒW[E‚U‚SiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒeƒiƒW[‚U‚SE‚e‚wiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^”S’…«‚–€ŽC— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒeƒiƒW[‚W‚OiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒeƒiƒW[‚W‚O‚e‚wiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒeƒiƒW[E‚Q‚TiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒeƒiƒW[‚Q‚TE‚e‚wiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^”S’…«‚–€ŽC— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒuƒ‰ƒCƒXƒnƒCƒXƒs[ƒhiƒnƒCƒeƒ“ƒVƒ‡ƒ“— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒuƒ‰ƒCƒXEƒXƒs[ƒhiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒuƒ‰ƒCƒXEƒXƒs[ƒhE‚e‚wiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒuƒ‰ƒCƒXiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒuƒ‰ƒCƒXE‚e‚wiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒ‰ƒEƒ“ƒfƒ‹iƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒ‰ƒEƒ“ƒfƒ‹ƒn[ƒhiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒ‰ƒEƒ“ƒfƒ‹ƒ\ƒtƒgiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒXƒŒƒCƒo[E‚d‚ki‚’e«‚–€ŽC— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒXƒŒƒCƒo[E‚e‚wi‚’e«‚–€ŽC— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒTƒtƒB[ƒ‰iUŒ‚dŽ‹‚̃Rƒ“ƒgƒ[ƒ‹Œnƒ‰ƒo[j, ƒtƒŒƒNƒXƒgƒ‰iƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹Œn— ƒ\ƒtƒgƒ‰ƒo[j, ƒtƒŒƒAƒXƒg[ƒ€‡UiƒGƒlƒ‹ƒM[“à‘ Œ^•\ƒ\ƒtƒgj.