MF:ミラレム・ピャニッチ(ユベントス) 香川、急転直下のバルサ行きも? “緊急補強策”をスペイン紙指摘「今からでも獲得できる」, バルセロナは今季、ロナルド・クーマン監督を招聘してシーズンをスタートした。そのなかで主力を担っていた18歳のスペイン代表FWアンス・ファティが負傷による長期離脱を余儀なくされたことで、スペインメディアはフリーで獲得できるアタッカーの“緊急補強候補”5人を列挙。そこにMF香川真司も名を連ねている。, バルセロナはシーズン開幕前、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの去就騒動に揺れていたが、最終的に慰留に成功。一方、相棒のウルグアイ代表FWルイス・スアレスはアトレティコ・マドリードへと移籍した。長年にわたる得点源が去ることになったなかで、見事な穴埋めを見せたのが18歳の超新星ファティだ。, 昨季トップチームデビューし、クラブ史上最年少でリーグ初得点を決めていたファティは、今季初戦となったリーガ・エスパニョーラ第3節ビジャレアル戦(4-0)で先発に抜擢され、2ゴールを決める活躍を披露。ここまで7試合出場4得点を記録していた。, しかし、第9節ベティス戦(5-2)で前半のうちに負傷し、ハーフタイムに交代。検査の結果、左ひざの内側半月板の断裂が発覚し、クラブは約4カ月の離脱と発表していた。手痛い得点源の戦線離脱となったが、国内メディアは“代役”の獲得に注目している。, スペイン紙「スポルト」は公式ツイッターで「バルサはどのチームとも契約を結んでいない選手を、今からでも獲得することができる。選択肢は、以下のとおりだ」と文章を添え、不足することとなったアタッカーの層を補填するべく、緊急補強候補として無所属の5選手を指名。リストには元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト、元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー、同FWダニエル・スタリッジ、そして香川の名が並べられていた。, 香川は今夏にスペイン2部サラゴサを退団し、フリーの状況が続いている。急転直下のバルセロナ入団の可能性も残されているのだろうか。, Football ZONE web 11/11(水) 11:04配信 1: 2020/10/06(火) 10:52:19.71 _user9 バルセロナが今夏の移籍期間最終日で選手の補強および放出に失敗したと、スペイン紙アス電子版が5日に伝えている。 同紙はバルセロナがマンチェスター・シティのスペイン代表dfエリク・ガルシア(19)とリヨンのオランダ代表fw

2020年8月04日(火)のバルセロナスポーツ紙は、MDはチャンピオンズ1/8におけるメッシの活躍ぶりが、SPORTは今日から開かれる移籍マーケットがトップニュースです。マルク・マルケスが再手術(涙)。 MF:アルダ・トゥラン(ガラタサライ) 先日、レアル・マドリードとアーセナルの補強リストに関する記事を書きましたが、今回はバルセロナをこのテーマでまとめていきます。, 監督変更やイニエスタ・ロス、アビダルとメッシの問題など、安定しないチーム状況ですね。, 例を挙げるならば、コウチーニョやウスマン・デンベレ、最近ではグリーズマンの放出なんかも噂として流れています笑, 主力としてバルセロナを以前から支えてきた選手たちも年齢を重ねてきており、後継者を育てなければならない。, 色々と選手起用で悩むバルセロナの補強リストと個人的に獲得して欲しい選手を紹介していきます。, スタッツを見ればボール支配率のパーセンテージとシュート本数・得点数の比率が悪すぎる。, ネイマールをあれだけ欲しがっていたチームでも、現在ではラウタロを第一優先に考えている。, ネイマール獲得のために、ラキティッチやコウチーニョ、デンベレの誰かがチームを出ることにもなると考えられる。, 確かにあの個の能力は、ボックス内の狭いスペースでも活躍できるので、攻め倦んだ時には活きてくる。, 獲得できれば大幅な戦力アップですが、ラウタロ第一に考えているのであれば、金銭的に無理がありますね笑, ユベントスでは一時期サッリが忘れているのかと思うほど起用されていなかったが、最近ではポテンシャルを買われ、スタメンに名が載るようになってきた。, 相手が中央を固めてくるとなると、サイドからの攻撃。つまりクロスボールを決めることができる選手は狙いたいところ。, セティエン・バルセロナは、超が付くほどの遅攻のチームなので、ハリー・ケインのようにペナルティ・エリアで仕事ができる選手を獲得するのも良いかもしれません。, カンテラの選手とビッグネームの補強を上手く混ぜ合わせて、CLも制覇してもらいたいですね!!. セルジーニョ・デストやフランシスコ・トリンコンら楽しみな若手が加わったが、クーマン監督の求めたデパイやCBの層に厚みをもたらしたであろうE・ガルシアを逃したのは少なからず痛手と言えるだろう。J・アルバの負担が大きい左SBにも新戦力を加えることはできなかった。今夏の補強が成功したとは言い難い。, 総合評価:B 【今シーズンのバルセロナはDAZNで!

ファティ長期離脱も代役確保はなし…クーマン「どのポジションを強化すべきか分かっている」 MD 「護符メ... 2020年9月25日(金)のバルセロナスポーツ紙は、チームメイトたちに囲まれバルサを退団したルイス・スアレスがトップニュース。良い写真です。欧州スーパーカップでセビージャが健闘及ばずバイエルンに敗れた件も大きく。 MF:アルトゥール(ユベントス) 新型コロナウイルスの影響は…各国欧州リーグの2019-20シーズン終了時期、2020年夏の移籍市場はいつか? 新型コロナウイルスが今夏の移籍市場に与える影響は?欧州の有力代理人に聞く ; バルセロナ https://news.yahoo.co.jp/articles/b942d71709d8f82cc19bdf777ee842ec20a86522 今回は昨季のラ・リーガを2位で終えたバルセロナの補強動向を読み解く。 2020年10月19日(Mon)6時30分配信 シリーズ: 20/21欧州主要クラブ補強診断 MF:ラフィーニャ(パリ・サンジェルマン) バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督は、長期離脱しているFWアンス・ファティの代わりとなる選手を、今冬、獲得する意思はないようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。, クーマン監督は「この負傷を受けて、新たな選手を獲得しにいくつもりはない」と代役確保のために動くことはないと強調した。 アンスーいなくてもバルサの前線は駒足りてます パト 31歳 ジャック 28歳

MF:マテウス・フェルナンデス(パルメイラス) スタリッジ 31歳 MF:フィリッペ・コウチーニョ(バイエルン・ミュンヘン/期限付き移籍期間満了) MF:ペドリ(ラス・パルマス) DF:フアン・ミランダ(ベティス/期限付き移籍) DF:ムサ・ワゲ(PAOK/期限付き移籍) DF:ジャン=クレア・トディボ(ベンフィカ/期限付き移籍) MF:カルレス・ペレス(ローマ) 中島のド... セルジオ越後さん「もし自分が監督なら、しばらくは代表に呼ばないね。誰だか分かるでしょう?久保のこと」, 韓国代表イ・スンウの奇行であわや乱闘!相手選手のSNS投稿を韓国紙は糾弾「人種差別議論に発展」, 【日本代表】金田喜稔さん「機能不全のチームを6番が一人で劇的に変えた。久保よりも断然ワクワクさせてくれたのが…」, 【リバプール】「ミルナー守備はようやってたけど今のサッカーは長いボールいれられるSBじゃなきゃ手詰まりになるわ」, https://news.yahoo.co.jp/articles/884a632b45977dfe9d3638f9da69376ebb445194, https://news.yahoo.co.jp/articles/b942d71709d8f82cc19bdf777ee842ec20a86522, http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1605079573/. 2020年11月06日(金)のバルセロナスポーツ紙は、MDがバルサの冬の補強プランを、SPORTはキエフ戦で大活躍だったテル・ステーゲン特集をトップ記事にしています。, 1999年よりバルサファンサイトを運営。暗黒時代のバルサが好きで堪らなくなり、今に至ります。2017年5月より無謀な独立。現地メディア情報を元に、一般的に報じられないコアな部分まで伝えられるよう、ぼちぼち頑張ります。, 2020年6月09日(火)のバルセロナスポーツ紙は、MDがロナウジーニョの独占インタビュー、SPORTは5ヶ月ぶりに復活しそうなメッシ・スアレスコンビがトップニュースです。メッシは無事間に合いそうでなにより。, 2017年9月22日(金)のバルセロナスポーツ紙は、リーガでのスタートに失敗しているレアル・マドリーをいじくる紙面。メッシの得点数9がマドリーのチーム全体に並んでいることが話題です。, 2018年11月08日(木)のバルセロナスポーツ紙は、MDが新加入選手たちが結果を出している件を、SPORTはバルサがここまで順調な件を特集。概ね、良いチーム状況が反映されていて前向きな内容です。, 2019年12月13日(金)のバルセロナスポーツ紙は、来週水曜日のエル・クラシコは予定どおり開催されるだろうと語ったバルサのバルトメウ会長のコメントがメインニュース。いよいよ近づいてきました。. 香川 31歳, ないです

DF:セルジーニョ・デスト(アヤックス) text by アシストはしてるしいいシュートは打ってるから時間... やっぱサッカーは個、1対1の勝負の連続。ブンデスで言うツバイカンプ。 欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のラ・リーガを2位で終えたバルセロナの補強動向を読み解く。, シリーズ:20/21欧州主要クラブ補強診断 いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】 MF:モンチュ(ジローナ/期限付き移籍) fcバルセロナ(2019-20シーズン:2位) 2020年のニュース. MF:イバン・ラキティッチ(セビージャ) MD... 2020年11月16日(月)のバルセロナスポーツ紙:ジュアン・ミル、モトGPを制す, → バルサはエリックならびにデパイと6月の自由移籍で合意するよう努め、その後に各所属クラブへと1月での値下げを提案する, → クーマンはセントラルと9番を必要としているが、買うためには何人かの選手を売らなければならない, → 怪我による3ヶ月間の欠場を経て、ドイツ人GKはディナモ・キエフ戦で6つの奇跡的なセーブ、このポジションにおけるナンバーワンであることを示した. Tags: focus, コラム, スペイン, スペインリーグ, セルジーニョ・デスト, バルサ, バルセロナ, フランシスコ・トリンコン, ペドリ, ミラレム・ピャニッチ, ラ・リーガ, リーガ, リーガ・エスパニョーラ, ロナルド・クーマン, 欧州サッカー, 海外サッカー, 今夏、悪い意味でサッカー界を賑わせたのはバルセロナだった。 FW:ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード), 補強評価:C 2020年夏の移籍市場. 中島はゴール決めてないのがな MF:マルク・ククレジャ(ヘタフェ)

編集部

DF:セルヒオ・アキエメ(アルメリア/期限付き移籍) 8ヶ月かけて怪我から復帰して2試合途中出場してまた怪我したらしい, ていうかこれ、香川以外のその他の面子も、こんなのが今や無所属なのか・・・って驚く落ちぶれ組だな, >>1  チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のバイエルン・ミュンヘン戦で2-8と歴史的な大敗を喫した後、キケ・セティエン監督が退任。さらには絶対的エースのリオネル・メッシにも退団の噂が流れるなど、クラブは大きく揺れていたのである。当然、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長には多くの批判が集まっていた。, そんな中、バルセロナは新監督にロナルド・クーマンを迎えた。そしてクラブは今夏、ルイス・スアレス、アルトゥーロ・ビダル、イバン・ラキティッチら新指揮官の下で構想外となった選手たちを放出。スカッドの大刷新を図っている。, 一方で補強面。まず、バルセロナは財務的な問題を解決するためにアルトゥールとのトレードでミラレム・ピャニッチをユベントスから連れてきた。24歳を放出して30歳を獲得したことに不満の声も少なからず挙がっているようだが、ピャニッチも実力的には申し分ないことは確かだ。, さらにバルセロナは、昨シーズンの時点でフランシスコ・トリンコン、ペドリという2選手の獲得を決めていた。両者ともに若くいきなりファーストチョイスに躍り出ることは難しいかもしれないが、訪れたチャンスをモノにし、シーズン中にどこまで成長できるかは非常に楽しみである。, クーマン監督就任後に移籍金を払って獲得した選手は一人に留まった。19歳のオランダ人DFセルジーニョ・デストだ。移籍金は最大32億円になるというが、その前にクラブはネウソン・セメドを約47億円という金額でウォルバーハンプトンに売却している。バルセロナにしては珍しく「お買い物上手」だったと言えるだろう。, さらに、移籍金を支払ったわけではないが、バイエルンでCL制覇に貢献したフィリッペ・コウチーニョがレンタルから復帰。同選手はすでにクーマン監督用いる4-2-3-1システムのトップ下として貴重な戦力になっている。リバプール退団後はなかなか芽が出ていないが、ここにきて本領発揮するかもしれない。, そして、最も大きな「補強」となったのは何と言ってもメッシの残留だろう。バルトメウ会長を批判していたが、ピッチ内ではチームに勝利をもたらすためにモチベーション高くプレーしている。来年、その先のことはわからないが、ラ・リーガの覇権奪回、そしてCLでの優勝を目指すバルセロナにとってメッシという異次元の男がいるのは、かなり心強いと言えるだろう。, 一方で不安な部分も多い。まずは左サイドバックだ。ジョルディ・アルバが絶対的な地位を築いているが、そのバックアッパーはジュニオール・フィルポと心許ない。実際、今夏には何名かの獲得候補が挙がっていたが、結果的に一人も獲ることができなかったのは痛手と言える。, また、センターバックも不安。ジェラール・ピケとクレマン・ラングレが不動だが、その控えは怪我がちなサミュエル・ウンティティと経験値が豊富ではないロナウド・アラウホだ。アタックのチャンスはまだ残されているとはいえ、今夏にエリック・ガルシアを逃した影響は少なからずあるかもしれない。, 元バルセロナのリバウド氏も話した通り、アトレティコ・マドリードへ去ったスアレスの後釜を確保できなかったのも痛い。負傷癖のあるウスマンヌ・デンベレを売却できず、クーマン監督の求めたメンフィス・デパイの加入も実現とはならなかった。財政的に厳しい状況であったことは理解できるが、このあたりの不安がシーズン中に響く可能性は否めない。, IN

メッシの残留は大きく、レンタルから復帰したコウチーニョもクーマン監督の下で戦力となっている。基本スタメンを見れば、ラ・リーガ制覇はもちろんCLでも期待感が持てることは確かだ。しかし、選手層の厚さという点では他のクラブに劣る。主力選手への負担は想像以上に大きくなるだろう。長いシーズンの中、クーマン監督がどのようにマネジメントするか注目したい。, 『フットボールチャンネル』は、サッカー専門のネットメディアです。弊サイトに記載されている、コラム、ニュース、写真、その他情報は、株式会社カンゼンが報道目的で取材、編集しているものです。ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。無断掲載にあたっては、個人・法人問わず弊社規定の掲載費用をお支払い頂くことに同意したものとします。, バルセロナの補強はCランク、総合は…。メッシ残留&コウチーニョ帰還も拭えなかった不安【欧州主要クラブ補強診断(7)】. 香川とは比べ物にならんくらい高いレベル維持してたぞ, 引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1605079573/, サンペレグリノ (S.PELLEGRINO) 炭酸水 PET 500ml [直輸入品] ×36本, サンペレグリノ (S.PELLEGRINO) 炭酸水 PET 500ml ×36本, 【マンチェスター・U】「マクトミネイが長めのパス供給し始めてブルーノ依存脱却の光明が見えてきた気はする」, 【ビジャレアル】エメリ監督が久保建英について言及「彼はダビド・シルバと同じ特徴を持っている」, 【J2第34節】徳島ヴォルティス、山形に完封勝利で5連勝!小西雄大のゴールを守りきる. バルセロナ2020年冬の移籍シーズンの補強ポイントは? 加入、放出を予想してみた toes3y6kw1 2019年11月22日 / 2020年3月4日 DF:ネウソン・セメド(ウォルバーハンプトン) ペドリも左ウイングできるし, 半月後、そこにはバイタルでメッシにチョンと横パスしてゴール前の密集地にダッシュする香川の姿が, 残念ながら安部は怪我中 100%あり得ないだろうが混ざって違和感なくプレイするのは可能だろう, マンジュキッチ 34歳 2020年11月06日(金)のバルセロナスポーツ紙は、mdがバルサの冬の補強プランを、sportはキエフ戦で大活躍だったテル・ステーゲン特集をトップ記事にしています。 2020年11月06日(金)のバルセロナスポーツ紙は、mdがバルサの冬の補強プランを、sportはキエフ戦で大活躍だったテル・ステーゲン特集をトップ記事にしています。 10/1: [加入] デスト アヤックスより加入 10/6: [移籍] ラフィーニャ psgへ移籍 10/6: [レンタル] トディボ ベンフィカへレンタル移籍 10/13:バイエルンのアラバが契約延長興味で興味? 先日、レアル・マドリードとアーセナルの補強リストに関する記事を書きましたが、今回はバルセロナをこのテーマでまとめていきます。 強さの中にも脆さが少し気になる今シーズン。 監督変更やイニエスタ・ロス、アビダルとメッシの問題など、安定しないチーム状況ですね。 香川、急転直下のバルサ行きも? “緊急補強策”をスペイン紙指摘「今からでも獲得できる」得点源ファティが長期の負傷離脱 香川を含む5人の無所属選手に現地メディア注目 バルセロナは今季、ロナルド・クーマン監督を招聘してシーズンをスタートした。 photo Getty Images FW:フランシスコ・トリンコン(SCブラガ), OUT https://news.yahoo.co.jp/articles/884a632b45977dfe9d3638f9da69376ebb445194, まあ香川は周りが上手い中での駒としては普通に使えるからな 「すでに、ラモン・プラネスSDと話をしているし、どのポジションを強化すべきか全員が分かっている。我々は(センター)フォワードとCBの獲得に動く。その他のポジションはこのままだ」, ボアテングはリーガで二桁ゴール、セリエA中位でレギュラーとかなり高いレベル維持してたからこそバルサからオファー来たわけで https://sport-japanese.com/news/id/15362 上記の3点だと予想されます。 今夏に獲得したグリーズマンもチームにフィットしているとは思えない状況で今冬もストライカー獲得に向けた新たな動きを見せる可能性が考えられます。 右サイドバックでは今シーズン、セメドが務めています。 ジョルディ・アルバが負傷離脱している間は左サイドバックに入り、右に昨シーズンまで右サイドバックで起用されていたセルジ・ロベルトが入って穴を埋めることができました。 しかし、バルベルデ監督はセルジ・ロベ …