NTTアイティ、Android/iPadから社内Windows機を遠隔操作するサービス. NTTアイティは2014年3月26日、社内パソコンを社外からリモート操作できるようにするクラウドサービス「マジックコネクト」を拡充し、印刷やコピーなどの行為ごとに許可/禁止を細かく設定できるようにしたエディション「マジックコネクトXDL」(写真)を発表した。4月1日から出荷する。既存エディションの「マジックコネクトNDL」では、これらの行為は全て禁止するしかなかった。, マジックコネクトは、社外のパソコンやスマートデバイスからインターネット(SSL-VPN接続)を介して社内のWindowsパソコン機の画面をRDPで遠隔操作するためのSaaS型サービスである(関連記事:NTTアイティ、Android/iPadから社内Windows機を遠隔操作するサービス)。ソフトウエアは、操作対象のWindowsパソコンに導入する専用ソフト、アクセス中継サーバー(SaaS)、操作端末側で動作する専用のクライアントソフト、---で構成する。, 操作端末側で動作する専用のクライアントソフトは、中継サーバー(SaaS)に対してSSL-VPN接続するためのVPNクライアント機能と、社内のWindowsパソコンにRDPで接続するためのRDPクライアント機能を兼ねる。操作端末とWindows機の間で直接RDPのコネクションを張り、中継サーバーはVPN接続を仲介する。VPN接続時には、ユーザー名/パスワードに加えて、端末固有情報や指紋、USBキーなどの各種手段でユーザーや端末を認証する。, VPN接続時の認証手段に応じて、大きく三つの製品を用意している。(1)「USB型」は、専用クライアントソフトを格納したUSBメモリーを認証する。このUSBキーがあれば、操作端末となるパソコンの種類を問わずにリモートアクセスできる。(2)「指紋認証型」は、USBキーに指紋センサーを追加し、指紋認証を利用できるようにしている。(3)「端末認証型」は、あらかじめ登録しておいた端末固有情報を使って操作端末を認証する。, 今回、新エディションとして、マジックコネクトXDLを用意した。同エディションでは、操作端末と操作対象のWindowsパソコンとの間で、データや周辺デバイスを共有する設定を、細かく制御できるようにした。具体的には、プリンター、ドライブ、クリップボード、スマートカード、シリアルポート、プラグアンドプレイ(PnP)デバイス、---について、個別に共有を許可/禁止できるようにした。これにより例えば、「操作端末側のプリンターでの印刷を許可するが、クリップボード間でのテキストのコピーは禁止する」といった使い方ができるようになる。, 価格(税別)は、エディションによる違いはなく、マジックコネクトNDLとマジックコネクトXDLで共通で、1アカウント当たり年額1万8000円。1アカウント当たりの初期費用は、USB型が1万5000円、指紋認証型が3万円、端末認証型が1万円。なお、販売目標は、年間1万アカウント。, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25, 2020年10月1日に起こったシステム障害と、過去の東証関連記事をまとめました。最新情報を随時追加します。. マジックコネクトを利用可能とする機能です。 各エディションに追加する場合は、初 ... USB型 NDL NDL+ XDL XDL+ EX EX+ NDL+ XDL XDL+ サーバ系OS Windows Server 2019 Windows Server 2016 Windows Server 2012 R2 Windows Server 2012 Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. ョンは、サポート対象外です。, ・オンサイト対応、ソフトインストール作業は含まれません。, ※1 Mac、iPhone/iPad、Android端末は使用できません。, ※2 2020å¹´7月時点で販売している製品に関する情報です。予告なく変更することがありますので、あらかじめご了承ください。, ※3 バージョンの確認方法は、, ※5 WOL機能(MC3000)には対応していません。, ※6 iOS/Android用のアカウントをWindows/Mac用に変更する、もしくはその逆を行うには、有償での契約変更が必要です。詳細は, ※7 USB型 及び 端末認証型 であっても「, ※8 Google Playに対応している必要があります。, ※9 Atom搭載端末は非対応です。, ※10 Android 7以降のマルチウィンドウ機能には対応していません。, ※11 iPhone/iPad、Android端末使用時は端末の固有情報および電子証明書です。. ndl: xdl: ex: デバイス共有 は禁止です。 情報漏えい対策に優れます。 企業の運用管理者が許可したデバイス共有 のみ、ユーザは利用できます。. 対象機器 のosがホームエディション の場合でもリモートアクセスできます。 ※1 価格(税別)は、エディションによる違いはなく、マジックコネクトndlとマジックコネクトxdlで共通で、1アカウント当たり年額1万8000円。1アカウント当たりの初期費用は、usb型が1万5000円、指紋認証型が3万円、端末認証型が1万円。 「マジックコネクト」は、手元の端末にオフィスにあるパソコンのデスクトップ画面を呼び出して操作するリモートアクセスサービスです。より安全・簡単にリモートデスクトップ環境を実現し、テレワークによる働き方改革(業務効率化やワークライフバランス)を強力にサポートします。