「却下」 上鳴くんに急に呼び出され、私は空き教室で待っていた上鳴くんに声を掛けた。 めんどくさい。 炎何があった。 「断ります」 2.4.6 犬化切島の嫉妬 2.4.7 爆豪の看病に一々口出す切島 2.4.8 切島に5万を返すために隠れながら色々な所で働く爆豪、その様子を見てクラスでカンパを提案する切島 さっきの表情はなんだったんだろ…なんて気にしてはいたが、上鳴くんのいつものテンションでそれはかき消された。 「せめて連絡先!」 夢小説 | 「じゃあ名前とクラスだけ!」 A死にたい。 ※成り代わりの為上鳴君出ません。成り代わった夢主もチャラく無いので『そんな上鳴君は嫌だ! 同じような小説を簡単に作れます → 作成 突き放した衝撃で、傍にあった机に上鳴くんの頭がぶつかってしまった。 夢小説 | 「俺さ。マジで惚れたかも」 全速力で逃げた。 !」 脳内メーカー 「なんですか」 ULOG | ホッとしながらそのまま歩いていこうと一歩踏み出すと 前に告った時は顔赤くしてくれてたのに… 上鳴「なーんだいたのかよ!!今来たのか? 上鳴電気のスキンシップが多い事など周知の事実で、誰にでもそんなものだろうと瀬呂範太は気に留めたこともなかった。 が、今日も気安く瀬呂の肩に触れた上鳴の手を爆豪勝己がベシッと叩いた。 !』 「せめて名前だけでも!」 なあ、A」 [ ?」 「あっちょっ、まっ!?逃げた!!」 私と上鳴くんのバトルが始まって お前さ、昨日緑谷に告ったんだろ? この小説のブログパーツ, [小説] 【名前変換オリジナル】まおうとう... (紹介記事)心理テスト特集! 「一目惚れかもしれねえわ」 はあ…… ガシっと手首を掴まれた。 上鳴「そんな怯えなくたっていいんだぜ? . チャラい。 二人からも告白(?)されるとか……、 「家近くね?明日一緒に登校しない?」 ▶▶▶▶▶, Y学園の甘々生活【短編集】 ?」 上鳴「やっぱ俺じゃあダメかぁ… 「くぅ〜っ冷たいな〜!!」 コミュニティ | 誰か助けて。 おーい!!と叫ぶ上鳴くんを放って イラログ | イラログ | あっ俺左だ……と呟く上鳴くん。 いらないモテ期だな!!! 上鳴「痛ッ…………! 気まずくなったので 『え、なんでそれ知って…』 ツイステッドワンダーランド短編集-3rd- 真剣な目つきで私を見つめる。 ?」 【歌い手】恋する彼女 vol.10【完】, 作品は全て携帯でも見れます 走りながらスマホで炎に連絡した。 ULOG | 『ぁッ………』 「は?あ、はい?」 「可愛い女の子とはお茶するしかないじゃん!」 カードキャプター 様 リク 【夢主side】 『上鳴くん、どうしたの??』. ] 【twst】�� NRC生が敵連合に拾われ雄英高校に行く話 �供�MHA】 適当にあしらって右の角を曲がる。 ?」 ○カードキャプター 様 リク○ 私を抱き寄せる手が、私の腰へとドンドン下がって行く。 私にようやく気づいたようだった。 今日の星座占い (毎日更新), 占いツクール | お知らせ | 不具合報告 | 提案 | お問合せ  そっかそっか ?いや、さっきから居たけど…』 私は拒絶反応を起こし、上鳴くんを思いっきり突き放した。 上鳴くんは「ガチで」と 上鳴くんは後頭部をさすりながら、私を見る。 ▽  ▴ TOP. ──放課後。 上鳴くんに急に呼び出され、私は空き教室で待っていた上鳴くんに声を掛けた。 『…上鳴くん? 上鳴「当たり前だろ??俺お前のこと好きだし!! その瞬間、彼の顔がバッとこちらを向く。 硬直しながら問う。 上鳴「ああそれがさァ!!お前に聞きたい事あったから呼び出したんだ!! !』 「せめて連絡先!」 「無理です」 「じゃあ名前とクラスだけ!」 「却下」 「家近くね?明日一緒に登校しない?」 「断ります」 「普通科の子?こんな可愛い子いるんだな~」 「どうも」 「俺上鳴電気!電気♡って呼んで!」 「嫌です」 ▽, 【爆豪勝己】仮面王女の鎖 2 ガチで言ってるんですか?と !」 画像 | 上鳴電気×ヤンデレ×激甘 ページ15. 好きなやつのこと見守るのは当たり前だろ! #4 ページ6. ] 出久と電気は、中学生になってから毎日、帰宅をせずに修行場に直行する。勿論、親の了承は取ってあるが、亀仙人としては、修行に専念できる事のメリットもあるがデメリットも勿論ある。, 亀仙流はよく動き、よく学び、よく遊び、よく食べて、よく休むがモットー。故に悟空やクリリンの時もある程度の読み書きや算術、金銭面の価値などを行った。, クリリンは元々そこら辺も鍛えられていたから良かったが、亀仙人は今でも悟空を勉強させといて良かったと思っている。でないと悟空の嫁のチチが大変だったと感じている。, 金関係はチチが全面的に手を握っているが、例えば野菜の売り買いの時に八百屋から金を受け取ってくるのは基本的に悟空だ、金の価値を知らないと今頃チチが泣いていたと思う、まぁ、他の人も人柄が良いのも理由ではある。, 「二人とも勉学の方は大丈夫なのか?何しろ勉学に関しては、簡単な事しか教えられんのでのう」, 「馬鹿者!!修行を勉学の妨げと言うんじゃない、それは自分の管理が出来ていない主らのせいじゃ」, 「今日の修行はこれまでじゃ!!今すぐ、そのテストを持ってきなさい!!もしも、勉学が必要と判断したら、それも今後の修行に組むからの!!」, この世界は、完全に教育熱心と知っておったから、大丈夫かと思ったが、やっぱりか・・・・・, 僕と上鳴君は、師匠に言われた通りにすぐに家に帰り、テストを持ってきて、修行場に行く途中に合流した。, 師匠は、詳しい事がわからないからと言って、平均点と赤点のラインを知りたいと言い、今は僕のテストを見ている。, 「電気に、出久よ。一言言っておくが、ワシはあくまでも手助けしか出来ぬが、全力で手助けをするのがポリシーじゃ、故に修行も厳しい」, 「主らには今日から毎日二時間の勉学の修行もつける!勿論、ワシはわからぬから見るだけになるが、全ての修行の終わりに勉学をせねば今の主たちの根性では、とても夢の入り口にも行けぬわ!」, 「どのみち、主らが3年の時は総仕上げの段階に無理矢理でも入るからの、勉学の時間はほとんど無い」, 「二人とも今日の勉学はこれまで、電気も帰ってゆっくりしなさい。わしが送っていこう」, 「いや、明日は気の修行だけでやるつもりじゃ。二人とも体はだいぶ付いてきたからの、明日は朝昼晩全て気の修行にあてがうつもりじゃ、亀仙豆は無しでの、体力と回復力を更に上げなければ成らぬからの」, そう、二人とも亀仙豆のお陰で筋肉や体つきは無駄がなく、超人的になってきたが、体力が上がったのかと聴かれれば少し答えが困ると言った所だ。, 勿論上がってるし、回復力も今までに比べたら桁違いに上がってはいる。しかし、亀仙豆を使いすぎで、少し比例が取れていないのが正直な所だ。, 実際に簡単な例えを出すと、悟空やベジータ、トランクスがセルの時にやった極限的なパワーの底上げがこの問題の果ての結果である。, 「よし、二人とも今日の修行は全て気の反復の修行とする。電気は光を出すように、出久は今日は光を五時間は出し続けるように、始め!」, だって同じ時期に始めた緑谷はもうすでに五時間以上続けるところまで言ってて、俺は全くの駄目だ。, 俺の心を詠んだのかどうかはわからないが、俺は内心焦りまくっていたから、じっちゃんが近づいている事にすら気づかなかった。, 「僕よりも凄いって!?本気で言ってんのかよ!!こんなにバカにされたら、誰だって怒るぞ!!」, 「俺よりも才能が有るくせに勝手なこと言うな!!お前に何も出来ない俺の何がわかる!!?」, 互いに力が強くなったが、武術なんてまだ教えて貰ってねぇから、互いに掴み合って押すぐらいしか出来ない。, 俺も緑谷も互いにこんな風に力を使うのは始めてだったけど、俺達は冷静になれなかった。, 「武術を喧嘩なんぞに使うんじゃない!お主たちの力は、こんなことの為にあるのか!?」, 「こっちだって一杯一杯なんだよ!!何で?こいつは出来て俺は一向に光の欠片すら出ねぇんだよ!?個性はずっと出るのに!!?教えてくれよ!?」, 「お主の個性が、気の流れを邪魔しておるのじゃ・・・どうやら、個性を持つ者は気の発現や大きさが小さいらしい」, そう、僕は上鳴君に無個性だと言うのを言っていなかった。何故かって今までの経験が全てだ。, 「じゃが、お主の個性を上手く使いこなせれば、良いのじゃ!ワシの亀仙流が全てではない!」, 「で、でもじっちゃん。俺はじっちゃんに憧れて来てるんだよ・・・じっちゃんみたいになりてぇから・・・」, 「・・こんな自由に操れねぇ個性なんていらない・・・こんなんだったら、俺は無個性が良かった!!!」, 「電気も、出久も、互いの問題を互いに押し付けてばかりじゃ!!そんなんでヒーローになれるのか!?」, 「一週間後、ワシとお主達で勝負をする・・・ルールは五時間以内にワシの物を取れば良い・・・もしも取れなければお主達は破門じゃ」.