(2) 「発言力」を奪う親の行動 教育熱心な人ほど注意 小5男子。クラブチームのグラウンドで、平日2回+土日祝日に練習や試合があり、クラブチームのコーチに教わっています。区で約20チーム中、6、7位くらいの順位。小5は10人くらい所属しています。小4、小5と地区トレセン(その地区内で優秀な選手を育成する制度)に選ばれましたが、トレセン内の選抜には選ばれないレベル。サッカーが強い中学に行きたいと言っており、遅ればせながら小6から塾に通うかもしれませんが、勉強が間に合わない気もします。間に合うレベルの私立中(サッカーが強いところ)を目指しつつ、難しければ地元の公立中学で部活に入るか、クラブチームに入るか…と悩んでいます。, このように、家庭によって、お子さんのサッカーへの思いや中学からの進路については、様々。スポーツジャーナリストの島沢優子さんに、少年サッカーではどんな道を進む選択肢があるのか、また見極め方等について、じっくり伺っていきましょう。, 現在小学校高学年でサッカーをしているお子さんが、中学校に進む際にどんな選択肢があるのでしょうか。島沢優子さんは、「まず、6年生になると、Jリーグの下部組織やジュニアユースから町のクラブまで、様々な場所で“セレクション”があります」と言います。, 「サッカーを本気で頑張りたいお子さんは、学校の部活ではなく、クラブチームを目指す傾向があります。私立中受験でいろいろ調べるのと同じように、保護者が様々なセレクションの情報を集めています。中学校の部活でサッカーを続ける方もいますが、公立では顧問の先生が異動で変わりますし、今は部活自体が見直されて、厳しく指導するよりも、みんなが楽しむことを重視する傾向にあります。そのため、本気でサッカーをやりたい子は、セレクションを受けてクラブチームを目指す方が多いのでしょう。また、公立中に進んだら、自分で勉強して高校受験をすることになります。そのことを親御さんが懸念して、高校受験をしなくていいようにと私立中受験を考えるケースも少なくありません。高校受験のためにサッカーを休むことなく、続けていけるというメリットがあります」, つまり、選択肢として多いのは、中堅校の私立中を受験させるというケース。ただし、「親が受験させる」というスタンスではなく、「子どもが受験したい」という意思を持つことが大事だと強調します。, 「親が『こうやったら子どもが楽になるのでは』と先回りするのではなく、本人が『やりたい』『頑張りたい』という道を進ませたいですね。『君がこの中学に進んだら、サッカーと勉強との両立は可能なのかな?』などとじっくりと本人に考えさせたうえで、自分で選ばせることが大事です」(島沢さん), サッカー漬けで小4~6のときに私立中受験の塾に通っていないお子さんもいます。また、私立中受験をしても落ちてしまう場合もあるでしょう。公立中に進んだら、勉強やサッカーはどのようになるでしょうか。, 嘘の根底に「不安」があることも。なぜ、子どもが嘘をつかなければならなかったのか? に目を向けよう, 断れないのは性格のせい?/親子で話しておきたいこととは/大事なのは相手を傷つけない断り方, 「人様に迷惑をかけるな」からの脱却、親の新たなマインドセットが必要/少し意識すれば向き合い方を変えられる, 会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、My DUALの設定が可能になります. の常識」)を毎週2回配信させていただきます。購読は無料です。 解除を希望の場合、1クリックで解除できます。, 子供の頑張りはそのままで、今より成績を上げる方法があるのをご存知ですか?親のみなさんに是非知っておいて欲しいことがあります。それは、, 親が変われば、子供も変わるという厳然たる事実。, 勤務医のひろば「絶滅危惧種」」片岡葉子さん. Copyright © 2016 eQcommon - side B All Rights Reserved. 難関中学の受験算数に登場する図形問題はかなり複雑で、挫折してしまう子も少なくありません。しかし、正しいアプローチや手順を整理すれば、どんな図形問題にも立ち向かえる力を養うことができます。ここでは、超難関校の受験に頻出する図形について、効果的な学習法を解説します。 サッカーとは全く関係ない話?そうでもないです。サッカーチームにとって、中学受験や、塾との関係は切り離せない問題なのです。, とくに小学5年生あたりから、平日のナイター練習にポツポツと穴があくようになってきます。早いと小学4年生から両立している子供もいます。, 勉強がある。。これはどうしようもないです。やはり子供の為を思っているからこその、判断でしょうし、どっちが大事か?と聞かれたら、やっぱり勉強と答えちゃいます。, 勉強なんて一気に仕上げれば、何とかなるのかな〜。なんて甘い考えだと難しいような気がする。特に中学受験はそう思う。そもそも受験するのが小学生であることを忘れてはいけない。, 5年生あたりから急に受験を意識した塾通いをしたところで、小1から放ったらかしにしてたら、多分厳しい。, 結局は塾に行かなくても家で中学受験を意識した勉強を日々積み重ねていないとダメなんです。, よく地頭が良いなんて事を言いますが、これって多分、小さい頃から勉強するクセをつけている子供の事を言うと思う。(実際そう思う大人は皆んなそうです。), サッカーが上手くて、私立中学を狙う子供もいます。勉強だけではなく、私立中学を意識する。, しかも今じゃなくて、これからもお金に余裕が無いと、自転車操業の始まり始まりになりかねません。住宅ローンも今じゃなくて、これから先と同じことになります。, サッカーで私立中学を意識する子供もいます。これも非常に勇気のいることですが、やはり子供がそうしたいと思うのであれば、勉強でもサッカーでも、行かしてあげたいと思うのが親の心情ってやつです。, 不思議なくらい人気のあるコースです。理由は人それぞれですが、私立はそもそも親のお金が続かない。もしくは、親のお金が、これ以上増えることが難しい、又は上がってもしれてる。, そんな中、中高一貫の都立や公立は、学費は私立より数段安い。子供が目指すとすれば、親子共々良いとこづくしです。, テストが独特だったり、併願が出来ないので、狙った中学の受験対策が、必要でしょうね。, まぁ私立中学を目指す子供の滑り止め的な感じになっていることもあるようですが、気にせずチャレンジできるのであれば、そうするべきでしょう。, 結論から先に言えば、両立は出来ます。いや両立すべきでしょう。毎日中勉強してる訳でもないし、毎日中サッカーしている訳でもない。, まぁ6年の暮れ頃からは、追い込み時期に入り、受験勉強にウエイトは向くと思いますが、それでも、全くサッカーが出来ないのか?, 別に毎回ちゃんと顔を出さないとダメでは無いでしょう。そんな事で、あいつはダメだとか、サッカーへの情熱が無いなんて言ってる人がいたら、無責任極まりない発言です。, 勿論小学五年生くらいになると、本気でサッカー選手を意識している子供もいます。しかしそうでなくても、案外受験する子の中でも、サッカー続けたら中学、高校に化けちゃう可能性を感じる子供もいます。, 自分の子供が受験で忙しくサッカーにもあまり参加出来ない状況で、役を任されるのは、確かに辛いかも知れません。, これは冒頭に記載しましたが、どっちが大切か?と聞かれれば、どう考えても勉強です。圧勝でしょう。でもあえて優先順位をつける必要があるでしょうか。, 狙うのは受験して中学合格であり、サッカーはあくまで小学生活の一つとして捉えていれば、それでいいのです。, 習い事の一つとしてサッカーを考えるのではなく、勉強の合間に楽しいスポーツをやる、遊びでも真剣にやる。こう言った感覚で臨むべきであります。, 例えば友達とのゲームや、もはや5年生だと恥ずかしいと思う、公園でたむろ。削るとすればこのあたりの時間であり、サッカーをする時間を削る必要はないでしょう。, サッカーの方が余程、仲間と一緒に同じ目標に向かって、楽しくそして厳しく遊べると思います。, 中学受験に挑もうとすること自体が、素晴らしいことだと思います。子供は伸び伸びと育てたいといった方針もありますけど、中学受験をすることで、伸び伸びしてないのか?と言うとそうではないと思います。, サッカーチームを去る必要は全くないです。5年生まで続けたのです、時間があるときに練習に来ればそれでいいと思う。. 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。, 「子どもがサッカーをしている」と一口にいっても、その比重やスキルは様々。実際に日経DUALの読者で、お子さんがサッカーをしている保護者3人に状況を聞いてみました。, ●Aさんの場合(30代・女性) 中学受験を諦める・やめるという選択は、小学六年生の夏休みが終わっても成績・内申点が思ったように伸びない、本人がストレスを抱えるなど、さまざまな要因から生まれます。中学受験のやめどきを考える上で、見極めの基準となる3点をお伝えします。 子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。, 平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。, 生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。, 妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。, 保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。, 入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。, 有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。, 専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。, 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 中学受験予定で塾に通っていて、中学に行ってサッカーをやるかは本人の意思次第です。 ただ、今回のW杯でプロのサッカーの試合に興味を持ち、親が驚いたほどだったので、サッカーについて今後どんな気持ちを持つのかは未知数です。 【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】 小4男子。地元のクラブチームに、年長から所属。かなり本気のチームで、市で優勝し、県の試合でも勝ち上がりました。練習は平日3日+土日ですが、他の習い事があるため、平日は週1のみ参加。ポジションがゴールキーパーで、週1でゴールキーパー専門のスクールにも通っています。小3と小4の春に、レアル・マドリード・ファンデーション・チャレンジキャンプに参加するためスペインに行きました。今後は秋から始まるセレクションを受け、フロンターレエリート、マリノススペシャル、FC東京などにも挑戦させたいです。中学以降は、部活ではなく、Jリーグのユースに入れたらと夢見ています。本人が私立中進学を希望しており、塾に通って毎日勉強をしながら、サッカー2カ所、複数の習い事というのは忙しいですが、本人のやりたいことをどんどん進めてほしいです。, ●Bさんの場合(30代・女性) 中学受験に塾なしでは合格できない5つの理由!パパママ塾では受験は失敗する? 中学受験の情報 2019.9.19 共働き家庭の中学受験が難しい理由とすべき対策! 中学受験の情報 2018.7.17 中学受験の意味と意義!どうして我が子に中学受験をさせるのか 相談ではないのですが、うちの息子の中学受験を念頭に置き、勉強を進めてまいりました。 同時にスポーツ少年団で、1年生からサッカーをしています。父親がサッカーをしていたもので、応援にも熱が入っておりました。 小4男子。小学校の名前がついたチームで、土日の校庭を借りて練習。コーチも運営も保護者です。同じ学年だけで25人ほど所属しています。上手な子からのんびりしている子まで様々で、公式戦ではレベル別に2チーム登録。上手なほうのチームは区で準優勝し、都大会へ出場しました。わが子はのんびりチームで、友達とのサッカーをわいわい楽しんでいます。自分から家でサッカーの話をしたり、朝練をしたりはしません。中学受験予定で塾に通っていて、中学に行ってサッカーをやるかは本人の意思次第です。ただ、今回のW杯でプロのサッカーの試合に興味を持ち、親が驚いたほどだったので、サッカーについて今後どんな気持ちを持つのかは未知数です。, ●Cさんの場合(40代・女性) サッカーを頑張っているお子さんをお持ちの保護者も多いでしょう。では、小学校を卒業し、中学生になったら、サッカーとどのように付き合っていくかを考えているでしょうか。今回は、中学からの様々なサッカーの選択肢について、『少年サッカーは9割親で決まる』『部活があぶない』等の著書があり、少年サッカー保護者向け情報サイト「サカイク」で連載が人気の、スポーツジャーナリストの島沢優子さんにお話をじっくり伺いました。 (3) 本気のサッカー少年、勉強との両立・将来の進路 ←今回はココ サッカーとは全く関係ない話?そうでもないです。サッカーチームにとって、中学受験や、塾との関係は切り離せない問題なのです。とくに小学5年生あたりから、平日のナイター練習にポツポツと穴があくようになってきます。早いと小学4年生から両立している子 Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. (1) 発言が苦手でもトレーニングでプレゼン上手になれる (4) 熱意、ポジション、自主練… サッカー親のQ&A