筆者が初めて購入したデジタルカメラは、カシオの「QV-10」でした。「QV-10」は、世界で初めて液晶モニターを搭載したデジタルカメラ。撮った写真がすぐ見られるだけでなく、レンズ部がクルクル動き、なんといってもフィルムがないのですから、それはもう画期的。当時、ものすごく話題になりました。, そんな「QV-10」が、今年で発売から20年。カシオ計算機は22日、この“世界初の液晶付きデジタルカメラ”の20周年を記念し、カシオ本社(東京)にてプレスイベントを開催。「QV-10」の開発者である末高弘之氏とカシオ計算機 執行役員の中山仁氏、そして、当時、「QV-10」を複数台所有していたというデジタルメディア評論家の麻倉怜士氏により、開発秘話などを交えたトークイベントが行われました。年間20万台を売り上げる大ヒット商品となった「QV-10」は、はたしてどのように生まれたのでしょうか? なんと「QV-10」は、“カメラ付きテレビ”として開発されたものなのだそうです。, 左から、結局未発売だったカメラ付きテレビ「RS-20」、中央の2つが「QV-10」、右がQV-10のスルトンモデル(試作機), 左から、トークイベント進行役の麻倉怜士氏、QV-10開発者の末高弘之氏と中山 仁氏, 「QV-10」の誕生以前。1987年、カシオで開発されたのは、画像をフロッピーディスクにアナログ記録する「VS-101」というカメラ。これは、フィルムに写真を写すのではなく、フロッピーディスクに画像を記録するというもので、撮った画像をテレビですぐに見られるというものだったそう。方式こそアナログですが、すでに、この頃から“考え方はデジタルカメラ”であることに感心してしまいます。さすがカシオ! 画像はモデムで転送するというコンセプトだったそう。しかし、こういったコンセプトはまだ理解されず、また、“写真が撮れるだけなのにビデオカメラより大きい”ということ、それでいて128,000円という高額。セールスは失敗に終わりました。, フロッピーディスクに撮った画像をアナログ記録するカメラ「VS-101」(左)。セールスは失敗に終わっても、“フィルムに変わって記録できるまったく新しいカメラ”を作り出したいという気持ちは枯れることはなく、後にデジタル技術を導入したカメラ「DC-90」を開発(写真右), 同社において“ついにデジカメ誕生!”ともいえる「DC-90」でしたが、発熱がものすごく、また、本体が非常に重くなってしまい、そこから、試作機は「熱子」と「重子」という愛称で呼ばれていたそう(笑)。発熱対策としてファンを取り付けざるを得ず、そのため、ファインダーを付ける場所がなくなってしまった「熱子」と「重子」。しかし、これが“怪我の功名”とも言うべき結果をもたらすことになりました。このファインダーのないデジタルカメラに取り付けられたのが「液晶ディスプレイ」だったのです。そして、液晶ディスプレイの付いたデジカメを「なんとまぁ楽しい!」(末高氏)と実感。画面を見ながら撮って、撮った写真がすぐ見れて、コミュニケーションツールにもなる。これこそが“新しいもの”だと感じたのだそうです。, 「DC-90」(熱子/重子)に、便宜的に小さな液晶ディスプレイを取り付けて使ったら「楽しい!」と手ごたえを感じたそう。“これはいける”と思ったものの、先の失敗による社内の逆風。そのため、当時開発が進んでいたポケットテレビの延長としてカメラ付きテレビを企画。ここから、ポケットテレビの開発担当だった中山氏が加わることになったのだそう。写真右の企画書を見ると、デジカメというよりも、むしろ現在のスマホに近いコンセプトを掲げていることに驚きます, 企画段階での、カメラ付きテレビのレンズ部の回転機構を確認するモックアップが展示されていました, 当時の企画書の一部。「QV-10」の原点であるカメラテレビのキーワード「ビジュアルコミュニケーション」って、当時としてはもう、1歩どころか100歩先に行っているのではないでしょうか。「“ないものを作るいうのがカシオの社是。これを一番に考えて開発している」という末高氏の言葉がよく現れていると思いました。これ、今、私たちがスマホでやっていることばかり, 開発されたカメラテレビ「RS-20」は、製品化されませんでしたが、結局、テレビチューナーを外した「QV-10」が発売され、大ヒットします, そしてついに、1995年3月、世界初の液晶ディスプレイ付きデジタルカメラ「QV-10」が誕生しました。「QV-10」は当初、月産3,000台を見込んでいましたが、同年の夏には1万台に増産。発売後1年間で20万台を売り上げる大ヒット商品となりました。, 1.8型の液晶カラーモニターを搭載。レンズ部が回転式なのも大きな特徴でした。撮像素子(CCD)は、1/5インチで総画素数25万画素。記録画像サイズは320×240ドット。2MBのフラッシュメモリーを内蔵し96枚まで画像を保存可能。ビデオ出力端子を装備しているので、撮った画像をテレビ画面に表示させてみんなで見ることができます, すでに“自分撮り”可能な仕様! でも、中山氏によれば「当時、自分を撮るという思想はなかった」とのこと。しかし、今見ても古びた感じがしないのがすごい!, 「QV-10」の専用周辺機器として、画像の記録が行えるFDドライブも発売されていました, この後、他メーカーも続々とデジタルカメラを発売。コンパクトカメラのデジタル化が加速度的に進む中、“光学メーカーがやることをやってもしょうがない、デジカメにそこまでの画質追求は必要ない”と考えていた同社は、高画素化という市場の流れに乗らず、それが裏目に出て、「QV-10」のヒット以降売り上げ台数で苦戦を強いられるのでした。そこで開発陣が一念発起して売り出したのが、“世界最薄カードサイズ”の「EXILIM EX-S1」です。まさにカシオらしいデジカメの新たなカタチをまた作り、大ヒット。その後も、“他がやらないことをやる”の社是どおり、ユニークな製品が次々と開発されました。以下、目立ったものを順を追って紹介します。, 2002年発売の「EXILIM EX-S1」。これは本当に薄くて小さくて驚きました。「フィルムカメラではぜったいにありえない形状のカメラ」を考えたそう。「EXILIM」の下には“WEARABLE CARD CAMERA”と刻印されています。ホント、時代の100歩先!(そういえば、同社の大ヒット電卓「カシオミニ」もこの発想からうまれてますよね!) 薄型なのに堅牢で、筆者はツーリーングのお供として必携でした。このサイズながら、ファインダーやストロボが付いているあたりも感心。ここにはないですが、充電用のクレードルもオシャレだったんですよ〜(スマホスタンドのような), 世界的なヒットとなった「EXILIM EX-Z3」(2003年)。ペンタックスとの共同開発により生まれたスライド収納する沈胴式ズームレンズにより、3倍ズームながら“超小型”を実現, (左)2004年発売の「EX-Z40」。従来比2.5倍の電池寿命を実現した“ロングバッテリー”をウリにしたモデル。中山氏いわく「基板が小さくなり他社がいっせいに小型化を進める中、ウチは今度は小さくせず、空いたスペースに大きな電池を積んでみた。それが大成功だった」とのこと(右)業界初の1,000万画素モデルとしてヒットした「EXILIM EX-ZR1000」(2006年)。800万画素で十分とされていた画素数を、一気に、あえて1,000万画素にアップしたそう, 「EXILIM EX-F1」(2008年)。動きがスローで見える1,200fpsの“ハイスピードムービー”にも度肝を抜かれました。また、1度シャッターで1秒間に60枚もの高速連写が撮れるなど、かなりトガったモデルでした。「まだブラッシュアップしたい(できる)部分もあったが“すごい機能は早く世に出さないと”ということで発売しちゃいましたね」とは中山氏。確かに、サイズも大きいし、1200fpsでの撮影画素数が336×96pixだったので……そのあたりのことかな?(笑), 「EXILIM EX-TR100」(2011年)。先にアメリカで発売されましたが、ネット動画などから“フリースタイルカメラ”として中国で話題になり爆発的ヒット。現在、10万円以上の価格で売られていることもあるそうです, 「EXILIM EX-FR10」(2014年)。カメラ部とコントローラー部を分離して使うことが可能, こちらは、7月31日に発売となる新モデル「EXILIM EX-ZR3000」。ウリは、写真を撮ったらそのままスマホでも見られる“シームレス”仕様。Bluetoothでスマホと常時接続することで、カメラのシャッターを押すだけでWi-Fi接続し、撮影した画像をスマホに自動送信するという仕組み。撮像素子は、1/1.7型で有効1,210万画素の裏面照射型CMOSセンサー。広角25mmからの光学12倍ズームレンズを装備, こちらも、Bluetoothでスマホと常時接続可能な「EX-ZR60」。撮像素子は、1/2.3型で有効1610万画素の裏面照射型CMOSセンサー。広角25mmからの光学10倍ズームレンズを搭載。発売は8月28日からの予定となっています, 最後に、「カシオが考えるあるべきデジタルカメラ像」が紹介されました。なんと、それは、“メカレス”な完全デジタル化。「究極は、シャッターを押さなくても好きな写真が得られるというのが理想です」と、中山氏。シャッターチャンスに人が狙ってシャッターを押すのではなく、静止画も動画も区別なく記録され、後から欲しい画像を選べるようにしたい。また、そのうえで、画素はあればあるほどいい(笑)。デジタルズームで切り出して得た画像に、目で見えないものが鮮明に見えてくる。それは面白いし、実用的」とし、さらに「レンズなど光学メーカーの専門、得意分野は勝負するところでは無いと考えている」と付け加えていました, カシオが、かつて「QV-10」の開発時に掲げた3つの基本コンセプトは「ビジュアルメモ」「ビジュアルコミュニケーション」「ビジュアルデータバンク」だったといいます。これって、今のスマホ・SNS時代を先取りした思想。20年も前からこんなことを考えていたとは、と、改めてその先見性に感心。そういえば筆者は、腕時計型デジタルカメラ「WQV-1」や腕時計型MP3プレーヤー「WMP-1V」(2000年)も“即買い”し、愛用していました。カシオの製品はどこか“ぶっ飛んだ”感じでワクワクするんです。でも、数年後、それがスタンダードになっていたりする。「ないことをやる、作る」という物作りの思想こそが“カシオっぽい”の原点なのですね。, 「当時、QV-10を持ってると女性にモテモテだった」と語る麻倉氏。「具体的にはどのように?」という記者からの質問に「特に銀座で(笑)」とヨユウの笑顔で返すあたり、モテ男っぷリがうかがえます。ちなみに、「QV-10」は、重要科学技術資料(未来技術遺産)として、2012年に国立科学博物に認定されたそうです, 家電製品アドバイザー。家電製品を中心にレポート・レビュー記事を担当。趣味は、バイクとカメラと作業中の家電の働き具合を監視すること。特に洗濯機。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。 カシオ計算機は何を意図してex-f1を作ったのか,商品企画を担当した中山仁氏に聞いた。中山氏はカメラ業界を代表するトレンド・セッターで「qv-10」から一貫して同社の商品企画を引っ張っている キヤノンからカラビナデザインの新コンセプトカメラ「iNSPiC REC」登場, 【今週発売の注目製品】ソニーから、40万円のフルサイズミラーレスカメラ「α7S III」が発売, 【今週発売の注目製品】キヤノンから、8K動画対応のフルサイズミラーレス「EOS R5」が登場, 《2020年》初心者におすすめのデジタル一眼カメラ! 高コスパな人気12機種を厳選, ソニー「α7C」レビュー。静止画・動画の両面で「いいところ、気になるところ」をチェック, ニコン「Z 7II」「Z 6II」速攻実機レビュー! デュアルエンジン&ダブルスロット搭載で着実に進化, キヤノン「EOS Kiss M2」登場! さらに使いやすくなった小型・軽量ミラーレス, キヤノン、望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」をMakuakeに1000台限定で出品, ソニー「VLOGCAM ZV-1」レビュー。現役Vloggerがイイ点とイマイチな点を解説, ソニーからVlogデジカメ「VLOGCAM ZV-1」登場! 自分撮りしやすいバリアングル液晶採用, 車中泊に特化したシンプルなモデルや軽キャンパーが人気!「キャンピングカーショー2020」レポート, 「CES 2020」PCまとめ。デルの分離合体ゲーム機やレノボの5G対応ノートPCなど注目モデルが勢揃い. 「qv-10」の開発者である末高弘之氏とカシオ計算機 執行役員の中山仁氏、そして、当時、「qv-10」を複数台所有していたというデジタルメディア評論家の麻倉怜士氏により、開発秘話などを交えたトークイベントが行われました。 無断転載禁止, 身につけるカメラ!? Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. ※掲載されている価格は記事掲載時のものとなります。税込価格に関しては、消費税の税率により変動することがあります。, Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 「本当はカメラにシャッターなんていらない」,カシオの超高速機,その狙いと先にあるもの(前編). カシオ計算機は2008年3月,デジタル・カメラ「EX-F1」を発売する(図1)。特徴はシャッター・チャンスを逃しにくく,H.264形式のフルHD(1080/60i)動画も撮れること。シャッター・チャンスを逃しにくいのは,連写速度が60フレーム/秒と速いため(1フレームは600万画素)。これまでは10フレーム/秒ほどが最速だった。, さらにEX-F1は,肉眼ではとらえられない画像も撮れる(サンプル動画集)。1フレームを336×96画素にすれば,フレーム速度は1200フレーム/秒に達する。高価な工業用カメラでしか成し得なかったフレーム速度である。, カシオ計算機は何を意図してEX-F1を作ったのか,商品企画を担当した中山仁氏(羽村技術センター 開発本部 QV統轄部 商品企画部 兼 第一開発部 部長)に聞いた。中山氏はカメラ業界を代表するトレンド・セッターで,「QV-10」から一貫して同社の商品企画を引っ張っている(聞き手=日経エレクトロニクス 大槻智洋)。, ―― EX-F1は革新的なカメラですが,高価ともいえます。発売当初の想定価格は約13万円と,ニコンのデジタル一眼レフ機「D40x」を標準ズーム・レンズ付きで2台買えるからです。加えて,いろいろできるが故に適した用途がいま一つ分からないという声も聞きます。, 中山氏 確かに価格だけを考えれば安くはありません。しかし,これは今までにないカメラです。ほかができない機能を実現しています。ここを評価し購入してくれる方は少なくないと確信しています。具体的には,高速なオートフォーカスを搭載したデジタル一眼レフ機でさえ撮れなかったものが撮れたり,肉眼ではとらえられないものが見えるたりすることに関心を持つ方々が買ってくれるはずです。, ―― EX-F1に適した被写体として,スポーツをしている人や鳥などが考えられますが,民生用として群を抜く高速度撮影を可能にしただけに,もっといろいろありそうですね。, 中山氏 CMOSセンサが吐き出す膨大な画像データをどう活用すべきかは,これからも研究し続けねばなりません。そのためには民生機器として,ある程度の数が売れることが必要です(本誌注:月産予定台数は1万台)。13万円という想定実売価格は,こうした今後の展開を踏まえて決めました。, ―― 13万円なら利益が出るのでしょうか。開発費を今後の商品でも回収したとしても,やはり相当…, 中山氏 正直「儲かります!」と言えるような値付けではありません。ただし,お金に直接換算できない効果は大きい。EX-F1を販売することで「カシオは最先端商品を作る」という印象を消費者に与えられます。, コンパクト・カメラは,どんぐりの背比べのような競争をしています。台湾メーカーでも日本勢とさほど遜色ない商品を作れる。ブランド・イメージの向上は必須です。だからEX-F1に「EXILIM」ブランドを付けました。これまでの「『EXILIM=薄型』というイメージと違うじゃないか」という意見もありましたが,新しいもの,進化したもの,といった印象を消費者に与えるブランドにEXILIMをしていきたいです。, 中山氏 当社はEX-F1を第3世代のデジタル・カメラと位置付けています。現時点では少数のユーザーにしか響かない商品ですが,将来のカメラすべてに波及する機能を持つからです。それが高速連写であり,撮影の失敗を強く抑制できます。, デジタル・カメラの第1世代は「QV-10」が切り開きました。そして第2世代を作ったのは「EX-S1」(初代EXILIM)でしょう。銀塩カメラでは実質不可能だったウエラブル化を実現したからです。, ―― EX-S1以上にスゴかったのが「EX-Z3」ではないでしょうか。厚さ2cmほどの筐体に光学3倍ズームを押し込め,2型と大きな液晶パネルを搭載して,大ヒットしました。, 中山氏 その通りです。ウエラブルという特徴だけに依存していたならEXILIMシリーズは続かなかったかもしれません。カメラ付き携帯電話機が急速に普及し性能を高めましたから。EX-Z3は,EX-S1の「薄型」を受け継ぎながら,本格的な撮影機能を備えた。コンパクト機のスタンダードになったと思います。, 中山氏 EX-F1に実装した技術を普及価格帯の商品に展開することは,当然検討しています。ただ,それには時間がかかる。超高速CMOSセンサを使った商品は当分の間,「違いの分かる人」に向けることになります。, 時間がかかるのは,いろいろな問題がからんでいるからです。例えば45nm世代の画像処理LSIを開発すれば済むわけではありません。消費者のニーズに真に合致した用途を開拓しなければなりません。本体形状や目標価格帯も見定める必要があります。, 当社以外のカメラ・メーカーも高速連写機を発売する必要もあるでしょう。このジャンルの需要を喚起するためです。それに成功すればソニーを始めとした撮像素子メーカーは,一段と超高速CMOSセンサの開発に注力できます。, ―― 少し話を戻します。第3世代のデジタル・カメラとはどんなものでしょうか。かねてより中山さんは「動画で撮った方が伝わりやすい場面は動画で撮ればいい。静止画で撮りにくければ動画で押さえればいい。動画と静止画の壁は技術の未成熟さに起因している」とおっしゃっていました。, 中山氏 誰も彼もが所望の画像をスッと撮れる。これこそがカメラの理想形です。画像は,静止画でも動画でもいい。静止画は動画から取り出したものかもしれない。加えて将来のカメラは,ユーザーに「ここではこの静止画(または動画)を残してはどうでしょうか」と提案する機能も備えるでしょう。, 私は「息をひそめて決定的瞬間に合わせてシャッターを切る」という快感を否定するつもりはありません。ただ,多くの消費者にとって撮ること自体は目的でない。本当の目的は,撮影結果を自分で見て感動を再現したり,友人や家族に見せて共感してもらったりすることにあります。, もっと言えばシャッター・ボタンは失敗写真を生む元凶の一つとさえいえる。ユーザーがシャッターを切らなければ手ブレなんか起きないし,カメラ側で正しくタイミングをとらえられれば決定的瞬間も逃さずに済むからです。, カメラの自動化は着々と進んでいます。松下電器産業のデジタル・カメラが備えた自動設定機能「おまかせiAモード」も一例でしょう。ここに将来はEX-F1が備えた高速連写(シャッターの自動化)が合流していくのではないでしょうか。, トヨタ、BMW、コンチネンタルやソニーなど、国内外の講師を招聘、毎年人気のイベントを今年はオンライン開催。, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25. 中山 仁 カシオ計算機株式会社 執行役員qv事業部長 正会員 オリンパス株式会社 カシオ計算機株式会社 キヤノン株式会社 株式会社ケンコー・トキナー コニカミノルタ株式会社 株式会社ザクティ 株式会社シグマ セイコーエプソン株式会社