これは、何度も叩き鍛えて硬い鋼ができあがるということです。, 要するに、精神と身体を何度も鍛練するこことで、立派に成長できるという意味。   要するに、学問という条件を身につけることで、自然に道徳も身につくという意味。, 「焦らずに目の前の授業に集中し身につけよう。『水到渠成』で結果的に受験に成功するよ」といった使い方をします。, 「積土」は土を積み重ねることで、「成山」は山ができること。 つまり、どんなに困難なことでも、根気強く努力を重ねれば成し遂げることができるということ。, 「子供の頃にプロ野球選手になると言って周囲を驚かせたが、見事に達成。今思えばコツコツ続けた努力のたまもの『磨斧作針』だ」といった使い方をします。, 「疑事」は物事を疑うこと、「無功」は効果が無いということ。 前向きでいい意味の四字熟語、努力を目標にするかっこいい座右の銘など、最近四文字熟語が熱いですね!短く凝縮された好きな言葉、おすすめの言葉、思わず笑顔になる楽しい言葉など、ここでは四文字熟語の魅力盛りだくさんに集めました。 非常な困難の中で、苦しみながら一心に努力をすること。強敵に死にものぐるいで苦しい戦いをすることからいう。▽「悪戦」は不利な状況の中で強敵に苦戦すること。, どんなことでも、ひたすら信じて念じ続ければ、必ず天に通じて、成し遂げられるということ。, 一粒の種子をまけば、実って万倍もの収穫を得ることができる意から、わずかなものから多くの利益があがるたとえ。また、わずかなものでも粗末にしてはいけないという戒め。また、一つの善行が多くのよい結果をもたらすたとえ。▽「稲」の異名。, 仕事をやり遂げるための最後のひとふんばり。また、仕事を遂行するために積み重ねる一つ一つの努力。, 苦労して懸命に勉学に励むたとえ。また、物事に精励して寝る間も惜しむこと。眠り込んでしまわないように、すぐ転んで目が覚めるようにした丸木の枕まくらの意から。▽「警枕」は眠り込まないようにした枕。軍中などで使われた。, 行きづまっている情勢や困難な状況を、手を尽くして切り開き、解決の糸口を見つけ出すこと。, 仕事に励みつつましやかにし、精一杯努力すること。▽「勤倹」はよく働き、つつましやかにすること。勤勉に働き倹約すること。「力行」は努力して仕事などに励むこと。, 心をくだいて非常な苦労を重ね、工夫をこらすこと。▽「苦心」はあれこれ心をくだいて考えること。「惨憺」は心をくだき悩ますこと。「憺」は「澹」「淡」とも書く。, 自分が主人や他人のために力を尽くして働くことを謙遜けんそんしていう語。犬や馬ほどの働きという意から。, 心身を苦しめて仕事や勉学に励むこと。▽「刻苦」は非常な苦労をすること。「刻」は責める、苦しめる意。「勉励」は務め励むこと。, 才能に恵まれない者が発憤し、ひたむきに努力を重ねること。人が踏み行うべき人倫の道を認識し実践していく三つの道程、「生知安行」「学知利行」「困知勉行」の第三。▽「勉行」はひたすら努力して実践すること。修養には先の三段階があるが、道が違うのみで結果は同じであるから才能の劣った者でも努力すべきことをいう語。, 新しい物事をするとき、試みと失敗を繰り返しながら次第に見通しを立てて、解決策や適切な方法を見いだしていくこと。▽「試行」は試しに行うこと。「錯誤」は誤り・間違い。, 力の限りを尽くして学業や仕事に励むこと。▽「精励」は力を尽くして努めること、「恪」はつつしむ意で、「恪勤」はまじめに一生懸命勤めること。「恪勤精励かっきんせいれい」ともいう。, 学問や人徳をよりいっそう磨き上げること。また、友人同士が互いに励まし合い競争し合って、共に向上すること。▽「切」は獣の骨や角などを切り刻むこと。「磋」は玉や角を磨く、「琢」は玉や石をのみで削って形を整える、「磨」は石をすり磨く意。「磋」は「瑳」とも書く。, 小さな水滴でも、長く落ち続ければ石に穴を開けることができるということ。転じてわずかな力でも積み重なれば、大きな仕事が成し遂げられるということ。, 力の限り努力すること。また、骨身を惜しまず一生懸命に働くこと。骨を粉にし、身を砕くほど努力する意から。▽「砕身粉骨さいしんふんこつ」ともいう。, 気力を奮い起こして励むこと。▽「奮励」は気力を奮い起こして努めること。努める意の「努力」に「奮励」の語を添えて意味を強めた言葉。, 一つのことに忍耐強く専念して、やり遂げることのたとえ。長い間わき目もふらずに努力を続けることのたとえ。▽「面壁」は壁に向かって座禅を組むこと。「九年面壁くねんめんぺき」ともいう。, 勇敢に、そして精力的に物事を行うこと。▽「勇猛」は勇ましく雄々おおしいこと。「精進」は精神を打ち込んで努力すること。仏教では「猛」は「みょう」と読む場合もある。, 力を尽くして、自分の能力をふるうこと。▽「力戦」は全力を注いで努力すること。「奮闘」は気力をふるいたたせて戦う、力いっぱい格闘する意。「力」は「りょく」とも読む。, 穀物の一粒一粒は、農民の苦労と努力の結果実ったものであること。転じて、細かな努力を積み重ねて、たいへんな苦労をすること。, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 検索ランキング 使い方は、以下のとおりです。, 「このチームを選んだのはお前だろ。今さら疑ってどうする。『疑事無功』で前に進むしかないだろう」, これは、何事をするにも、また何を学ぶにしても集中しなくては身につくことはないということ。     そういった時にお手伝いするのがこのブログ!, 無数にある言葉の中から、当てはまるものをご紹介します。 ぜひ、使ってみてください!, ところで、成長に関する「四字熟語」を紹介させていただきましたが、成長に関する「ことわざ」の記事もありますよ!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.   また、開発し世の中を導いていくといった意味もあります。, 「あの人は世界のリーダー『開物成務』だ。彼がもしいなかったらどんな世界になっていたか想像できない」といった使い方をします。, 「射石」は石に矢が刺さること、「飲羽」は矢の羽の部分まで深く刺さること。   使い方は、以下のとおりです。, 「どの職場にいても、彼は信念を変えることなく頑張った。『随処作主』だから現在がある」, 「磨斧作針」の読み方は、「まふさくしん」です。     こいった、人生のテーマである成長、文字にしたいものです。 また、どんな凄い芸を持っていたとしても、真心がこもっていないならば意味が無いといった意味もあります。, 「楽器の演奏は正確さも大切だが、『万能一心』で気持ちがこもっていなくはいけない」といった使い方をします。, 以上が、成長に関する四字熟語と、その意味と使い方についてでした。 使い方は、以下のとおりです。, 「近道をする必要はない。『積土成山』で時間をかけてでも努力を積み重ねることが大切」, 「百錬」は何度も鍛えあげることで、「成鋼」は鋼(はがね)ができあがるがること。   故事成語である「温故知新」。 四字熟語でもあります。     「温故知新」は、訓読すると「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」。 つまりは、「昔のことを研究して ... たくさんある四字熟語から、健康祈願はコレ! といった具合にすぐに出てくればいいのですが…。 なかなか思いつきませんし、平凡なものだと少し気が引けます…。     でも ... 故事成語である「竜頭蛇尾」。 読み方は「りゅうとうだび」であり、「りゅうとうじゃび」ではありませんよ。 四字熟語でもあります。     「頭は立派な龍で、尾が弱々しい ... 四字熟語の「二束三文」、全然価値がないといった意味で使う言葉。     でも、この「価値」っていったいどの程度なのだろうか?? 現在の価格で、本来いくらの物がどの程度 ... 四字熟語の種類は膨大です。     ベストなタイミングで、なおかつカッコイイ四字熟語が使えたらいいのですが…。 なかなか、「パッと!」使いこなせませんよね~。 &nb ... 故事成語である「四面楚歌」。 そして「四面楚歌」は、四字熟語でもあります。     「まわりが敵や反対する人ばかりで、味方がいないこと」という意味です。 つまりは、味 ... 四字熟語である「我田引水」。     「自分の田に水を引き入れる」という意味。 つまりは、「自分の都合の良いように物事を考えたり、したりする」ということです。 &nb ... 四字熟語といえば、数が多すぎて頭の引き出しから取り出すのが大変です! さらに、その中から楽しい意味の四字熟語をピックアップするとなると、これまた大変!!     でも ... 故事成語である「馬耳東風」。 四字熟語でもあります。     「馬の耳に東風(春風)が吹いても、馬は何も感じない」ということ。 つまりは、「人の意見などを心にとめず、 ... 年賀状やおめでたい席上で必要になるのが「幸せを願う言葉」。 ですが、そういった類の言葉はたくさんあり過ぎます!     しかも、どうせ使うのであれば、世に多く出回って ... H N:ブラッド         性 格:几帳面/マイナス思考   家 族:妻(同居)/長女(嫁ぎました) 「開」は一穴を開け発展させること、「物」は全ての物、「成」は達成すること、「務」は任務のこと。, 要するに、様々なことを開発して事業などを完遂するという意味です。 慣用句である「襟を正す」。     「乱れた服装や、姿勢をキチンと整える」という意味。 また、そういった意味から「これまでの態度を改めて、気持ち引き締める」ということ ... 慣用句である「後ろ髪を引かれる」。 髪の毛を引っ張られたら、痛いですよね…。     この「後ろ髪を引かれる」ですが、正しい意味をご存知でしょうか? また、どのような ... 慣用句である「馬が合う」。     「馬とその乗り手の呼吸がぴたりと合う」ということ。 つまりは、「気が合う」「意気投合する」という意味です。   &nbs ... 故事成語である「羊頭狗肉」。 四字熟語でもあります。     「羊の頭を看板に掲げておきながら、羊の肉を売らずに犬の肉を売る」という意味。 つまりは、宣伝では立派なこ ... Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. あなたは、「成長」を表す四字熟語をいくつ知っていますか?この記事では、日々成長する姿や進化している様子を表すかっこいい四字熟語を厳選してご紹介していきます。思わずやる気が出るものも多数ありますよ。ぜひ参考にしてみてください。