とあるのですかそれはなぜですか?  運慶は無心に日本の文化を深めていったが、その精神、おおもとが、時代とともに失われ、それが明治時代でいよいよ終焉にちかづいてきた(ように感じた)。本来なら、運慶の次の世代の名人が輩出され、いよいよ文化を深め、時代を次々支えてくるはずだったが、そうならなかったため運慶(の精神が)がこの時代に至るまで生き残らざるをえなかった・・・ ただ、「女性」と「百合の花」を形容する文章に、それぞれ共通点が見られるのです。, ここでは、女性の顔を「輪郭の柔らかな瓜実顔」と表現しており、女性の顔の柔らかそうなイメージを訴えています。, すらりと揺らぐ茎の頂に、心持首を傾ぶけていた細長い一輪の蕾が、ふっくらと弁を開いた。, 「ふっくらと弁を開いた」とありますね。 A.わかるはずがないのに、仁王(彫刻)の強さと神さまの強さを比べているから。 A.鎌倉時代らしい舞台(護国寺の山門)で、鎌倉時代の彫刻家・運慶が仁王を彫っているのに、それを見物しているのは明治時代の人だから。  彼は一生懸命、仁王の像を彫っている。 A.運慶が、鑿と槌を自由自在に操って仁王を彫っているということ。 ①死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうねとまた聞き返した。   場所と時間と登場人物がばらばらなので、夢のできごとだとわかる。, Q.自分が<帽子をかぶらずにいた男>を無教育な男だと思ったのはなぜか? A.女の涙のこと。, Q.<星の破片は丸かった。>とあるが、丸い星の破片はどのようなイメージを持つか?   家に帰るやいなや、大きな犬が抱きついてきた。, <運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいると云う評判だから、散歩ながら行って見ると、自分より先にもう大勢集まって、しきりに下馬評をやっていた。>, この文章を読むやいなや、私たちは明治時代の護国寺の前にタイムスリップしてしまいます。そして「自分」や「若い男」、他の見物人らと共に、運慶の無造作な彫刻を眺めることになるのです。, 私はこのように、小説の始まりから読者をぐいっと別世界に連れてゆくような作家を他に知っています。 そこに、写ってるとは、どこに写ってるんでしょうか。 夏目漱石が書いた夢十夜の一夜の話で、①死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうねとまた聞き返した。とあるのですがなぜまた聞き返したのですか?②黒い瞳の中に鮮やかに見えた自分の姿がぼうっと崩れてきた。とあるのですかそれはなぜですか とあるのですがなぜまた聞き返したのですか? 夏目漱石が書いた短編小説、「夢十夜」の第一夜を解説します。男の夢に現れた、今にも亡くなりそうな女性。彼と彼女を繋ぐ「愛」の行方は?この記事では、「夢十夜」の第一夜のあらすじから見どころに至るまで、詳しく紹介しています。第一夜のテーマでもある「愛」について、じっく …   【はたらき・効果】女が死にそうな状態ではなく、健康で美しいことを表している。 A.女の<輪郭の柔らかなうりざね顔>のイメージを持つ星の破片を、女本人のように丁寧に扱ったから。, Q.<苔の生えた丸い石>が表しているのはどのようなことか? 蜜柑たちと同じように、「高校の国語の授業で読んだ!」という人も多いかもしれませんね。, 「夢十夜」は、語り手が見た夢について、第一夜から第十夜に分けて綴られている、短編集です。, 奇怪な雰囲気のお話が多い「夢十夜」の中でも、第一夜は「唯一のハッピーエンド」とも言われているお話であり、日本語の美しさや幻想的な情景描写を存分に堪能できる一篇となっています!, 女性は血色もよく、健康そうな外見をしていましたが、彼女は「自分」に向かって「もう死にます」と言います。, にわかには信じがたい「自分」でしたが、そんな「自分」に彼女は、「百年待っていてください」と告げました。, 女性は、自身が死んだ後の処理を「自分」に託すと、「きっと逢いに来ますから」という言葉を残し、この世を去ってしまいます。, ひとり残された「自分」は、彼女の言いつけを守り、遺体を土に埋め、墓のそばへ腰かけ、百年が過ぎるのをただ待ちました。, もしかして自分は彼女に騙されたのでは、と思い始めた頃、石の下から茎が伸びてきて、真っ白な百合の花を咲かせました。.   時代にも周りの人の声にも流されない人物。, Q.見物人たちはどのような人々として描かれているか? A.百合は「百」年後に「合」うという名前だから。 自分は透き徹るほど深く見えるこの黒眼の色沢を眺めて、これでも死ぬのかと思った。, 黒い眸のなかに鮮やかに見えた自分の姿が、ぼうっと崩れて来た。静かな水が動いて写る影を乱したように、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から涙が頬へ垂れた。, 「静かな水が動いて写る影を乱したように」……なんて、そうそう書ける表現ではありません。, 一見難しいことを言っているように見えても、文章の通りに想像してみると、その光景がすぐイメージできませんか?, この「易しい」と「難しい」の絶妙な塩梅を持つ筆が、漱石の大きな魅力だなと思います。, 女性が亡くなった後、彼女の言いつけ通り、真珠貝で穴を掘り、彼女の亡骸を埋める場面についても見てみましょう!, 真珠貝は大きな滑らかな縁の鋭い貝であった。土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差してきらきらした。湿った土の匂いもした。穴はしばらくして掘れた。女をその中に入れた。そうして柔らかい土を、上からそっと掛けた。掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が差した。, 「夢十夜」の第一夜は、終始このような感じで、キラキラと綺麗な言葉で飾り立てられた文章で構成されています。, ぜひぜひ皆さまも、漱石が操る美しい日本語に魅了されながら、夢の世界を旅されてみてくださいね。, 当ブログでは「夢十夜」第一夜の他に、第三夜も紹介しておりますので、こちらもよろしければぜひご覧になってみてください!, 「昔の時代の作品でも、今風に読み解けばこんなに面白い!」がコンセプトの「めちゃエモ文学館」を運営しています。主に日本近代文学が好き!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 「昔の時代の作品でも、今風に読み解けばこんなに面白い!」がコンセプトの「めちゃエモ文学館」を運営しています。主に日本近代文学が好き!普段はWebライターをしています。. A.<無造作に>, Q.<自分はこのとき初めて彫刻とはそんなものかと思い出した。>とあるが、「そんなもの」とはどのようなことか?   少しも迷いがなく、どんどん眉や鼻を木をから浮き上がらせていくこと。, Q.<その刀の入れ方がいかにも無遠慮であった。>とあるが、「無遠慮」と同じ表現を抜き出せ。 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。 A.①<真っ白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇の色はむろん赤い。> © 2020 ぶっくらぼ All rights reserved. A.<眼中に我々なしだ。>, Q.運慶の服装が古くさく、わいわい言ってる見物人とはまるで釣り合いがとれない様子なのは、なぜか? ②黒い瞳の中に鮮やかに見えた自分の姿がぼうっと崩れてきた。   女<長いまつ毛の間から涙が頬へ垂れた。>⇔百合<ぽたりと露が落ちた> A.①最後の場面で暁の星が輝いていたところ。暁の星とは金星のこと。金星は英語でVenus(ヴィーナス)といい、「女神」や「美女」を表す。   昔話やうわさ話、評判などを鵜呑みにして信じているから。, Q.<運慶は見物人の評判には委細頓着なく鑿と槌を動かしている。一切振り向きもしない。>とあるが、若い男はこの様子をどう言っているか? お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 学校の課題で夏目漱石の『夢十夜』で読書感想文を書こうと思います。私は特に第一夜の話が好きなのですが、, 夏目漱石の『夢十夜・第六夜』について。 国語の問題プリントにて、 「自分は一番大きいのを選んで、 勢, 高校か中学時代の国語の教科書に載っていたのですが、夏目漱石の「夢十夜」の第5夜か第6夜に運慶が明治の, こころ 夏目漱石について質問です。 「他流試合でもするように」から「そろそろとまた歩きだしました」ま, 夏目漱石の小説「こころ」でKが自殺した理由、そのときにランプをともしたままだった理由、床を敷いたまま, 夏目漱石『こころ』をK目線でリライトしています。Kが自殺したあと、どのように物語を進めるか悩んでいま. 以前から気になっていたので、よろしくお願いします。, この文の前後に「ひとみに自分の姿が写って」という表現があるので、「そこ」は「女のひとみ」でしょう。 A.<運慶は見物人の評判には委細頓着なく鑿と槌を動かしている。一切振り向きもしない。> A.女<真っ白な頬>⇔百合<真っ白>  運慶は、平安末期から鎌倉の仏師といわれていますね。   以上から、百合は女の生まれ変わりだと考えられる。, Q.『第一夜』のどういう点に夢らしい特徴が表れているか? A.どれくらいかわからなくなるほど時が経っていたこと。, Q.<真っ白な百合>はどのようなイメージを持つか?   若い男は冷静に運慶のすごさを判断しているから。, Q.若い男が言った<大自在の妙境に達している。>とはどのようなことか?   ②<赤いまんまでのっと落ちていった。> A.仁王のようなすばらしい芸術作品を作り出すことのできる人物が、明治時代まで現われなかったから(芸術文化はどんどん衰退していっていることを表している)。, Q.「骨が折れる」で短文を作れ。 © 2020 めちゃエモ文学館 All rights reserved.   <透き通るほど深く見えるこの黒目の色沢> 自分は黙って首肯いた。女は静かな調子を一段張り上げて、 女が「百年、私の墓のそばに座って待っていてください。きっと会いに来ますから。」と言って死んだ。 「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っていられますか」 Q.<真っ黒な瞳の奥に、自分の姿が鮮やかに浮かんでいる。>とはどのような様子を表しているか? A.女が自分のことをしっかり見つめているということ。 Q.<ほら、そこに、写ってるじゃありませんか>の「そこ」とは、どこをさすか? A.自分の瞳。 Q.「百年待っていてください。」の「百年」とは、どのような時間か? A.気が遠くなるような長い時間のこと。 Q.<静かな水が動いて映る影を乱したように、>とあるが「静かな水」とは何のことか? A.女の涙のこと。 Q.<星の破片は丸 … ここでは、百合の花びらがとても豊かで、柔らかな感触をしているだろうということを伝えてくれています。, また、女性が死ぬ間際、「自分」が「待っている」と答えたのを確認すると、彼女が涙を流す場面があります。, 最後、百合の花も、どこからともなく落ちてきた滴を受ける、という場面があり、女性と百合との間で、「涙」「滴」という要素が対応しています。, そう、だから「自分」は「百合」の花に口付けた時、「百年」がもう来ていたことを悟ったのですね!, 百年の歳月をかけ、百合の花に姿を変えてまで、約束通り「自分」に逢いに来てくれた……このことから、女性の「自分」への深い愛がとてもよく伝わってきます。, 女はぱっちりと眼を開けた。大きな潤のある眼で、長い睫に包まれた中は、ただ一面に真黒であった。その真黒な眸の奥に、自分の姿が鮮やかに浮かんでいる。 「じゃ、私の顔が見えるかいと一心に聞くと、見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って見せた。」  つまり、明治時代には文明開化として外国の文化が選別される事なくどんどんはいってきました。それは逆にもともとの日本文化の衰退を意味し、そういった状況を当時の文化人(漱石もそのひとり)はとても嘆いていました。 A.家を出るやいなや、雨が降ってきた。 夢の中とはいえ、鎌倉の仏師である運慶が明治時代にでてきたということは、運慶を日本文化の一つの象徴として漱石がとらえているということでしょう。  つまり、明治時代には文明開化として外国の文化が選別される事なくどんどんはいってきました。それは逆にもともとの日本文化の衰退を意味し、そういった状況を当時の文化人(漱石もそのひとり)はとても嘆いていました。  「自分」は百年が過ぎたことを知った。, Q.<真っ黒な瞳の奥に、自分の姿が鮮やかに浮かんでいる。>とはどのような様子を表しているか? 「百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから」 A.気が遠くなるような長い時間のこと。, Q.<静かな水が動いて映る影を乱したように、>とあるが「静かな水」とは何のことか?   女の肌と同じく、真っ白だったから。, Q.「女」と「百合」の描かれ方を比較し、両者にどのようなつながりがあるか述べよ。  現代文の授業でも扱われた『山月記』の始まりを引用します。, <隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。>, (なんだなんだ)と考える間もなく、中国の、それも大昔の時代へ中島敦は読者を連れて行きます。このような語り口を、『夢十夜』の「第六夜」の書き出しを見て私は思い出しました。, さて『夢十夜』の「第六夜」は、夢の話らしく、とても奇妙な状況が起きています。鎌倉時代の人であるはずの運慶が、明治時代に現れて木を彫刻しています。しかも、無言で。, 私は最初、ジョークとか、笑いを狙った小説かと思いました。じっさい夏目漱石は『吾輩は猫である』など、笑える楽しい小説を書いています。だから「第六夜」もその種類の作品かなと考えたのです。しかし最後まで読んでみるとそうではないことがわかりました。これは、たぶん悲しい物語です。, 「自分」は運慶の仕事っぷりを見て、「誰にでもできることではないか」と思いはじめ、家に帰って薪を掘ります。でも、いくら彫っても運慶のように見事な仁王像は出来上がりません。「自分」はその理由を「明治の木にはとうてい仁王は埋まっていない」からと悟ります。, 矛盾した命題のように思えますが、「木」を「明治の木」に書き換えると理解が進みます。, 運慶と「自分」の最大の違いは「時代」です。鎌倉時代と明治時代の時間差です。その時間差こそが、「自分」が仁王を彫れなかった最大の理由に繋がると私は考えます。, 仁王像を作ることのできる人物も、木も、明治の時代には失われてしまった。『夢十夜』の「第六夜」はそんな「自分」の悲しみの物語です。私たちは「自分」が明治時代で鎌倉時代との時間差を感じたように、「第六夜」の書き出しによって、平成時代と明治時代の時間差を感じます。二重の意味で時間差を感じることになるのです。, だからこの小説は、時間が経てば経つほど、その深みが増していく、まるでワインのような作品だと思いました。. 回答お願いします。, 夏目漱石の夢十夜を読んでいるのですが、第六夜で、なぜ運慶が明治時代に出てきたのかがよくわかりません。あと、「鎌倉時代と思われる」というところは、運慶が鎌倉時代のひとだからでしょうか?教えてください。, こんにちは A.明治の木には仁王が埋まっていなかったから。, Q.<運慶が今日まで生きている理由もほぼわかった。>とあるが、その理由とは? A.「鎌倉時代に生きていたはずの運慶が、明治時代にいて仁王を彫っている」という夢の中の光景だから。, Q.運慶がどんな人物かわかる部分を抜き出し、彼の性格を説明せよ。 A.女の<輪郭の柔らかなうりざね顔>のイメージ。, Q.<やわらかい土を、上からそっとかけた>のは、どのような気持ちからか? A.女が生きていたころの「真っ白な頬」と重なるイメージを持つ。, Q.<真っ白な百合が鼻の先で骨にこたえるほど匂った。>の「骨にこたえるほど」とは、どういうことか? A.彫刻とは眉や鼻を鑿で作るものではなく、眉や鼻が木の中に埋まっているものを、鑿と槌の力で掘り出すものだということ。, Q.自分が彫り始めたとき<仁王は見当たらなかった>のはなぜか?   風呂掃除は骨が折れる。, Q.「……やいなや……」で短文を作れ。 A.運慶は見物人がいないかのように一生懸命彫っている。見物人は無視されているので良い気持ちにならないはずだが、「あっぱれだ。」と逆に運慶の彫刻に対する態度を絶賛しているから。  それを見物していた「自分」は自分も彫ってみたくなって家に帰るが、仁王を彫ることはできなかった。, Q.「第六夜」は文中に「夢」という言葉が出てこないのに、夢のことだとわかるのはなぜか?(どういう点に夢らしい特徴が表れているか?) A.国語の課題は骨が折れるが、やらなければならない。 「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。 ただ、「そこに、写っている」と言う女は、すでに自身の体を離れて、主人公と並んで女自身の顔をのぞいているのではないでしょうか。 自分はただ待っていると答えた。, 「自分」は、今わの際の女性に、「いつ逢いに来るかね」と訊き、「待っていられますか」と尋ねられれば黙って頷き、百年の歳月を再会の条件にされても、「ただ待っていると答えた」のです。, 途方もない月日を重ねても、「自分」もまた、女性と再び逢いたかったのだということが如実に伝わってきますね。, また、物語の最後には、ただ彼女を待ち続ける「自分」の目の前で、白い百合が花を咲かせました。, 人間という生き物から、花という植物に姿を変えても、きちんと「自分」との約束を守り、再会を果たしてくれたというところが、女性から「自分」への、何よりの愛ではないかなと思います。, 表現技法、といっても、何も難しいことはありません。  運慶は無心に日本の文化を深めていったが、その精神、おおもと...続きを読む, 夏目漱石の夢十夜の第一夜に次の一節があります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まず、語り手である「自分」から女性へ向けられた愛について焦点を当てて考えてみましょう!, 「死んだら、埋めて下さい。(略)また逢いに来ますから」  中島敦です。  運慶は、平安末期から鎌倉の仏師といわれていますね。 A.思いを込めて、心を込めて丁重に女の墓を作ろうという気持ち。, Q.星の破片を<抱き上げて土の上へ置くうちに、自分の胸と手が少し暖かくなった。>のはなぜか? A.自分の瞳。, Q.「百年待っていてください。」の「百年」とは、どのような時間か? A.好き勝手に感想を述べたり、適当なことを言ったりするような人々。, Q.<自分はこの言葉をおもしろいと思った>のはなぜか? それで、主人公は「女は死ぬんだな」と思ったのだと思うのですが。 夢の中とはいえ、鎌倉の仏師である運慶が明治時代にでてきたということは、運慶を日本文化の一つの象徴として漱石がとらえているということでしょう。 (青空文庫で読んできたばかりですが), ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 夏目漱石が書いた Q.自分が<どうも不思議なことがあるものだ>と考えた理由は?   女<静かな調子>⇔百合<ふらふらと動いた>  (本当の日本の精神は一番この時代のものに残っているということ) A.女が自分のことをしっかり見つめているということ。, Q.<ほら、そこに、写ってるじゃありませんか>の「そこ」とは、どこをさすか?   ③真珠貝で穴を掘ったり、そのとき月光がきらきらしたり、幻想的な雰囲気であること。, Q.「第一夜」から色彩表現を抜き出し、それぞれのはたらきや効果について述べよ。