Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2020 All Rights Reserved. chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, 大学のレポートの正しい書き方が分からずに悩んでいませんか?当記事では、大学の正しい書き方講座をお送りします。レポートの良い例と悪い例、誰でも書けるコツや注意点についても学べますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。, 大学のレポートは、まず問いと答えを用意して書く書き方が基本です。問いとは言い換えれば「テーマ」、答えとは「結論」に当たります。いきなり何も考えずに書き出しから書くことはおすすめできません。, 書き出しで問いであるテーマをまず設定し、最終的な答えである結論を導き出す目的で証拠や根拠、推論などを行う構成にします。まずは自分の興味のある分野からテーマを設定し、答えを仮説的に立てましょう。, PREP法を用いて書く、というのも大切な書き方の一つです。PREP法とは、結論、理由、具体例、まとめの手順を追って書いていく書き方を指します。PREP法を用いると、読み手にも伝わりやすく、書き手にとっても書きやすい文章の構成ができます。PREP法の具体例を以下に示しておきます。, 大学のレポ―トは、序論・本論・結論を意識して書きます。序論は、書き出し部分を指します。書き出し部分の序論によって、レポートの中心部分である本文を読者がスムーズに読めるようになります。レポートの書き出し部分を序論なしで、本論から始めるのは避けましょう。, レポート本論には、書き出しの序論で提示した問いに対する答えを支える根拠を書いていきます。レポートの一番大事な部分です。最後に、結論でレポート全体のまとめを簡潔に書きます。それぞれの項目と手順を意識して書くと書きやすいでしょう。, 具体例が多いが多いレポートは、良い例と言えます。レポートの中に具体例が少なく、抽象的な表現ばかりが明記されていると、読み手は書き手の言いたいことを理解するのが困難になります。できるだけ実生活や自分の経験に即した例を盛り込んだ構成にしましょう。具体例の書き方の例を以下に示します。, 良いレポートには、自分の主張がしっかり書かれているという特徴があります。レポートの最終的な目的は、読み手に自分の主張を理解・納得してもらうことです。この目的に反し、自分の主張が曖昧にされているレポートは良いものとは言えません。下記のように、しっかり自分の主張を明記して良いレポートを目指しましょう。, 句読点の使用に一貫性がある、というのも良いレポートの特徴です。レポート内の表現には、その構成上、文章が長くならざるを得ないものもあります。この場合、適度なところで句読点を打つ必要が出てきます。, レポート内で句読点を使用する場合、適当に句読点を打つのではなく、意味の区切りごとに適当な部分で打つようにしましょう。そして、それをレポート最後まで繰り返し、一貫性を持たせる必要があります。句読点に一貫性を持たせ、レポートを読み手にとって読みやすくするのが良いレポートの例と言えます。, 客観的データの不足しているレポートは、悪いレポートの代表例です。自分で行ったアンケートや実験の結果・分析があれば明記しましょう。ない場合は、参考文献から自分の主張の根拠になるような部分を引用し、客観的データとします。, 先述の通り、しっかり自分の主張を行うことが大切ですが、客観的なデータで根拠が示されている必要があります。客観的データが全くない主張を記したレポートは、悪い例とされてしまうので、注意が必要です。, 同じ助詞・文末表現が繰り返されるレポートも、悪い例と言えます。例えば、「また」、「そして」、「しかし」などの助詞を、連続する文章で繰り返し使用することは避けます。, レポート全体の口調を「です・ます調」、「だ調」で統一することは大切です。しかし、例えば連続する文章で文末を「です」のみを使用すると、リズムの悪い文章になり、読みにくくなります。出来上がった文章を音読し、リズムの悪い箇所がないか何度かチェックしてみましょう。, 抽象的な表現が多いレポートも悪いレポートの例と言えます。例えば、「かなり」、「とても」、「非常に」などの抽象的な表現はできるだけ避けましょう。できるだけ数値化されたデータを用いて表現するように努めてください。, 大学のレポートでは、専門語や略語を多用しないのがコツです。やむを得ず使用する場合は、読み手に何か分かるよう、注意書きを添えるようにします。, レポートは、読み手にとって読みやすいものであることが基本です。せっかく良い主張をしていても、専門語・略語の多様で読みにくいと最後まで読んでもらえません。横文字もできるだけ日本語に直すなどのコツを活用しましょう。, 言い切り表現にする、というのも良いレポートにするためのコツです。例えば、「~だと思われる」、「~だと言えるだろう」などの表現は、言い切り表現になっていません。この形だと読み手に自分の主張を上手く印象付けることができなくなります。, 根拠が少ない主張に対しては難しいですが、ある程度根拠がある主張には言い切り表現を使用するようにしてください。初めは難しいかもしれませんが、コツを掴むと上手な書き方をできるようになります。, レポート内で、主語をはっきりさせて書くのもコツの一つです。日本語は、言語の特徴として主語が抜けやすいという特徴があります。しかし、大学のレポートでは主語が抜けた書き方は正しいものとは言えません。, 誰について、または何について話しているのか、誰が動作の主体なのかなどをはっきりさせ、主語をはっきりさせた形で書きましょう。, 大学のレポートの正しい書き方を実践するために、まず大学の公式情報をチェックします。大学の公式ホームページや大学内の掲示板で、レポートのテーマや構成、まとめ方に詳しく言及した情報が発表されることがほとんどです。, まずはそれを自分で確認してから、レポートを書くことをおすすめします。それでも不安な場合は、同じゼミの友達や先輩に詳細を聞いてみることも役立つでしょう。基本的な手順をしっかり踏んで取り組むようにしましょう。, レポート内では事実と主張は分けて書く、というのも大切な注意点です。客観的データに基づくものは事実、自分の考えや意見は主張です。レポ―ト内では、両者を混同して書くことはできません。, 特に、自分の考え・意見をあたかも事実のように主張してしまうと悪いレポートになってしまいます。書き出し部分からこの点には十分注意して書き進めてください。, レポートの誤字脱字を必ずチェックしましょう。出来上がったレポートを改めて読み直してみると、意外と誤字脱字が多くあることに気づくはずです。自分で一度チェックした後、友人や家族にチェックしてもらうことも役立ちます。, 以上までで、大学のレポートの正しい書き方や良い例・悪い例について解説してきました。ここからは、番外編として大学のレポートの正しい構成について分かりやすくまとめていきます。ぜひ大学レポート作成手順の参考にしてください。, レポートには、まず表紙・タイトルを付けます。表紙には授業名、学部、年次、学籍番号、氏名、レポートの作成日を明記します。タイトルは、自分のレポートを内容を簡潔にまとめた、読者の興味を引くものを採用します。, 次に、序論・本論・結論という構成にします。手順としてはまず序論で問いと答えを立て、本論で根拠を示しながら考察をし、結論でまとめを書きます。書き出し部分を含めた全ての構成内で、内容がレポートテーマに沿っていて一貫性があるようにまとめるのがコツです。, 最後に、参考文献を明記しましょう。自分のレポート内で引用したり、参考にしたりした文献を全て明記するようにしてみてください。, 下記関連記事では、レポート作成手順の中でも意外と重要なレポート参考文献の書き方を分かりやすくまとめています。せっかく頑張って書いたレポートが再提出にならないためにも、コツと手順を詳しく知りたい方はぜひチェックしてみましょう。. 必ず、担当教員、或いは指導員と相談するのです。例え、仲が悪くとも。, そりゃまぁ、普通は教員と相談しながら進めるものですから、相談もなしに急に「体裁を整えたレポート」出てきたら不審に思いますよね。 「実験レポートが終わらない…」理系大学生はレポートが大量にあり、特に化学実験のレポートなど、とてもキツイですよね…。今回は、レポートを・適当に早く終わらせる方法・しっかりと早く終わらせる方法の2通りに分けてお伝えします! 投稿日:2020年4月11日 更新日:2020年7月12日, 誤解を恐れずに言えば、学部生のレポートを真面目に評価する教員は非常に稀です。研究室や院生のレポートならまだしも、一般教養の講義ならば機械的に評価をしている教員の方が圧倒的に多い。, そのため、次の3つのポイントさえ抑えれば、比較的簡単に高評価を得ることが出来るのです。, 教員も人間なのです。礼儀正しい学生は優遇するし、タメ口で話しかけてくる学生は疎ましい。同じように、しわくちゃで汚れているレポートなんて評価する気にもならないのです。, 教員に「必要ない」と指定されない限りは必ず付けてください。データ提出の際も同じです。, ホチキスの位置にこだわりがある教員もいますが、原則は「左上」で問題ありません。もし、別の場所を指定されたのなら、教員に従うのが正解。, また、針なしステープラーは便利ですが、あまり良い気はしない。クリップはまだ"あり"。, 稀に、レポートの角を折り込んでいる学生もいますが、それをするくらいならば各ページに名前を書いた方が良い。, また、レポートに限らず、書類関連は「クリアファイル」に入れて持ち運ぶ習慣を身につけておいた方が良い。, それほど効果がないようにも見えますが、クリアファイルに入れておけば大惨事になることはほとんどありません。, 誤解を恐れずに言えば、参考文献は多ければ多いほど「真面目に書いたんだな…」という印象を持ちます。反対に、参考文献が全くないレポートの評価は低くなりがちです。, そのため、仮に何も読んでいなくとも、キーワードをアマゾンで検索して関連書籍を1つ2つ書いておくと良い。, ここで文字通り「現代の大学教育」に関して書くのはNG。いや、絶対にダメな訳ではないのですが「1時間で90点」を目指すのならば避けた方が良い。, この中に「就活」「奨学金」「留年」…と全てのトピックを語ることが出来るでしょうか?仮に出来たとしても、全ての項目で上辺だけを説明した劣化版ウィキペディアみたいになりがち。, 理由は非常にシンプルで「調べることが少なくて済む」からです。いくつもの文献やウェブサイトを見る必要はありません。「奨学金」なら奨学金だけを調べ、「留年」なら留年だけを調べれば良い。, だけだったら、具体的に何について書いてあるか分からない。もちろん、しっかり読み込めば分かるでしょうが、何十人何百人ものレポートを評価する教員が、そんな手間をかけてくれると思ってはいけません。, そうすることによって、レポートの分かりやすさは飛躍的に向上します。もし、勝手にタイトルを変更することが気になるのであれば、タイトルの下にレポート課題を小さく明記しておけば問題ありません。, 具体的な文字数は決まっていませんが、全体の10%〜25%ほどを使うと上手くまとまります。, 大学の就職予備校化が問題になっている。本来は「学術研究機関」或いは「高等教育機関」である大学が就職のための準備機関でしかなくなっているというのだ。ただ、現役学生の観点から見ると、この指摘は正しくない。正確に言えば、「文系学部は就職予備校化しているが、理系学部は学問に打ち込んでいる」のだ。では、なぜ文理でこれほどまでに差が生まれるのか。どうすれば、文系学部生も学問に打ち込めるのか。, 本論はレポートの主役のため、全体の60%〜80%を使ってしっかりと書き込んでいきます。, キーワードは「新卒一括採用」だ。日本における就職はいまだに「新卒一括採用」が根強く、新卒時点で就職に成功しなければ後のキャリアプランに躓いてしまう。そのため、大学生は在学中に新卒就活に向けた行動を起こさざるを得ない。これが「就職予備校化」の根本的な原因だ。