大正漢方胃腸薬 . 大阪の銀行が製作したドラマ仕立てのcmで、内容としては母に反発する娘が、偶然知り合った銀行マンとの関わりを通して、親子の絆を再確認していく…といったものである。 コパトーン「広告ギャラリー」へ. 株式会社大正銀行(たいしょうぎんこう)は、大阪府大阪市に本店を置いていた第二地方銀行。トモニホールディングスの完全子会社。2020年1月1日に徳島銀行と合併し、徳島大正銀行となった。, 旧・三和銀行の親密地銀であり、トモニホールディングス傘下となる前は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の持分法適用関連会社であった。このような経緯から、近年では社長(頭取)に生え抜きの人材ではなく三菱UFJ銀行出身者(特に旧三和銀、旧UFJ出身者)を迎え充てており、前社長の能島伸夫(カブドットコム証券会長)、現頭取の吉田雅昭(前・三菱UFJファクター会長)はともに同行出身者である。また三和グループに属する企業によって設立されたみどり会の会員企業でもある[1]。, 行名は大正時代の創業であることと、「大きく、そして正しく伸びていきたい」という姿勢からきている。, 2015年10月1日、京都府下において37年ぶりの新店舗である京都支店(下京区)を開設[2]。京都府内、滋賀県の不動産業者向け融資を強化していくとしている[2][註釈 1]。, 2016年4月1日、香川銀行と徳島銀行を傘下に持つトモニホールディングスと経営統合した[3][4]。また、3行間で合併を含む将来的な再編を協議することでも合意したと発表している[5][註釈 2]。, 2018年2月27日、髙木証券と投資信託の販売で業務委託契約を締結する[7][8]。これにより、髙木証券が運営する投資信託の販売網を通じ、当行の顧客に運用提案や商品を提供する[註釈 3][註釈 4][註釈 5][7][8]。, 2018年3月12日、徳島銀行と2019年秋までに合併することが発表された[9][註釈 6]。これについて、合併はコスト改善効果が大きく、また徳島銀行の強みである事業性融資や中小企業取引及び当行の強みである住宅・不動産分野について、ノウハウ共有を一段と進めることが目的であるとトモニホールディングス社長の遠山誠司は明かしている[9][註釈 7]。また、徳島銀行と香川銀行は地元の資金需要が鈍いものの規模は比較的大きく、一方で当行頭取の吉田雅昭によれば「不動産中心で資金需要はあるものの小規模で限りがある」点が課題であり、「徳島銀行と合併すれば潤沢な資金をよりいかせる」というメリットも期待されている[9][註釈 8][註釈 9]。, 2018年8月10日、徳島銀行との合併をシステム統合の安全性を考慮し、2020年1月1日付とすることを取締役会において決議したことを公表[13][14][15][16]。合併計画の変更と合わせて合併後の新銀行名を「徳島大正銀行」とし、また、新銀行の本店所在地は現在の徳島銀行本店とすること及び合併後のシステムは公表日時点で徳島銀行が用いているものに統合することも公表した[13][16], 徳島大正銀行の発足により、最盛期には6行あった大阪府内の第二地方銀行(近畿銀行、なにわ銀行、幸福銀行、福徳銀行、関西銀行、大正銀行)が全て消滅した。そのため、近畿地方に残る第二地方銀行は神戸市に本店を置くみなと銀行のみとなった[註釈 10]。, インターネットバンキングは第二地方銀行のうちで最後まで未提供だったが、法人向けについては2006年(平成18年)1月16日より提供を開始した。個人向けについては2006年(平成18年)6月に開始している。地方銀行で唯一デビットカード(J-Debit)サービスを取り扱っていない。, ATMでの預金引出し・預入れ取引については、トモニホールディングス傘下の香川銀行・徳島銀行だけでなく、三菱UFJ銀行とも相互に無料提携を行っている(大正銀行ATMでの三菱UFJ銀行の預金預入れ取引は対象外)。, (旧)泉州銀行[19]と鳥取銀行とともに「BCS共同利用型基幹システム」を採用していた。ただし、前述の2行ともNTTデータ地銀共同センターにリプレースしているため、2012年5月6日以降は大正銀単独の稼働となっていた。, 2013年6月、日立製作所による地域金融機関向け共同アウトソーシングサービスのNEXTBASEへリプレースする方針であることが発表され[20]、2015年1月4日に稼働を開始した[21]。, 当行では京都支店だけで2018年3月末までの2年半に貸出金150億円を目指すとしており、それに向けて法人営業担当者だけで6人を配置した, トモニホールディングスが大正銀行を買収した理由として、徳島銀行及び香川銀行はいずれも大阪地区に関わる取引先や案件を多く抱えるが、同地区の両行店舗は13にとどまっており、急拡大が必要であった, これによりこれまで当行では約40本しかなかった投資信託のラインナップを、髙木証券の取り扱う約1,800本にまで拡大することとなった, 当行では今後5年間で100億円の投信販売を目指すとしているほか、頭取の吉田雅昭は「今まで以上に適切な顧客ニーズを満たせるようになる」と, また、3月5日からは髙木証券が展開する投資信託販売専門の「投信の窓口」のサービスを当行の本店と京都支店でも開始した, 特にコスト改善については徳島銀行と既に同一のシステムを有していることから、事務効率化等も期待できると, 『大正銀顧客に投資信託販売、高木証券が契約』(日本経済新聞 2018年2月28日朝刊7頁), http://www.sankei.com/west/news/151002/wst1510020026-n1.html, http://www.nikkei.com/article/DGXLASHD10H2D_Q5A410C1000000/?dg=1, http://www.sankei.com/west/news/160401/wst1604010055-n1.html, http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041001001986.html, https://mainichi.jp/articles/20180313/ddl/k36/020/481000c, https://www.iwate-np.co.jp/article/kyodo/2018/3/12/10695, http://www.taishobank.co.jp/inc/pdf/upload/news/news_354_20151218_6447.pdf, http://www.tomony-hd.co.jp/news/doc/news_16033101.pdf, “大正銀行が次期基幹系システムとして日立の地域金融機関向け共同アウトソーシングサービス「NEXTBASE」の採用を決定”, http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2013/06/0621.html, “大正銀行が日立の地域金融機関向け共同アウトソーシングサービス「NEXTBASE」を活用し、新基幹系システムを稼働開始”, http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2015/01/0105.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大正銀行&oldid=78034379, この項目では、2019年まで存在した銀行について説明しています。過去に同名を名乗った銀行については「.