また、天体写真やPhotoshopを始めたばかりの初級者には少し難しいかもしれませんが、beforeからafterの全てのプロセスを画面で追うことができるため、天体写真特有の処理を学ぶ上でよい教材になる … 画面8.最終処理後画像 まとめ /* 160x600, ì¬Ï‚Ý 08/05/21 */ google_ad_width = 160; Hello. /* 468x60, ì¬Ï‚Ý 08/09/11 */ ご注意) google_ad_width = 160; ところが、全ての強調処理にはそれぞれの「副作用」があります。左が「明るさの最小値」の適用後、右が適用前。 画像処理の際には、シャープネスを上げる処理をはじめとした様々な操作を行います。 ここでは、各セクションでまとめきれなかった、天体観望、天体写真に関する小技を紹介します。何かのヒントになれば幸いです。 星マスク・星雲マスクの作り方. この動画のテーマは「星雲のあぶり出し方法」。淡い星雲をどのようにすれば強調できるのか。そのとき発生するさまざまな副作用をどのようにすれば回避・軽減できるのか。 レンズ:SIGMA DC 17-70mm F2.8-4 MACRO HSM. You should try miftolo’s tools, ※メールアドレスは公開されません。※Gravatarでアイコンを登録するとコメント欄に表示されます。, 1992年、埼玉県生まれ。1994年に長野に引っ越したため長野育ち。2007年、日本装飾美術学校に入学。4年間、木工や金属加工、デザインを学び、2010年卒業。2011年、Motoraji の活動をはじめる。, ブレードランナーとNEX-5N、ベテルギウスとハッブル宇宙望遠鏡 | Delirious New York Diary, 美しい夜空に加工するエフェクトチュートリアル30選 | NESTonline Blog. Raw画像をPhotoshopに放り込むとCameraRawという現像プラグイン … 上が題材画像のBefore状態。 画像処理の際には、シャープネスを上げる処理をはじめとした様々な操作を行います。 きらくにいこうぜぇ。^^, 世間様では DeNoise AI ってのが流行りらしいですぜ 今回は、その画像処理のテクニックを動画で解説した商品のご紹介です。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); Copyright © Reflexions Media All Rights Reserved. この記事は「Photoshopをはじめて使う人が、自分で撮った写真を加工できるようになる」までを目標とした全5回の超初心者向けPhotoshop講座の第1回目です。今回はPhotoshopに関する基本設定について。初心者ではない方も、おさらいのつもりで確認してみてください。 google_ad_client = "pub-2929211642249980"; Photoshop Elementsではじめる天体写真のレタッチテクニック. 強調による「副作用」とその対策 他にも、「ハイパス(ローカルコントラスト)」「レイヤー」「スポイト」「アンカー」「クリッピングマスク」「グループ化によるBefore/Afterの素早い切替」など、初級者にとって文字情報だけではなかなか身につけにくいPhotoshopの小技が画面で実演されているので、中級以上の方にも新たな気づきがあるかもしれません。 The new posts are high quality //-->, Photoshop Elements‚Å‚Í‚¶‚ß‚é“V‘̎ʐ^‚̃Œƒ^ƒbƒ`ƒeƒNƒjƒbƒN. また、天体写真やPhotoshopを始めたばかりの初級者には少し難しいかもしれませんが、beforeからafterの全てのプロセスを画面で追うことができるため、天体写真特有の処理を学ぶ上でよい教材になることでしょう。 But did you know that there is a tool that allows you to create new posts using existing content (from article directories or other blogs from your niche)? 画面5.「明るさの最小値」による副作用 /* 160x600, ì¬Ï‚Ý 08/05/21 */ 製品紹介・stores.jpの販売ページ 画像処理はまず慣れることが第一です。 画像処理の流れが分かってきて、天体写真の処理にある程度慣れてから「なぜそうなるのか?」と考えていけば、 よりよい処理方法を生み出せるのではないでしょうか。 最初から欲張ってしまうと大変です。 ここまでで30分弱の解説動画の1/3。 And it does it very well. これにより、微光星は背景に埋もれて消え、中間輝星はエッジが削られサイズが小さくなります。 この画像を様々なテクニックを駆使してあぶり出してゆきます。 あぶり出しの基本 製品概要:星雲のあぶり出し方法 ‚½‚¾“à—e“I‚ɂ́A–ڐV‚µ‚¢‚Æ‚±‚ë‚͏­‚È‚¢‚̂ŁA“V‘ÌŽB‰e‚ÉŠµ‚ꂽ•û‚É‚Í•¨‘«‚è‚È‚¢“à—e‚©‚à‚µ‚ê‚Ü‚¹‚ñB, , . このフィルターの働きは、おおざっぱに言うと「隣接する一定範囲の画素を、一番暗い画素に合わせて暗くする」こと。 天体写真の色々から始めて、機材のこと、撮影の準備と撮影の実践とお話しして きて、今回が画像処理についてです。 惑星撮影と画像処理、パソコンを使った自動化などは別の機会にお話しできれば と思い … 天体写真の基本的な画像処理の方法について、まとめている解説本です。 豊富な作例写真が載っているので、天体写真の画像処理が初めての方でも感覚的にわかりやすい構成になっています。 たくさんの方が、いつか撮ってみたいと思っている、星空の写真。星空といっても、月のような小さくて明るいものもあれば、星座のような暗めの星空もあります。最近のデジタルカメラでは、比較的簡単に、星空の写真を撮ることができるようになりましたが、なかなか見栄えのする仕上がりにするのは大変。そんなときに欠かせないのが、Photoshopシリーズを使った画像調整です。といっても、そんなに難しいものではなく、Camera RawやLightroomの基本的な機能を使うだけでも、見違えるほど見栄えのする仕上がりになります。とくに、2016年11月14日は満月。しかも、今年の満月のなかで、一番大きく見える「スーパームーン」になります。これを機会に、月の写真をはじめとした、星空の写真を楽しんでみませんか?, このチュートリアルで学習できる機能やサービス:Adobe Bridge、Camera Raw、かすみの除去、レンズプロファイル, 一番身近な天体である「月」。けれど、実際に撮ってみると、意外なほど小さく写るので、がっかりする人も多いですね。そこでオススメしたいのが、手軽な望遠鏡や双眼鏡などを、スマートフォンで覗いて撮影する方法です。, これらを守って撮影すれば、意外に簡単に、月を撮影することができます。しかし、所詮簡易的な撮影方法ですので、あまりクッキリと、シャープな写りになりにくいもの。そこで、Photoshopの出番となるわけです。もちろん、大半のスマートフォンは、JPEGデータでの記録になりますが、それを元に画像を調整しても、思いの外、きれいに仕上がるもの。また、もし、RAWデータで撮れるモデルをお持ちでしたら、RAWデータで撮影したほうが、調整時の自由度が飛躍的に広がるため、よりクォリティーの高いものに仕上がります。, ここでは、入門用の望遠鏡を使って、iPhone6で撮影したJPEGデータを使って、その基本的な処理方法を紹介します。基本的な工程は3つ。, 具体的な内容は、処理紹介に譲るが、大まかに、この工程で調整をすれば、撮ったままのオリジナルデータから想像もできないほど、クリアでシャープな写真を作ることができます。, JPEGデータをCamera Rawで調整するため、Bridgeを使って、JPEGデータを開く。, 望遠鏡の色にじみなどを軽減するため、「彩度」を-100に設定。彩度のないRGBデータにする。, 秋から冬にかけては、空気が澄んで、星がキレイに見える季節。オリオン座などに代表される冬の星座は、明るい星が多く、とても見栄えがする写真になります。とはいえ、星の写真を撮るのは、普通の写真よりも、遙かにハードルが高いもの。しかも、なかなかキレイに写らないものでもあります。ここでは、もっとも簡単に星座や天の川を撮影する方法と、その調整方法について紹介します。, 星空の撮り方といっても、かなり奥が深い世界で、それだけで本が一冊書けてしまうほど。さすがに、スマートフォンではよく写りませんし、コンパクトカメラでも、難しいもの。そのため、ここでは、一眼レフやミラーレスカメラと三脚を使った、一番簡単な方法を紹介します。, 実際には、空の条件(明るさ)、使用するカメラやレンズによって、写りは千差万別。そのため、いろいろな条件で撮影してみることを強くオススメする。, 星空の写真は、とにかくどのように写るか、撮ってみないとわからない。そのため、実際には、Photoshopで調整するテクニックなどにも、決まりはない。ここでは、空が暗めの場所で、夏場に撮影した天の川のデータを例に、その基本を紹介したい。このカットは、信州の市街地で撮影したもの。ミラーレスカメラに明るいレンズを装着して、三脚に固定。レンズはF1.4と明るいもので、感度ISO1600で、8秒くらいの露出時間で撮影したRAWデータだ。基本的な工程は3つ。, 具体的な内容は、処理紹介に譲るが、ある程度、条件のいい場所で撮影した場合は、Camera Rawでの調整だけでも十分鑑賞に堪える作品に仕上げることができる。さらに、Photoshop上でレイヤーを使って、強調処理をすれば、より見栄えのするものにすることもできるが、レイヤーの基本などを知っておく必要があるので、中級者向けテクニックという感じになる。そして、空のムラを軽減する処理は、上級者向けであり、データごとに微調整が必要になるため、ある程度経験を積んでから、必要に応じて適用してみて欲しい。, 「レンズ補正」メニューで、使用レンズの補正プロファイルを読み込み、周辺光量補正などを施す。, Photoshopに読み込み、レイヤーを使用。コントラストを高めるため、読み込んだデータ自身のコピーを作りレイヤーを作成。, バックの空の明るさにムラがあるので、それを軽減するため、処理したデータのコピーでレイヤーを作成し、そのレイヤーを「ぼかし(ガウス)」で200ピクセルぼかす。, レイヤーの演算を「差の絶対値」にし、画像を見ながら不透明度を調整。不自然にならないレベルにするのがポイント。それでも、右下の街明かりは補正しきれなかった。, 動画で作り方をしっかりと確認し、実践したい方におすすめ。チュートリアル記載以外のテクニックやTipsもわかりやすく解説しており、より深く学ぶことができます。, 1961年横浜生まれ。18歳からフリーランスのフォトグラファーに。1983年よりカメラ専門誌に執筆。1999年よりデジタルカメラ情報サイト「Digitalcamera.jp」運営。作品展開催多数。写真教室展開中。PhotoshopはVer.2.0から愛用中, Creative Cloudでは、Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのセット、全ての製品・サービスのみが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。学生や教職員の皆様はお得な学割プランをご利用ください。, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, Photoshopシリーズを使って画像調整すれば、天体写真を見違えるほど見栄えのする仕上がりにできます。これを機会に、月の写真をはじめとした、星空の写真を楽しんでみませんか?, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية, 覗き込むレンズ(アイピースといいます)のレンズの中心と、スマートフォンのレンズの中心を、できるだけ正確に合わせること。, スマートフォンのタッチ機能や明るさ調整機能を使って、露出オーバーにならないように注意し、何枚も撮影すること。, できるだけ、周囲が暗く、星空がきれいに見える、場所と天候を選ぶ。月の出ていない日を選ぶのがポイント。できれば星座の形などを調べておきたい。, ピントは、明るい星でオートフォーカスであわせるか、面倒でもマニュアルフォーカスに切り替えたい。, ブレを最小限に抑えるため、セルフタイマーか、WiFiアプリでスマートフォンでシャッターを切る。, 露出モードは、プログラムAEでまず撮影してみる。自分で設定する場合は、ISO感度はISO1600前後がひとつの目安。レンズの絞りは、開放(一番明るい状態。数字が一番小さい)が基本, とにかく、撮った画像をカメラで再生してみて、写りをチェックしながら、いろいろ撮影してみる。実際には、空の条件(明るさ)、使用するカメラやレンズによって、写りは千差万別。そのため、いろいろな条件で撮影してみることを強くオススメする。.