奪三振率が低いピッチャーほど、バッターに打たせてアウトを取るようなピッチャーとされます。, 唯一1人だけ、奪三振率が9.28なので、計算上、1イニングに必ず1個以上は奪三振を記録. 441奪三振:c・ラドボーン 1884年:グレイズ; 2: 417奪三振:c・バフィントン 1884年:ブレーブス; 3: 383奪三振:n・ライアン 通算5714奪三振 1973年:アストロズ; 4: 382奪三振:s・コーファックス 1965年:ドジャース; 5: 372奪三振:r・ジョンソン 通算4875奪三振

ピッチャーをしている人にとって、三振がたくさん取れるピッチャーは憧れだと思います。, メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手やテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手は、メジャーリーグの中でも、奪三振率の高いピッチャーとして有名です。, 今回は、その「奪三振率の意味や計算方法や歴代通算ランキング」をお伝えしていきたいと思います。, ですので、投球回数を上回る奪三振を記録すれば、奪三振率が9以上になることになります。, 奪三振率は、ピッチャーの能力を測る指標であり、この奪三振率が高いピッチャーほど、自力で打ち取ることができるピッチャーとされます。, また、奪三振率が低いピッチャーほど、バッターに打たせてアウトを取るようなピッチャーとされます。, バットに当てることすら難しい決め球の変化球をもっているピッチャーほど、奪三振率が高い傾向にあります。, 例えば、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手は、メジャー屈指の奪三振率を誇りますが、, ダルビッシュ有投手は、決め球としての変化球が多彩ですが、その中でもスライダーとスプリットを決め球として、たくさんの三振を奪っています。, また、トミー・ジョン手術からの復帰後は、ストレートが力強くなり、160キロ近いストレートで三振を奪うことも増えています。, 1度9イニングに換算した上で、それに投げた投球回数で割ることで、算出することになります。, 奪三振率が高いということは、ピッチャーが投げたボールが、バッターがバットに当てることすら少ないので、結果として、被打率が少ないことにつながっているのだと思われます。, ただし、決め球である変化球が抜けてしまって、バッターからすれば、真ん中付近への失投もけっこうあるので、メジャーリーグでは、ホームランを打たれるケースが多いのも事実です。, 奪三振率が高いと、自力で打ち取ることができやすいので、被打率が低い傾向にあるということを知っておくと良いでしょう。, プロ野球での1シーズンでの奪三振率ランキングは(規定イニング130イニング以上)は、, 大谷翔平投手が、今年2016年のシーズンで、約20年ぶりに奪三振率の記録を更新したことになります。, 大谷投手の奪三振率11.19の数字は、驚異的なので、今後記録を更新するのは難しいでしょう。, ストレートのスピードも165キロと日本記録を大幅に更新したので、結果として、奪三振率も高くなったのだと思います。, 奪三振率11.19は、1試合で二桁奪三振を記録するのも難しいので、あり得ないような数字ですね。, 2016年の大谷投手といえば、アウトのうち、ほとんどが奪三振を記録していたようなイメージでした。, 唯一1人だけ、奪三振率が9.28なので、計算上、1イニングに必ず1個以上は奪三振を記録することになります。, このように、奪三振率をお伝えしましたが、奪三振率の高低により、色んな傾向がわかったのではないでしょうか。, また、奪三振率が高いと、自力で打ち取ることができやすいので、被打率が低い傾向にあるということも知っておきましょう。, 2016年に大谷翔平投手が、奪三振率11.19を記録し、シーズン新記録を更新しました。, 大谷翔平投手は、まだまだ進化の途中なので、来年以降にどのくらいの奪三振率を記録するのかも楽しみですね。. いよいよ現地時間7月23日、2020年のMLBが開幕する。これまで、メジャーリーグでプレーした日本人選手は総勢59人に上る。今回はそんな日本人メジャーリーガーの中から、“ベスト10”を選んでみた。, 1位はイチローで決まりだが、2位以降は? 歴代日本人メジャーリーガー活躍度ランキング. 【MLB】ダルビッシュ&前田健太、日本人初サイ・ヤング賞の快挙ならず 共に日本人最高位2位, ダルビッシュCY賞なるか MLBが直前評価、競うバウアー&デグロムを上回る指標とは?, 高校球児のダルビッシュ&イチローとの歓喜、見たことある? Numberカメラマンらが撮った“秘蔵写真”, 前田健太、日本人3人目のサイ・ヤング賞3位以内が確定! 韓国人左腕とともに“元ドジャース”の2人が快挙(?)達成, 【MLB】ダルビッシュ&前田健太、サイ・ヤング賞最終候補に 日本人2人は13年ダル&岩隈以来, 一番やりがいがある場所で野球をやるためにタイガースへ移籍した木田優夫/日本人メジャーの軌跡. new!

Copyright(c)Nippon Sports Kikaku Publishing inc. All rights reserved.

三振が自分が取りたいときに、いつでも取れるようなピッチャーは最高ですが、 今回は、その「奪三振率の意味や計算方法や歴代通算ランキング」をお伝えしていきたいと思います。 奪三振率とは? 奪三振率は「9イニングあたりの奪三振数」を示します。 ここでは1000投球回以上、200投球回以上のtop30を記載。 Copyright (C) 2020 BBバイブル|野球のルール、練習方法、筋トレを紹介 All Rights Reserved. トミー・ジョン手術で15年は全休したが、昨季までの通算奪三振率11.12はメジャー歴代最高と活躍を続けている。 5位 上原浩治(元レッドソックスほか) 436登板 22勝26敗95セーブ 480.2回 572奪三振 防御率… new! “パイオニア”野茂(左上)に始まり、イチロー(右上)、松井(左下)、そして大谷(右下)……多くの日本人メジャーリーガーが我々を熱狂させてくれた。写真:Getty Images, いよいよMLBが開幕!大谷、ダルビッシュ、田中ら日本人9選手の直接対決を総チェック!, 「マエケンのデビュー戦本塁打」「イチローの3000本安打」――2010年代の日本人メジャーリーガー名場面トップ10をプレイバック!, 秋山は好調、筒香と山口は苦戦。オープン戦では明暗が分かれた3人の日本人メジャーリーガー. 最多奪三振(さいただつさんしん)はメジャーリーグベースボールのタイトルの一つ。 ウォルター・ジョンソンは12シーズン、ノーラン・ライアンは11シーズンで最多奪三振を記録している。 ディエゴ・マラドーナ氏が死去 熊谷 FIFA女子最優秀賞の候補に 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。