損害賠償責任を負う者とは?宅建試験で近年流行りの問題。要点が凝縮された重要問題 6問 を掲載! 賃貸借の過去問 ★★★★ 賃貸借契約の存続期間や、目的物が破損した場合など。民法上の賃貸借の厳選問題 8問 を掲載! 相続の過去問 ★★★★★ 宅建試験過去問題 令和元年試験 問8(改題) 問8 aを注文者、bを請負人とする請負契約(以下「本件契約」という。)が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。  宅建過去問:権利関係の重要問題を厳選!皆さん近年の宅建過去問は目にする機会が多いと思いますので、できるだけ古く初見となる問題を分野別にまとめています。, (C)2005~ 3900万アクセス突破!幸せに宅建に合格する方法, 権利関係(民法等)の重要過去問を厳選, 宅建過去問:権利関係の重要問題を厳選!, 皆さん近年の宅建過去問は目にする機会が多いと思いますので、, できるだけ古く初見となる問題, 暗記科目と違って理解を要するのが【.

令和元年試験問題; 問8. |更新日 2020.2.20 |公開日 2017.5.13 宅建民法の正しい勉強法をご紹介 はじめての人や独学の人が民法を理解するのはむつかしく、ほとんどの人が「自己流の勉強法」で失敗しています。 |本邦初公 … 宅建試験に関わる改正民法の例題です。2020年、120年ぶりに大改正される民法について、宅建試験で出題されそうなポイントを過去問の修正と予想問題で見ていきます。 本件契約の目的物たる建物に重大な契約不適合があるためこれを建て替えざるを得ない場合には、AはBに対して当該建物の建替えに要する費用相当額の損害賠償を請求することができる。, 本件契約が、事務所の用に供するコンクリート造の建物の建築を目的とする場合、Bの担保責任の存続期間を20年と定めることができる。, 本件契約の目的が建物の増築である場合、Aの失火により当該建物が焼失し増築できなくなったときは、Bは本件契約に基づく未履行部分の仕事完成債務を免れる。, Bが仕事を完成しない間は、AはいつでもBに対して損害を賠償して本件契約を解除することができる。, 正しい。建物に重大な契約不適合があり、建て替えざるを得ないときは、建替えに要する費用相当額の損害賠償請求を行うことが可能です(, [誤り]。請負契約の担保責任期間には売買契約の規定が準用されます。担保責任を負う期間は当事者同士の合意によって伸長できますが、担保責任の損害賠償権には消滅時効が適用されるので、一般債権の客観的消滅時効期間である10年を超える担保責任期間を定めることはできません(, 正しい。債務の履行が不能になった場合、債権者は債務の履行を請求することできなくなるため、債務者Bは残債務を免れます(, 正しい。請負人が仕事を完成しない間、注文者はいつでも損害を賠償して本件契約を解除することができます(. 宅建の民法を図を描いて理解していこうっていうのが本記事のコンセプト。初めて宅建に挑むのだが、民法の勉強の仕方がわからん。再チャレンジするが民法で全然得点できないって疑問をお持ちの方は是 …

 120年ぶりに大改正された民法の例題 宅建試験に関連する改正民法の例題です。過去問の修正と予想問題でチェックしていきましょう。, (C)2005~ 3900万アクセス突破!幸せに宅建に合格する方法, 宅建試験のための改正民法問題, 120年ぶりに大改正された民法の例題,  宅建試験に関連する改正民法の例題です。, 過去問の修正と予想問題でチェックしていきましょう, 令和2年(2020年)の宅建試験から「. 宅建の資格試験範囲は、試験問題50問のうち、「民法等」が14問です。 宅建の「民法等」は、 「民法」 だけでなく、 「不動産登記法」「借地借家法」「建物区分所有法」 があります。
改正前の民法で受験勉強をした受験生に、改正によりどこが変わり、また変わっていないのかを問題を通してチェックしてもらう目的で「民法改正チェック問題」を作ってみました。今回は、「民法改正チェック問題1」として意思表示に関する改正部分の問題をupします。