巨人在籍当時「巨人軍は紳士たれ」をモットーとする球団の方針としてヒゲを生やすことは一応は禁止であったが 、長嶋がそのヒゲを気に入ったこともあり、巨人の日本人としては珍しくヒゲを剃らずにプレーした選手となった。 屋鋪 要(やしき かなめ、1959年6月11日 - )は、兵庫県川西市出身[1](大阪府大阪市此花区生まれ[2][3])の元プロ野球選手(外野手)・コーチ、解説者。現在は鉄道文化人・鉄道写真家、少年野球・大学野球のコーチ。, 大阪で生まれたが、1967年夏に川西に移り住む。小学4年時に地元の少年野球チームに入ったのが野球人生のスタートとなり、三田学園高校から1977年のドラフト6位で大洋ホエールズに入団。高木豊、加藤博一と共に「スーパーカートリオ」として活躍した。, 当時の監督であった近藤貞雄が命名したのは「スポーツカートリオ」で、以降マスコミによって「スーパーカートリオ」と名付けられる様になる。スーパーカートリオの結成以前は1番を打つことが多かったが、スーパーカートリオ結成時では3番を任された。引退後、この起用について「豊さんはヒットを打つのが上手いから1番なのはわかる。加藤さんは小技もできるから2番でいいとして、僕が3番を打つのは無理だと思った」と語っていたが、結成1年目は唯一の2ケタ本塁打を記録している。, その後、加藤に代わって高橋眞裕が2番に入ったニュースーパーカートリオでは、高木豊が3番、屋鋪が1番に落ち着いた。, 1986年から1988年まで3年連続盗塁王を獲得。右中間や左中間の飛球でテレビカメラにボールしか映っていない場面で、落下直前に突然画面内に現れて捕球してしまう守備範囲の広さ・プレースタイルが忍者を連想させたことから、名字に掛けてマスコミから「忍者屋敷」とあだ名されていた。, 球団名が横浜ベイスターズとなった1993年のオフに大洋時代からの看板選手たちが大量に解雇され、屋鋪も自由契約を宣告されて「ゴミをゴミ箱に捨てるみたいに」と報道陣の前で悔しがった。しかし、予てから屋鋪の外野守備を高く評価していた巨人長嶋茂雄監督がすぐさま獲得を打診し、1994年に読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍[4]。初の古巣との対決となった4月12日の横浜スタジアムでの試合では、最終回の守備に就く。この時、前年まで在籍していたベイスターズファンからも大きな歓声と拍手で迎えられた。この最終回にロバート・ローズの打球が屋鋪の守備位置に飛んで来たが、折からの風雨のために両手を挙げる形でエラーをしてしまい、サヨナラの決勝点を許す。この時の公式の記録はローズのツーベースヒットであり、エラーではなかったが、翌日の各スポーツ紙(主に関東版)で「バンザイエラー」として、中にはトップ記事として取り上げられた。彼自身、この時に非常に悔しい思いをしたが、当時の監督長嶋茂雄に「君に取れないものは誰にも取れない」と言われ、また巨人ナインも「気象に文句をいうしかない」と評したという。, この年に初リーグ優勝を経験し、日本シリーズにも初出場。長嶋の監督として初となる日本一に貢献した。特に、このシリーズの第2戦の最終回の同点を阻止した(自ら作ったピンチを帳消しにした)ダイビングキャッチで勝利に貢献した。, 1995年はシェーン・マックの加入もあって出場機会が減り、この年限りで引退。ゴールデングラブ賞5回、盗塁王3回と守備と走塁には、絶対の自信を持つ選手であった。, 引退後はTVK(1996年 - 1997年)、RFラジオ日本(2000年 - 2003年)で解説者を務めた。巨人の一軍外野守備兼走塁コーチ(1998年)、二軍外野守備・走塁コーチ(1999年, 2004年 - 2005年)も務めた。2001年から2008年にかけて開催されたプロ野球マスターズリーグでは、東京ドリームスの外野手として活動した。巨人コーチ2期目から退いた後の2006年からは少年野球の指導に力を入れ[5][3]、公益社団法人少年軟式野球国際交流協会の理事を務める一方でSLカメラマン[3]や鉄道評論家[5]としても活動。2007年からは再び解説者としても活動し、2014年から神奈川大学の臨時コーチにも就任。, 大洋時代の選手の中で、屋鋪と斉藤明夫の2人はヒゲを生やし、トレードマークとしていた。なお、当時の応援テーマ曲は『オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ』からの採譜だった[6]。, 巨人在籍当時「巨人軍は紳士たれ」をモットーとする球団の方針としてヒゲを生やすことは一応は禁止であったが[7][注 1]、長嶋がそのヒゲを気に入ったこともあり、巨人の日本人としては珍しくヒゲを剃らずにプレーした選手となった。, 古田敦也とは出身小学校(川西市立加茂小学校)が同じであり、屋鋪より6つ年下である。, 現在の活動は主に静態保存中の蒸気機関車の撮影および蒸気機関車の鉄道模型向けのNゲージレイアウト作成である。現役時代はほぼ中断していたものの子供の頃から鉄道ファンであり[9]、ファン専門誌『レイルマガジン』では2008年9月号(300号)から日本国内に保存されている蒸気機関車に対しての連載コラムを執筆するほど造詣が深い[2]。屋鋪の実父も蒸気機関車の写真を撮影しており、屋鋪のコラムにも実父の写真が掲載されている場合がある。日本全国に点在する500輌超の動態・静態保存機関車を撮り尽くす為に、少年野球の指導をしながら全国を旅している。, 連載以外に雑誌の取材を受けることもあり、2010年12月発売の『週刊新潮』2010年12月30日・2011年1月6日合併号ではモノクログラビア『昔は「スーパーカートリオ」でも「屋鋪要」はSL撮り鉄』として、2012年6月4日発売の『週刊現代』2012年6月16日号ではカラーグラビア『盗塁王・屋鋪要が撮った 僕のSL写真コレクション』として、SLカメラマンとしての活動模様が紹介された。, 2014年2月にはネコ・パブリッシングより『目指せ打率10割!屋鋪要の保存蒸機完全制覇』が刊行された。同年3月には東京と京都で蒸気機関車に関するトークショーも開催された[10]。, 2015年からは鉄道模型雑誌『RMモデルズ』の不定期連載企画と連動して、鉄道模型のレイアウト作りおよび鉄道車両のキット製作に進出した。また2016年より鉄道模型コンテストに招かれて講演することもあり、また同年の鉄道模型コンテストの会場で自身の作成したモジュールレイアウトが展示されていた実績もある。, 屋鋪はレイルマガジンの記事において、鉄道模型の蒸気機関車だけではなく、蒸気機関車に牽引される客車についても実物と同様の列車編成にこだわるようにしていると語っている。, この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。, 外部リンク『屋鋪要さん 父親から受け継いだ蒸気機関車の撮影(2/2)』内プロフィール, 『週刊現代』2012年6月16日号掲載カラーグラビア『盗塁王・屋鋪要が撮った 僕のSL写真コレクション』内プロフィール, 外部リンク『【あの人は今こうしている】横浜ベイスターズの看板選手として活躍した屋鋪要さん』(ゲンダイネット2012年2月24日掲載)を参照。, アルバムCD・カセットテープ『'89横浜大洋ホエールズ選手別応援歌』(1989年、日本コロムビア)にも、『屋鋪 要選手のテーマ』として当時の応援曲が収録。, 『週刊現代』2012年6月16日号掲載カラーグラビア『盗塁王・屋鋪要が撮った 僕のSL写真コレクション』, “「巨人ってヒゲ禁止じゃないの?」 名門のご法度を“例外的”に容認された男たち(2/3)”, https://dot.asahi.com/dot/2020070300037.html?page=2, https://www.youtube.com/watch?v=uRLsP8CfRlo&t=2m03s, 1000試合出場:1987年9月22日、対阪神タイガース24回戦(横浜スタジアム)、3番・, 1000本安打:1992年4月29日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、5回表に, 目指せ! 7 風吹けば名無し 2020/09/23(水) 01:30:57.43 ID:9NkoqTNt0. 打率10割 屋鋪 要の保存蒸機撮りつぶし(『レイルマガジン』2008年9月号より連載, 屋鋪要の保存蒸機完全制覇 (ネコ・パブリッシング:2014年2月4日 ISBN 978-4-7770-1471-2), 遥かなる鐵路 いま逢いに行ける蒸気機関車(日本写真企画:2019年10月14日 ISBN 978-4-8656-2099-3). ガッツ「じゃあオフはヒゲ剃るわ」 ハム 「ひげキャラで売ってるのに何勝手な事してくれてんの!」 ガッツ「」 嫁 「・・・・・」 ガッツ「faするンゴ、ようやく北脱して自分の家に家族と住めるンゴw」 ガッツ「当然ヒゲも剃るンゴwww」