またビタミンKは、その他に骨や血管の健康に役立つビタミンとしても知られています。, 人体に欠かすことのできない細菌である大腸菌もビタミンKをつくりますが、生後しばらくは腸内にビタミンKは少ない状態です。, 産まれたばかりの新生児赤ちゃんは腸内に細菌も少なくビタミンKが不足しがちなため、それを補う役目として予防的にケイツーシロップの投与が必要なのです。, 主に「乳児ビタミンK欠乏性出血症」新生児メレナの予防のためにケイツーシロップを赤ちゃんに飲ませます。, この病気の原因はビタミンKが欠乏することによって、突然赤ちゃんが出血を起こす疾患です。 お母さん・お父さん自身でK2シロップを飲ませるときの飲ませ方について見ていきましょう。, 通常は、1回にK2シロップ1mlを飲ませますが、低体重児や合併症を持っている赤ちゃんには量を調整して飲ませます。また、初回のみ、K2シロップをそのまま飲ませるのではなく、滅菌水で10倍程度に希釈して飲ませることがあります。, 量を調整して飲ませるときや希釈するときは、かならず医師が指導をしますので、自己判断で量の調整や希釈を行わないようにしてください。, 退院後に自宅でK2シロップを飲ませるときは、医師の指示に従って、適切なタイミングで適切な量を赤ちゃんに飲ませなくてはいけません。一般的な飲ませ方としては次の3つがあります。, 赤ちゃんの口に入れやすい小型のスプーンを使って、K2シロップを投与します。スプーンにK2シロップを適量入れ、赤ちゃんの喉の手前に落とします。, あまりにも喉の奥に入れると吐き戻してしまいますし、手前に入れすぎると吐き出してしまいますから、歯ぐきの奥あたりを目安に入れるようにしてください。, 普段、哺乳瓶を使用してミルクを飲ませている場合は、赤ちゃんが慣れている哺乳瓶の乳首部分にK2シロップを入れて、そのままくわえさせて飲ませる方法もあります。, ミルクや湯ざましにK2シロップを混ぜて、哺乳瓶を使って飲ませることもできます。ただし、ミルクや湯ざましの量が多すぎると、赤ちゃんが飲み残してしまい、適切な量のK2シロップを摂取できません。, 赤ちゃんが絶対に飲める分だけのミルクや湯ざましにK2シロップを混ぜるようにしてください。赤ちゃんがK2シロップが入ったミルクや湯ざましをすべて飲みきったら、哺乳瓶をしっかりと洗って乾燥させておきましょう。, K2シロップが飛び跳ねて赤ちゃんの目や鼻に入らないように注意してください。特にミルクや湯ざましに混ぜて飲ませるときは、哺乳瓶のふたをしっかりと閉めてから振るようにしてください。, 赤ちゃんに他の薬が処方されている場合でも、薬にK2シロップを混ぜてしまうのではなく、別々に飲ませるようにしてください。, 赤ちゃんの健康を守るためには、適切なタイミングかつ適切な回数K2シロップを飲ませる必要があります。頭蓋内出血などの重篤な症状を予防するだけでなく、万が一、出血が伴う疾患にかかった場合も、適切な方法でK2シロップを投与しておくことで治療がスムーズに進みます。, 自宅でK2シロップを飲ませるように医師から指示された場合は、用量や回数をかならず守り、赤ちゃんの健康を守っていきましょう。. そのうえで判断するというのも選択肢のひとつですからね。, ケイツーシロップは、出生から生後3ヶ月間の週1回赤ちゃんに投与します。 さらにビタミンKを作ってくれる腸内細菌から自力で取り込むことが難しく、母乳にもあまり含まれていないからです。, 仮性メレナの場合には特に対処は必要ないとのことですが、病院で診断するために検査で血液に含まれるヘモグロビンが成人のものなのか赤ちゃん自身のものなのかを調べる必要があるということでした。, 【おむつモデルオーディション】潜入赤ちゃん!テアトルアカデミー「無料だし記念受験感覚で申し込み♪費用料金など噂の真相解明☆」 ビタミンk欠乏性出血は新生児の300人に1人の割合で起こると推計され、生後3カ月までのビタミンk欠乏症では8割が 頭蓋内出血 を起こします。 これが一番怖いためため、小児科医は、ビタミンk2投与をとても重要だと考えています。 添加物が気になる 看護師国試過去問。【問題10066(第103回追試)】新生児出血性疾患で正しいのはどれか。看護師国試対策なら、看護roo! 【ケイツーシロップ】なぜ必要?自費だといくら?小児科で聞いた「ビタミンKが不足すると起こる突然出血とは」(新生児メレナ), 妻が帝王切開のため入院をしていた頃、丁度産後1日目にケイツーシロップなるものを看護師さんがもってきてくれました。 自費なのでどうしようと悩むと思いますが、それほど高い額ではないのでリスク回避と予防のために家庭でも続ける方が多いのではないでしょうか。, 妻もちょっとケイツーシロップを舐めてみたようですが、オレンジ風味で美味しいと話していました。, 赤ちゃんはケイツーシロップを投与始めの頃は、ふつうに美味しそうに飲んでいて安心しました。 出血した際に血液を固めてくれて止血をしてくれることにより、さらなる出血を防いでくれます。, 骨や血管にも大きく関わっているため、頭蓋骨内で出血がでてしまうと後の不良因子ともなる恐れが出てきます。, 特に赤ちゃんは出生間もない時期に大きな病気を患ってしまうと大変なことになります。 妻も赤ちゃんが服用し終わったスプーンを舐めて味見したところ「美味!」といっていました。, そしてケイツーシロップに含まれるビタミンKの働きは、出血した際に血液を固めて止血してくれる因子を活性化させる役割をもっています。 まあ、ほとんどの方は赤ちゃんにケイツーシロップを飲ませていると思います。でもその大事さが我々夫婦も理解していなかったので参考になればと思いまとめました。, オレンジ味で美味しいケイツーシロップには、ビタミンK2が1ml(1回分)に2mg入っています。 先程の説明にあった通り、赤ちゃんはビタミンKの蓄えが不足しやすく産まれてきます。, お母さんの母乳にもビタミンK自体はあまり含まれていないため、赤ちゃんはビタミンKを直接補う必要があるのです。, え!自費なの?保険きかないと高そう・・・。と単純に思ってしまいそうですが、そんなに気構えるほどケイツーシロップは高価なものではないです。, ひとそれぞれ価値観はありますので一概にいえませんが、病院では全10回分で1,000円程度でした。 病院でも投与されているとおり、出生直後と退院時に予防的にケイツーシロップを投与してくれます。, 任意ではありますが実費でその後も投与するかを病院から聞かれると思います。 おそらく同じような考えで、入院中に処方してもらう人は多そうです。, 育児や出産経験が豊富な方はどうしてるんでしょうかね。 健診を休んだときには、予備でもらった1回分のケイツーシロップを与えてあげましょう。, ケイツーシロップはなるべく水とかで薄めずに、原液のまま赤ちゃんに与えるようにします。 K2シロップとはなにか、どのような目的で赤ちゃんに飲ませるのか、いつまで飲ませるのか投与の回数やタイミングを解説。ビタミンKは体内で非常に重要な働きをしますが、新生児はビタミンK欠乏症に陥りやすいので要注意です。ビタミンK2シロップの必要性を理解しましょう!, 赤ちゃんが生まれてしばらくすると、病院や助産院などで赤ちゃんにK2シロップ(ケイツーシロップ、ビタミンK2シロップと呼ばれることもあります)が経口投与されます。, 実はこのK2シロップには、赤ちゃんの健康を守る上でとても大きな意味があるのです。 赤ちゃんがお腹いっぱいのときにはケイツーシロップを飲まないかもしれないので、おっぱいの少しまえにあげると良いかもしれません。, 可愛いくて大切な赤ちゃんに起こってほしくはないですが、ビタミンKが欠乏してしまうとどのようなリスクが潜んでいるのでしょうか。, まず、ビタミンKとは血液に大きくかかわってくる栄養素となります。 赤ちゃんのお口に合うような小さいスプーンに、ケイツーシロップの原液を少しずつ取り分けながら無理なく口に流し込むように飲ませましょう。, ケイツーシロップを飲ませた後のスプーンは毎回殺菌などをするか、新しいものに替えるなどして衛生的に気をつけるようにしましょう。 できるだけリスクを減らすということも必要になってくるので、血液関係の病気にならないよう予防が必要ということですね。, ビタミンKが不足すると起こる突然出血「乳児ビタミンK欠乏性出血症」新生児メレナとは一体どんな病気なのでしょうか。, 大まかにはビタミンK欠乏症により消化管出血が起こる病気です。 飲ませてあげる時間ですが特に指定はないようです。可能なら日中にケイツーシロップを飲ませてあげるとよいですよと言われました。, 1ヶ月健診の時に病院でケイツーシロップを飲ませてもらった時はご家庭ではお休みとなりますね。 入院中は病院から投与してくれるそうですが、退院後のケイツーシロップの投与は任意で継続することができると説明されました。, はてさて、ケイツーシロップってなんぞや?そしてビタミンKが不足すると赤ちゃんにどんな脅威が訪れるのでしょうか。 なぜ赤ちゃんにK2シロップを飲ませる必要があるのか、投与のタイミングや飲ませ方を解説します。, 病院や助産院で赤ちゃんに一般的に投与されるK2シロップは、薬効分類名は「ビタミンK2シロップ剤」、薬品ラベルには「ケイツーシロップ0.2%」と記されています。主成分はビタミンK不足を補う「メナテトレノン」で、K2シロップ1ml当たりに2mg含まれています。, なお、その他の成分としては、安息香酸ナトリウム、クエン酸水和物、ゴマ油、水酸化ナトリウム、ソルビタン脂肪酸エステル、D-ソルビトール液、パラオキシ安息香酸エチル、プロピレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60、香料で、安全性に配慮されて作られていますので、心配はいりません。, K2シロップを飲ませると、主成分メナテトレノンによってビタミンK不足を補うことができます。, ビタミンKは、血液を凝固させて止血する役割がありますので、不足すると体内で出血が起こりやすくなってしまい、重篤な場合は頭蓋内出血(頭蓋骨の中で起こる出血の総称)の恐れがあります。, また、骨の代謝にも効果を発揮しますので、丈夫な骨を形成する上でも欠かせない栄養素です。, 新生児や乳児はビタミンKを欠乏しやすく、「新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症」を発症するリスクを抱えているのですが、K2シロップを飲ませることで新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症を予防することができます。, また、すでに「新生児出血症」や「新生児低プロトロンビン血症」に罹患してしまった場合にも、K2シロップは有効です。K2シロップを飲ませることで治療効果が期待できますので、症状に応じて服用量や飲ませる回数を調整して赤ちゃんに投与します。, 生まれたばかりの赤ちゃんはビタミンKが不足しやすい状況にあります。それには、以下のような理由があります。, 止血効果と骨の代謝促進に欠かせないビタミンKですが、胎盤を通り抜けることが難しいという特性があり、胎児の時期に赤ちゃんの体内に豊富に取り入れることは期待できません。, 出生直後も、新生児の腸内にはビタミンKを合成する腸内細菌があまり存在していないため、効率よくビタミンKを合成できません。, 母乳には、赤ちゃんの免疫を高める効果がある反面、ビタミンKはあまり含まれていません。そのため、母乳栄養の赤ちゃんは、ビタミンK不足に陥りやすい状態にあります。, その他のビタミンK不足の要因としては、赤ちゃんの肝臓機能の未発達を挙げることができます。, 赤ちゃんの肝臓はビタミンKを活用する能力が低いため、適切な量のビタミンKが体内にあったとしても、血液凝固反応に効率的にビタミンKを活かせません。, 積極的にビタミンKを補充しておかないと、生体の維持に必要な程度に血液を凝固させることができなくなってしまうのです。, K2シロップは「新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症」の予防を目的として投与されます。その場合は、出生直後から生後1ヶ月まで、3回経口投与されるのが一般的です。, 一方で、新生児出血症や新生児低プロトロンビン血症の治療目的でK2シロップを投与するときは、1日1回、K2シロップ1ml(メナテトレノンに換算すると2mg)を投与します。症状によってはK2シロップの量を3ml(メナテトレノンに換算すると6mg)まで増やすこともあります。, 出生後、赤ちゃんに何回か授乳やミルクによる哺乳を行い、赤ちゃんの哺乳が確立されたのを確認してからK2シロップを投与します。1回に1ml(メナテトレノンに換算すると2mg)を投与します。, 生後1週間、もしくは母子の退院時のいずれか早い方のタイミングでK2シロップの2回目の投与を実施します。投与量は1回目と同様、1ml(メナテトレノンに換算すると2mg)です。, 生後1ヶ月の頃、大抵の場合は1ヶ月健診時に3回目のK2シロップ投与を実施します。投与量は1回目、2回目と同様、1ml(メナテトレノンに換算すると2mg)です。通常はK2シロップ投与の回数は3回で、特に問題がなければ以後の投与は実施しません。, しかしながら、1ヶ月健診において今後ビタミンK欠乏の恐れがあると診断された場合は、定期的にK2シロップの継続投与が実施されるケースもあります。通常、治療のためにK2シロップを飲ませるときは、症状の経過にもよりますが、毎週1回、生後3ヶ月ごろまで飲ませるのが一般的です。, 病院や産科クリニック以外にも、助産院や自宅で出産するお母さんがいます。どこで出産する場合も、赤ちゃんにK2シロップは投与されるのでしょうか。, 例え助産院などで出産したとしても、赤ちゃんへのK2シロップの投与は必ず実施されるべきですし、ほとんどの助産院が投与を行っているはずです。ただし、実態調査が行われているわけではないので、もし投与をしていない助産院で出産したとしたら、念のため病院に相談した方が良いでしょう。, K2シロップの投与を行っていない施設の傾向としては、特に自己治癒能力の活用をモットーとするホメオパシーを推奨している助産院が挙げられます。以前、ホメオパシーにおいて身体を丈夫にすると言われるレメディー(砂糖玉)を赤ちゃんに与えて、K2シロップを投与していないケースが判明し、結果として赤ちゃんに重篤な症状が起こったとして訴訟となりました。, その後、厚生労働省も、一部の助産院でK2シロップが赤ちゃんに投与されていないという事実を受け、「新生児に適切なタイミングでK2シロップを投与しないことは、新生児の頭蓋内出血リスクを高めるため推奨されない」と注意喚起を行っています。, 自宅で出産する場合も、生後まもなく(授乳を始めたタイミング)、生後1週間後、そして1ヶ月健診のタイミングで3回K2シロップを投与します。, 自宅出産の場合、胎児と妊婦さんの健康を管理する目的で定期的に妊婦健診に行きますが、その際に、出生後のK2シロップの投与について医師に確認してみましょう。, 「新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症」などの治療のためにK2シロップが投与されるときは、健康保険の適用対象内となります。, しかしながら、一般的には出生後のK2シロップの投与は、予防のために行われるケースが大半です。この場合は、保険対象外となりますので、生まれてすぐのとき、1週間後、1ヶ月後に投与されるときも実費が請求されます。, ただし、自治体によっては1ヶ月健診時のK2シロップ代が無料になることもあります。気になる場合は、お住まいの地域の保健所で尋ねてみましょう。, 病院や産科クリニックで出産する場合は、最初のK2シロップの投与と退院時のK2シロップの投与は医療機関の看護師さんが実施してくれます。1ヶ月健診時のK2シロップ投与も担当の医師や看護師さんが実施してくれますので、お母さんやお父さんが赤ちゃんにK2シロップを飲ませるケースはあまりありません。, しかしながら、入院中のK2シロップの投与をお母さんに任せる医療機関もありますし、1ヶ月健診時の診断によっては自宅でK2シロップを飲ませる必要がある場合もあります。 以降で「乳児ビタミンk欠乏性出血症」新生児メレナについて説明していますが、ビタミンkが不足するとどうなるかについても正しい知識を身につけたほうがよさそうです。 そのうえで判断するというのも選択肢のひとつですからね。 投与スケジュール 下血の場合は、見てわかるような出血だけでなく便が黒っぽい血便になることもあります。, これらのように新生児の赤ちゃんの消化管から出血している場合を「新生児メレナ(真性メレナ)」と呼びます。, その他、お産の時にお母さんの血液を赤ちゃんが飲み込んでしまったり 3ヶ月間なので1回分2mgを合計12回飲ませてあげることになります。, 3ヶ月のうち病院で2回、1ヶ月健診で1回投与してくれる方もいると思います。 この場合は「新生児仮性メレナ」と呼ぶそうで心配はないとのこと。, 原因としては再三となりますが血液を凝固するために必要な「ビタミンK」の欠乏によるものです。, 新生児の赤ちゃんは元々、体内にビタミンKが少ないからです。 ビタミンK欠乏性出血症(英: vitamin K dependent bleeding 、VKDB)は、新生児から乳児期にみられる出血症の一種で、ビタミンKの欠乏が原因の出血症を指す。 ビタミンKは血液凝固において重要な役割を果たす脂溶性ビタミンであり、新生児期に特に欠乏しやすいため、適切に補充されない場 … 正しいものの組合せはどれか。 × a ビタミン C の慢性的な欠乏により、くる病がおこる。 ビタミン D の慢性的な欠乏により起こる。 × b 乳児特発性ビタミン K 欠乏性出血症(主に頭蓋内出血)は、生後 1 週間以内におこる。 1回100円くらいということになります。これが高いか安いかはアナタ次第といったところでしょうかね。, 生まれたばかりの新生児で、何が起こるかわからないという考えて我が家は躊躇なくケイツーシロップを処方してもらいました。 授乳時にお母さんの乳首が切れることで出血が起こり、おっぱいと一緒に血液を飲み込んでしまうこともあります。, これにより赤ちゃんが吐いてしまったり、便をした際に血液が出ることもあります。 そのようなこともありケイツーシロップのおかげで、ビタミンKが不足すると起こる突然出血「乳児ビタミンK欠乏性出血症」新生児メレナは減少傾向にあるそうです。, 生後5日くらいまでの赤ちゃんが吐血や下血を起こしてしまいます。 2019.04.23, お産を経験した方は病院から必ずケイツーシロップのことを説明されると思います。 でも最後の方の3ヶ月近くなると、味がわかってくるのか気に入らない味なのか嫌な顔をするようになりましたw, 出血関係の病気はホント恐ろしいので親としては気をつけていきたいですね。大事な大切な赤ちゃんですから。, 40代夫婦のアレコレをありのままに記録してます。誰もみていないことを良い事に好き勝手やっているので、ちょっと見てしまったひとは真剣に受け取らずにしてもらえたら嬉しいな。妊活や出産、育児に関すること以外にも実録で色々書いていきます。運営目的はストレス発散です。あと、文章うまくかけるようになるといいなて思います。, 【陣クスっ】出産前のリラックス♪「信頼度0%超☆でも面白いのでまとめたよ!~焼き肉だけじゃない陣痛ジンクス選~」, 【おむつを比較評価】OMU-1GP!各社を超私的にレビュー「新生児必見☆色々試した結果オムツはGOO.N(グーン)が一番だと思った理由」(生後15日), 【つわり症状】高齢妊娠&出産「舌のしびれ、臭いに敏感、吐き気や疲れダルさで動けない等…40代妻に起きた身体の変化まとめ」, 【メンタルリープと急成長期】泣き続けるには理由がある!「飛び出すウンコはスローモーション…妊娠中と出産後のキシリトールガムで赤ちゃんの虫歯予防など」(生後42日), 【帝王切開&高齢出産】費用をそのまま公開♪「明細キタコレ☆果たして出産育児一時金でまかなえたのか!」(生後18日), 【赤ちゃんの育児費用】オムツおしり拭きミルクの買い足し頻度も♪「完ミ混合☆月あたりの子育にかかるお金っていくら?」(生後38日), 【お宮参り】神主さんの言葉「祈祷中に泣き叫ぶ赤ちゃんは神様に○○してもらえる!泣かない赤ちゃんも…初穂料の違いで縁起物が変わる?お宮参りに良い日取りの選び方☆など」, 【新生児仮死とは】産声をあげない…「出産時の赤ちゃんの呼吸障害を振り返りゾッとした、胎便吸引症候群についても」(生後25日), 【ケイツーシロップ】なぜ必要?小児科で聞いた「ビタミンKが不足すると起こる突然出血とは」(新生児メレナ), 【産後うつチェックリスト付き♪】原因のストレスを回避する方法!「マタニティブルーと産後うつの違い☆なりやすい人の予防対策など」(生後33日), 【赤ちゃん6ヶ月振り返り】いつするようになった?「追視→首すわり→笑顔→寝返り☆など」(生後209日), 【寝返り方向自在に】赤ちゃん転げる何処までも「テレビのリモコン触らせろ!固形のウンチでた☆気になるお肌のザラザラ感など」(生後208日), 【おしゃべりな子供】一方的な言動は心が疲れている証拠!「しつけは親次第で一粒万倍☆共感で自我のバランスを♪」(生後207日), 【ブーブー期?】唇ふるわせてヨダレ飛ばす!「ミルクの吐き戻し顔にブー☆髪の毛マジ引っ張り&引き出し開けたい♪手がかかる…腕白赤ちゃん」(生後206日), 【遊び方ガイド】6~7ヶ月赤ちゃん♪「おすわりの頃☆受け渡したりお口でペロペロしたり好奇心を育てよう!」(生後205日). その場合は残りの9回分を各家庭で赤ちゃんに与える必要があります。, うちの場合は、入院中の退院指導後にケイツーシロップを10回分渡してくれました。(1回分は予備として), ケイツーシロップは週に1回なので、曜日を決めて赤ちゃんに飲ませてあげることを勧められました。 ビタミンK欠乏性出血症(英: vitamin K dependent bleeding、VKDB)は、新生児から乳児期にみられる出血症の一種で、ビタミンKの欠乏が原因の出血症を指す。ビタミンKは血液凝固において重要な役割を果たす脂溶性ビタミンであり、新生児期に特に欠乏しやすいため、適切に補充されない場合は一定の確率で出血症を惹き起こす。, 国際的には出生後24時間以内に発症するものを早発型(early onset form)、生後24時間から7日後までに発症するものを古典型(classical form)、それ以降に発症するものを遅発型(late onset form)と呼んでいる。, 出生直後にみられる早発型では吐血や下血、頭蓋内出血で発症することが多い。古典型は第2~4生日に新生児メレナ(下血)で発症することが多い。一方遅発型ではその8割以上が頭蓋内出血で発症し、非常に予後は不良である。, 成人であれば腸内細菌叢によってビタミンKが合成されており、ビタミンK欠乏症に至ることは少ない。しかし新生児の腸内細菌叢は未熟であり、自力でビタミンKを補充することができない。そしてビタミンKは胎盤移行性が悪く、母乳中の含有量も少ない。また母乳中のビタミンKの含有量には個人差が大きく、ほとんどビタミンKを含有していない場合もある。以上の理由により、新生児から乳児にかけてビタミンKが欠乏しやすく、ビタミンK欠乏性出血症を発症する。, 出生後から生後3ヶ月まで、1週間おきにビタミンK2シロップ1mL(2mg)を経口投与する。なお、シロップは高浸透圧であるため、初回と2回目は滅菌水で10倍に希釈してもよい。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ビタミンK欠乏性出血症&oldid=78541813, 「新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症に対するビタミンK製剤投与の改訂ガイドライン(修正版)」.