表彰 金 英語, 傍若無人なベガに振り回されながらも、強い忠誠を誓っている。リュウへの調べを進めていくうちに、波動の存在についてもある程度の理解を示す順応性を見せる。 インターポールが要塞の場所を嗅ぎつけたことに気づいたベガに命令され、構成員たちと共に潜水艦でカンボジアを目指して脱� とりせん チラシ 前橋, マルモのおきて 動画 3話, 楽天 ロト6 自動購入, 家売る女の逆襲 最終回 動画,

Red Bull 250ml 1缶お買い上げのレシートを撮影し、 Red Bull のLINE公式アカウントにアップしよう。当選結果の通知に、ゲーム内で使用できるコスチュームのプロダクトコードを入手できるぞ。 春麗「Red Bull BC ONE オリジナルコス … エフ シー シー,

概要 格闘ゲーム・『ストリートファイター』シリーズに登場する、リュウと春麗のコンビに付けられるタグ。 リュウの漢字表記が「隆」であることから、この名称で呼ばれることが多い。 2人は春麗のデビュー作となる『ストリートファイターⅡ』以来、共演を続けている。 形質細胞 末梢血 正常, 拘禁 拘留 違い, 2人は春麗のデビュー作となる『ストリートファイターⅡ』以来、共演を続けている。
ランナ ウェイ Blu-ray, 格闘ゲーム・『ストリートファイター』シリーズに登場する、リュウと春麗のコンビに付けられるタグ。 オレンジ 花言葉 スペイン, オレンジ ボカロ カバー,

謝罪 電話 時間帯,

無印 ギンガムチェック ワンピース, ビターブラッド 1話 Dailymotion,

スパイスキッチン ムーナ メニュー, リュウ(隆)は、カプコンが開発・販売している対戦格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズに登場する架空の人物。シリーズ全作品に登場しており、主役的存在である。, 1987年に『ストリートファイター』(以下『ストI』と表記)の主人公、1P側のプレイヤーキャラクターとして初登場する。, 『ストI』では「RYU(隆)」の表記が使用されているが、その続編として1991年に発売された『ストリートファイターII』(以下『ストII』と表記)で「リュウ」と表記されるようになり、以後定着している。, 「リュウ」という名前は『ストI』でディレクターを担当した西山隆志[注 1]に因み[1][2][3]、カプコンのゲームキャラクターにおいてはポピュラーな名前である[注 2]。なお、フルネームに関しては明らかにされておらず、一部の関連作品で名字が設定されたことはあるが[注 3]、いずれも公式設定ではない[4][注 4]。, 『ストリートファイター』シリーズの主人公的キャラクターであるリュウは[注 5]、カプコンを代表するキャラクターとしても認知されており、他社を含む多くのクロスオーバー作品に参加している。, 鉢巻に白い道着、赤系の篭手(グローブ)がトレードマーク。リュウの若かりし頃を描いた作品では[注 6]カンフー靴を履いていたり、髪を赤く染めていたりするが[5]、後年では基本的に素足に黒髪(濃い茶髪)となっている。鉢巻の色は若年時は白で後年は赤となっているが、赤い鉢巻はリュウの親友であり最大のライバルでもあるケンの髪留めのリボンを譲り受けたものであるとされる[注 7]。『ストII』からはフルコンタクト空手の要素が入れられ、グローブにパットが付くようになった[6]。, 初登場作品である『ストI』におけるリュウは、幼少から学んだ様々な格闘技を独自の格闘スタイルに昇華させた若き天才格闘家と設定されており「最強の格闘家」となるべく世界中のストリートファイターたちと戦う旅に出発する。戦いの末に「ムエタイの帝王」サガット(『ストI』の最終ボス)を「昇龍拳」で倒し、世界一の称号と栄誉を手に入れるが、嬉しそうな素振りも見せずにすぐに姿を消し[7]、その後は“強い奴”と戦うため修行の旅を続ける。, 続編である『ストII』において、暗殺拳を昇華させた格闘術を使う剛拳(ゴウケン)の弟子という設定が追加され、以後は一つの格闘流派に固執することなく他流派の技も積極的に取り入れ、空手を基本とし、柔道、テコンドーなどの技を組み入れた独自のスタイルで闘う[8]。その後は自身の中に眠る「殺意の波動」と呼ばれる悪しき力に苦しみながらも「真の格闘家」になることを目指して戦い続けることを決意する。, 『ストI』当時は確立した人物像はなかったが、時期を経た『ストII』では落ち着いた人物として描かれる。『ストII』が世に出てからしばらくは豪快な性格に描かれることもあったが、徐々に剛毅木訥な一面が強調されていく。, 『ストII』以後確立されたリュウの人物像としてまず挙げられるのは、ストイックな性格である。『ストII』以降の各作品でのエンディングでは、戦いに勝利しても自分自身は満足せず、最初から修行をやり直したり、自分が求めているものは何なのかを探し直すといった描写が多い。そこからリュウのイメージは、格闘に関しては非常に求道的で妥協を許さない。礼儀正しく謙虚な性格で自分の能力を他人にひけらかすことは無い、というのが専らとなっている。, 『CAPCOM VS. SNK』(以下『CvS』と表記)での二つ名は「永遠の挑戦者」。「孤高の求道者」とも呼ばれる。『ストIII』シリーズでは、その求道の姿勢に対する台詞として「純粋な格闘スピリッツの持ち主」とアレックスが評するもの[9][出典無効]がある。また同シリーズでは「純粋で、ある意味悪人よりもタチが悪い」とギルが評している[10][出典無効]。, またリュウの人柄を表す設定に、ホームステージとして使用される「朱雀城」にある師匠、剛拳の墓を参るため年に一度訪れる、とするものもある[8]。幼き頃は「朱雀城」を修行場とし、その近辺に位置する原野「玄武ヶ原」なども一部作品ではリュウのホームステージとして用いられる[注 8]。, 着替えの道着が入ったザックを持ち歩いている[11]。『ストIII』シリーズでは対戦前のデモで背景の方に置き、攻撃などによってその付近が揺れるとザックが倒れるといった細かい演出がある。『CAPCOM FIGHTING Jam』ではアナカリスの「王家の裁き」にかかった際に姿をザックに変化させられる。, 勝利時の動作により演出される姿には、『ストI』からあった片手を突き上げるもの(ケン、ショーンも同様の動作を行う)と、『ストII』からの、結わえ垂れた鉢巻の布が風に流される腕を組んだ姿があり、その二つが代表的。それら演出は『ストII』以降のシリーズにおいて、ほとんどのゲームで見られる。, 主人公ならではの特別な存在として位置づけられることも多く、劇場版アニメ『ストリートファイターII MOVIE』においては、シャドルーが調査した潜在格闘値が3620(それまでの最高が2000)という高い数値を示すというシーンもあった。また潜在的な力として、“殺意の波動”(後述)を秘めているとする設定が生まれている。, ゲーム内にて血縁関係については一切描かれていない。公式にそれを示す設定はなく、両親や家族がいるかは不明である。リュウ自身も自分の出生を知らず、物心つく頃から修行の日々を送っていたと語っている[12][出典無効]。しかし、漫画などメディアミックス作品の中には豪鬼との何らかの関係を示唆するものがあり、中平正彦の漫画『RYU FINAL』ではケンの台詞で血縁関係の可能性に言及している(後日、作者がそう取れるよう描いたことを認めている)。OVA『ストリートファイターZERO: ジェネレーションズ』では豪鬼がリュウの父親であると受け取れる描写がなされた。また、当作においてリュウは轟鉄の弟子である剛拳の許で養育されたという設定だが、『ストIV』においては、轟鉄と面識無しとする従来の設定から、幼少期より彼らと修行に明け暮れていた、と設定が改められている。, 『ストII』以降は前述の彼の性格から多くの格闘家に影響を与えている様子が描かれている。リュウの人間性や真の格闘家への道をひたむきに探求する生き様に感銘を受ける者も多く、好敵手となっている格闘家も幾人か存在する。, かつて倒したサガットや『ZERO』シリーズではリュウに憧れる女子高生さくらも登場し、リュウは格闘家として追い掛けるべき存在と目された。中平正彦の漫画『RYU FINAL』では『ストIII』シリーズのキャラクターたちからも一目置かれており、仙人であるオロにも弟子入りを勧められている。, 主人公という立場上、漫画作品や4コマ漫画などでは女性ファイター兼ヒロインである春麗やさくらを始めとする、彼と関わり合いを持つ女性たちに恋愛感情を抱かれていることが多々あるが、肝心の本人がその手の話に疎く、彼女たちの想いに気付く気配は全く無い(春麗は友人の1人、さくらは後進の1人という認識)。またゲーム本編では直接そういった描写がされることは少ない。『ゲーメスト』の『ストI』攻略ページに掲載された短編漫画では恋人に別れを告げて師匠の敵討ちの旅に出たという描写があるが、これは元ゲーメストライターの転清がカプコンの許諾なしに創作したものであり、公式の設定ではない[13]。, 「複数の作品で関わる」「互いのストーリーに影響しあう」など、重要性の高いキャラクターのみを特記、概要を述べる。, 「放浪の格闘家」というキャラクター設定に加え、「常に裸足で道着姿」(『ストII』以降)という特徴的な風貌のリュウは、プレイヤーに「服を買うお金がない」などの印象をしばしば与える。『ストZERO3』では住所不定、無職と設定されている[8]。そのためパロディ4コマ漫画などの二次創作では貧乏ネタを描かれることが多く、空腹で行き倒れているものや[12][出典無効]、カプコン公式トレーディングカードでの描き下ろしイラストでは、コインランドリーの洗濯機をブリーフ一丁のリュウが仁王立ちでにらんでいる、というものがある[注 11]。, ゲーム中における他キャラクターとの会話でもそれらに触れる描写もあり『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』では逆に、リョウ・サカザキのことを「貧乏な方が無敵の龍か」と本人の目の前で発言して怒らせるシーンもあったが、『ストIV』ではクリムゾン・ヴァイパーに敗北した際に、「税金はちゃんと払っているのか。保険には加入しているのか」と問い詰められている。, しかし『ストII』以降、靴を履いていないことに関しては、『ストIV』の勝利台詞において「裸足の方が楽なだけで、(金銭的に)買えないわけではない」と語っている。アニメ作品においても、自身の懐から紙幣を取り出して代金を支払うシーン[15][出典無効]や、飲食店を利用しているシーン[12][出典無効]があり、少なくとも無一文である様子には描かれていない。OVA『ストリートファイターZERO: ジェネレーションズ』では修行中などの時以外は普通に道着以外の服を着ており靴も履いている。ドラマCD『ストリートファイターZERO3 ドラマアルバム』ではリュウの家も登場する。, 『週刊ファミ通』2018年11月1日号に掲載されたガイルとの対談では定住所を持ちオフの時は普通の生活を送っていることや、飛行機に乗るだけの金銭も持っていることを語り、放浪者扱いされていることに対しては不満を見せていた。それに対してガイルは驚愕していた。, カプコンデザイン部部長のSHOEIは「リュウが貧乏という設定を作った覚えはなく、ちゃんとお金を持っている」と語っている。また安田朗の設定によると、ギャングの用心棒など危ないことも普通にやり、基本的にはストリートファイトでお金がなくなったら自分に賭けて稼ぐという[16]。また中平正彦の漫画『さくらがんばる!』では短期間、中国の飲食店で働いていたと店主が話し『RYU FINAL』では自炊の買い出しに出かけた際、安い食材ばかり購入するリュウに対し同行して来たオロに「お前の不味い飯には飽きた」「たまには美味い物が喰いたい」と、ぼやかれ「粗食も修行だ」と鼻であしらった。, 師匠、剛拳の設定が生まれたことを切っ掛けにして、やがてリュウが使う格闘術は古来からの源流を持つ「暗殺拳」がベースとなっているとされていく。『スーパーストリートファイターII X』(以下『スパIIX』と表記)にて豪鬼が登場し、リュウに関わる「暗殺拳」の一類の者と位置付けられ、続く『ZERO』シリーズにて“殺意の波動”という名称がゲーム上で語られ始める(瞬獄殺、豪鬼#殺意の波動も参照)。同シリーズでは豪鬼はその力を持っているとされ、リュウもまた潜在的に殺意の波動を秘めているとされた。, 以後より現在まで、シリーズを通してその設定は引き継がれている。しかし、殺意の波動とはどのような力なのか、ゲーム本編で言及されることはほとんどない。ただ、発現した者に強大な戦闘力をもたらすということは表現されており、ゲーム以外の媒体でも描かれている。, 漫画作品、映像作品にはリュウがこれを克服することがテーマとなっているものがあり、ゲームによっては殺意の波動を忌まわしいものとするリュウが、克服を目標として旅するストーリーとなっているものもある。また『ZERO』シリーズ以後のゲームのいくつかは、殺意の波動に呑まれてしまったリュウを個別のキャラクターとして使用できる(後述)。, この力を持つリュウを利用するため、登場する悪役キャラクターが彼に目をつける、というシークエンスもある。ゲーム本編の一つのストーリーでは、殺意の波動の使い手である豪鬼はリュウが完全に殺意の波動に目覚めて自らに匹敵する相手となることを望んでいる。また一つに、軍事企業・S.I.N社のCEOであるセスは殺意の波動を兵器に利用することを計画しており、リュウの身柄を狙っている、というものもある。, 『ストIII』シリーズにおいてのリュウは殺意の波動を克服することも修行の旅の目的となっており、スーパーアーツのひとつ「電刃波動拳」は、殺意の波動をある程度制御することで使用を可能としている[11]。また、同シリーズに登場するショーンが殺意の波動に目覚めるにはリュウやケンに近いレベルまで成長する必要があり、まったく可能性がないわけではない[11]。, 『ストIV』シリーズは、『ストリートファイター』シリーズの世界設定における時系列が『ストII』以後、『ストIII』以前のものとなっている。そのため、ゲームのリュウのエンディングシーン、並びにオリジナルアニメーション『ストリートファイターIV〜新たなる絆〜』の終盤にて、リュウが殺意の波動を御するシーンがあるが麟片に止まっており、後に繋がる形とされている。, 『ストV』のゼネラルストーリーでは、今まで抑えつけていた殺意の波動と向き合い、ネカリとの二度目の闘いにおいて「破壊の力」としか考えていなかった殺意の波動を自らの力のひとつとして受け入れることで無の波動の覚醒に成功し、この力を用いてネカリやベガ、豪鬼との決着を果たす。, 作品によって若干差異はあるが、ここでは『ストIV』シリーズでの技名称を掲載。なお、括弧内は後述する殺意の波動に目覚めたリュウのもの。, また『EX3』では、ケンまたはさくらのパートナーにリュウがいた場合、該当キャラクターが発動する技としてリュウとのメテオタッグコンボ(合体技)が存在する。こちらはリュウ自身が発動する技ではないため詳細は省略する。, 中平正彦の漫画『RYU FINAL』にて登場した技である。同作では「一撃必殺の境地を越えた」究極の形としてリュウが見出す展開で、この技が生まれる。, 殺意の波動に支配された状態のリュウ。「殺意リュウ」とも略される。黒の道着を身に着け、肌の色は浅黒い姿で表され、『NAMCO x CAPCOM』では普段の白い道着が、殺意の波動に目覚めると同時に黒に変色する演出がある。, 基本的に「もしもの存在」であるため、一部を除いてストーリー上でこの状態が正史になる事はない。, 初出は『ZERO2』の北米版『Street Fighter ALPHA2』(以下『ALPHA2』と表記)であり、同ゲームでのキャラクター名は「Evil Ryu」[注 38]。ザンギエフやダルシムとともに裏性能の隠しキャラクターとして登場し、隠しコマンドを入力することで使用できた。この時点では単なるリュウのバージョン違いに過ぎず、各種メッセージやエンディングなどは通常のリュウと全く同じものだった。, 『ALPHA2』のこのリュウの存在が知られたことで、「殺意の波動に目覚めたリュウを使いたい」という要望が国内のプレイヤーによりカプコンに寄せられ、『ZERO2 ALPHA』にて隠しキャラクターとして登場したという経緯がある。『ZERO2 ALPHA』全体の調整により、『ALPHA2』の同キャラクターよりも性能は低下している他、通常のリュウとは異なる独自の勝利メッセージや中間デモ、エンディングなどが追加された。同作の日本版の殺意リュウについては「Black Ryu」という英字表記が攻略本などで使われている。また、セガサターン移植版『ZERO2』では『ALPHA2』と同様のコマンドで「殺意の波動に目覚めたリュウ」が使用でき、こちらは『ALPHA2』に準じた性能で『ZERO2 ALPHA』と同様のメッセージおよびデモが搭載されている。『ZERO2 ALPHA』の移植版にあたるセガサターン・PlayStation版『ZERO2'』にも登場する。, 『ZERO2 ALPHA』の殺意リュウにおける勝利メッセージの台詞は、波動に精神を囚われた状態と我に返った状態が半々で、後者では道を誤ったことへの後悔や力への恐れが見られるものとなっている。対CPU戦のボスは通常のリュウと同じく豪鬼であるが、殺意リュウの場合は意識が混濁した状態で師匠の仇である豪鬼を前にし、勝利後のエンディングシーンにおいて失踪するという結末になる。, 続編の『ZERO3』のアーケード版では登場しないが、家庭用および『ZERO3↑』での追加キャラクターとして再び登場した。ここでは、精神は殺意の波動に引き寄せられ、殺意の波動とそれに目覚めた自分を肯定する様子が勝利メッセージ画面の台詞から伺えるものとなっている。同作の対CPU戦を殺意リュウでプレイした場合、ボスとして真・豪鬼が登場する。その戦いに勝利したエンディングシーンでは、殺意リュウ自身の台詞により豪鬼を「殺した」ことが語られ、殺意リュウは殺意の波動に完全に魅入られて第二の「拳を極めし者」へと変貌する(この時に「滅」の字を背負う演出がなされる)。以降のゲームの「殺意の波動に目覚めたリュウ」はいずれも完全に殺意の波動に呑まれた状態での登場であり、PlayStation版『ストリートファイターEX plus α』を除いてはゲームクリア後のエンディングシーンでは正気に戻ることなく失踪する。, 『EX plus α』では辛うじて己の拳の間違いに気づき、格闘家として修行をやり直すことで、殺意の波動を克服しようとするリュウの姿が描かれている。また、『ZERO3↑↑』のイングリッドのストーリーではベガによって殺意の波動を引き出されたリュウが登場し、このリュウに勝利した場合、正気を取り戻すシーンが演出される。, 『スパIV ARCADE EDITION』でも登場。本作では、頭髪は豪鬼のように赤黒く染まり毛が逆立ち、肌が褐色になり、黒くなった道着は袈裟懸けに破れている。また、胸部には背中まで突き抜けた巨大な穴状の傷(背中側は6方向に裂けている)[注 39]が存在する。眼が赤く光り、全身から常時炎のような気が放たれている。リュウの記憶は遺すものの精神は喪失し、従来作以上に強者への殺人衝動が強くなっている。『ウルIV オメガエディション』では新たに技が追加され、豪鬼のように重い闘い方ではなく、とにかく荒々しい闘い方が目立つ。, 『ウルトラストリートファイターII』では後のシリーズから逆輸入される形で登場。アーケードモードには出現しないが、バディファイトの二戦目の相手として登場。BGMを『ニュージェネレーション』に設定している場合は新たに作曲された専用BGMが流れる。ボイスはクラシック、ニューともにリュウのボイスを加工した物が使用されている。エンディングでは、『ZERO2 ALPHA』などと同じく、正気に戻ることなく失踪する。, 『スパIV ARCADE EDITION』で殺意の波動に目覚めたリュウのデザインが変更されたことに関して、アシスタントプロデューサーである綾野智章は「ユーザーの反応を知るのが怖かった」と語っている[1]。, 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』ではダウンロードコスチュームとして登場するが、『ストIV』に加え体毛の白化が加わっている。, 殺意の波動に目覚めたリュウは、必殺技の性能が通常のリュウとは異なり全体的に豪鬼に近い性能となっている。, 通常のリュウの技はそのままに、移動技「阿修羅閃空」や、スーパーコンボ「滅殺豪昇龍」、「瞬獄殺」が追加されている。必殺技も豪鬼同様、弱以外の「昇龍拳」や「竜巻旋風脚」は複数ヒットする。しかし「竜巻旋風脚」の動作速度は通常のリュウと同じであるため、豪鬼と同じ連続技を決めることができない場合が多い。, 『ZERO2 ALPHA』と『ZERO3』における「瞬獄殺」は移動を始めるまでが豪鬼よりも一瞬遅い。だが『ALPHA2』およびサターン版『ZERO2』での「波動拳」は目前の相手にヒットさせれば弱であっても「灼熱波動拳」となりダウンさせることが可能で、豪鬼のものよりも性能が高い。また、豪鬼の特性を受け継いでおり、他のキャラクターと比べて気絶しやすいという弱点もある。, 『スパIV AE』では新技が追加され、阿修羅閃空が弱体化したが瞬獄殺が大幅に強化されている。, 特定の条件を満たすとセスの後に乱入する。乱入した殺意リュウは「阿修羅閃空」発動直後から移動中に他のあらゆる攻撃(必殺技、通常技、通常投げ)にキャンセルすることができるなど通常版より非常に強力になっている。, 『ウルII』ではリュウと比較して性能が上がった代わりに体力が低下している。また、距離を問わずに常に遠距離用の通常技が出るという特徴があり、キーを後ろに入れることで近距離用の通常技を繰り出せる。スーパーコンボは「瞬獄殺」。, カプコンのゲーム『アスラズ ラース』のダウンロードコンテンツでリュウで登場し、殺意の波動に目覚めたリュウとしても戦う。殺意の波動に目覚めたリュウ時は『アスラズラース』のシステムで戦うこととなり、その際必殺技の多くの性能が大幅に変更されている。ここでは『スパIV』との技の違いおよび、『アスラズ ラース』の主人公アスラの技に対する動作を記述する。, 瞬獄殺での相打ちになるとバトルが終了し、殺意リュウはリュウの姿に戻る。その際、貫かれた胸の傷や黒い道着、焦げたハチマキなども元に戻る。, リュウから乖離した「殺意の波動」の化身。「殺意の波動に目覚めたリュウ」とは違い、殺意の波動の化身という思念体のような形で登場[注 41]。姿形はリュウそのもので服装は道着を上半身だけ脱いだ状態。肉体の一部からオーラのような光が漏れ出し、また頭部には鬼の角のようなものが付いている。目は豪鬼などと同じように白目の部分は黒く、黒目の部分は赤い。, ゼネラルストーリーで己が有する殺意の波動の「力」を「自身の力の一部」とリュウが受容したことで、リュウの肉体を支配していた殺意の波動の精神が乖離して我を持ちリュウの姿で強者との死合いを求め彷徨い始める。その後、同じく殺意の波動を秘めるサガットや豪鬼の所に現れ力を受け入れるよう促すも、サガットには「確かな強さだが、お前では帝王の心は砕けない」と一蹴され、「魂無き影法師風情」と断じた豪鬼には「力は肉のみ、殺意のみにて練るに非ず」と言われ新たな奥義「崩天正拳撃」で打ち消された。, 秘める殺意の波動を受け入れたリュウ本人からは「在りたければ在るがいい」「去りたければ去るがいい」と言われ、リュウの「ありのままの自分を受け入れる」という考え方を理解できずに消滅した。, 影ナル者はリュウや豪鬼、殺意リュウとも違う独自の性能を持つ。体力の低さに加え「波動拳」が飛ばないため遠距離戦は難しく、「竜巻旋風脚」が「空靂刃」に置き換えられる、「阿修羅閃空」はVトリガー[I]発動時限定など、相手に接近するための手段が限られているため、よりプレイヤーの工夫が必要になっている。, 『ストI』から全作を通じて使われている「波動拳」(はどうけん)、「昇龍拳」(しょうりゅうけん)、「竜巻旋風脚」(たつまきせんぷうきゃく)の3つの技は、一部で「三種の神器」と呼ばれるようになった[28]。このことから、他の格闘ゲームの必殺技コマンド入力を確認・説明する場合などに「波動コマンド」「昇龍コマンド」というように使われている[29]。また、各雑誌に掲載されているコラムや漫画などでも、ツッコミなどで「昇龍拳」が使われることがあり、ゲーム業界以外にも影響を与えている。お笑い芸人の猫ひろしは「昇龍拳」を自らのギャグとして使用している[30]。, 『ロックマンX』シリーズにも隠し要素などに採用されており、特に「波動拳」「昇龍拳」は複数のキャラクターが使用する。『デビルメイクライ』シリーズにも「昇龍拳」「竜巻旋風脚」をモデルにした攻撃アクションが存在している。, アドン - イーグル - ケン - 元 - サガット - バーディー - リュウ, E.本田 - ガイル - キャミィ - 豪鬼 - ザンギエフ - T.ホーク - 春麗 - ダルシム - ディージェイ - バルログ - フェイロン - ブランカ - ベガ - M.バイソン, イングリッド - かりん - さくら - ナッシュ - ダン - ユーニ - ユーリ - R.ミカ - ローズ, アレックス - いぶき - エレナ - オロ - Q - ギル - ショーン - ダッドリー - トゥエルヴ - ネクロ - ヒューゴー - まこと - ヤン - ユリアン - ユン - レミー, アベル - エル・フォルテ - C.ヴァイパー - 剛拳 - ジュリ - セス - ディカープリ - ハカン - ルーファス, アレン - V.ロッソ - エース - エリア - カイリ - ガルダ - C.ジャック - サイクロイド - シャドウガイスト - シャロン - スカロマニア - ダラン - D.ダーク - 七瀬 - ハヤテ - プルム - ブレア - ほくと, アビゲイル - ガイ - コーディー - ソドム - ポイズン - マキ - ルシア - ロレント, 「隆」の表記は『ストI』の時点で既に設定されていたが、『ストII』発表からしばらくの間は雑誌の記事などで常に, しかし初代『ZERO』では関西某所の路上、『ストIII 1st』、『ストリートファイターIII 2nd IMPACT -GIANT ATTACK-』(以下『ストIII 2nd』と表記)では東京の, 『ZERO』シリーズでのリュウとサガットの関係が描かれたストーリー展開では、中平正彦の漫画『ストリートファイターZERO』と相互に反映しあう様子があった。, 『ストII』登場からの設定だが、『ストリートファイター X 鉄拳』のキャラクター紹介においても明記されている。, 『ストI』および、その家庭用移植版『ファイティングストリート』では「昇竜拳」と表記されている。, 『ストIII 3rd』および『ストIV』シリーズでは投げる方向が任意に指定できない(=自分の現在方向に対して必ず後ろ方向へ投げる), 『ZERO』、『ZERO2』では強パンチボタンで出した「波動拳」を近距離で当てた場合に限り、この技に変化した。しかし『ZERO2 ALPHA』からは再び『スパII』と同じ単体技となり、名称も豪鬼の同様の技になずらえて「灼熱波動拳」とされている。, シリーズを通してその形は変わらないが、『ストI』では頭上に上昇し、空中で連続して回し蹴りを放ちながら前進していく形であった(「ジャンプ→空中竜巻旋風脚」の流れに近い)。また多段ヒットすることもあり、対戦するキャラクターを一気にKOできる威力を持っていた。, 『ストIII 2nd』以降では、溜めレバー入力と他のボタン連打で溜まるのが早くなる, 「滅・昇龍拳」と違って、こちらは間合いによって威力やモーションが変化することはない。, 『ZERO3』や『ストリートファイターZERO3↑』では「真・昇龍拳」に変化させても、Lv3の「真空竜巻旋風脚」にダメージで劣り、発動条件も厳しかったが、『ストリートファイターZERO3↑↑』(以下『ZERO3↑↑』と表記)では変化させた「真・昇龍拳」が全体力の2/3を奪う技と化した。, モードチェンジ中に勝利した場合、勝利メッセージ画面でもその配色で登場する。しかし豪鬼モードにおける台詞には、「殺意の波動に目覚めたリュウ」のような苦悶している様子や暴悪さを表す台詞はない。, 一部の立ちキックや投げ技がケンのものになり、特殊技の中段技が「稲妻かかと割り」に変わる。必殺技もケンの性能に準じ、「波動拳」はリーチが短く空中版は斜め下に発射、「昇龍拳」はケンと同じく出掛かりの構えが腰を深く屈みこみ、炎を纏い空中でも使用可能、「竜巻旋風脚」は斜め上に向かって上昇する。ハイパーコンボは「昇龍裂破」、「神龍拳」、「疾風迅雷脚」で、ヴァリアブルコンビネーションも「昇龍裂破」になる。, 通常技はリュウと変わらないが投げ技や特殊技は豪鬼のものになり、中段技は豪鬼の「頭蓋破殺」となる。必殺技も豪鬼の性能に準ずる(ただし技名に「豪 - 」は付かない)ほか、「天魔空刃脚」と「阿修羅閃空」も使用可能であり、ハイパーコンボは「滅殺豪波動」、「滅殺豪昇龍」、「天魔豪斬空」、「瞬獄殺」となる。ヴァリアブルコンビネーションも「滅殺豪波動」である。, ただし、アーケードモードの『ストZERO』および『ストIV』コースでは「殺意の波動に目覚めたリュウ」と同様の扱いになっており、エンディングもそれに準じている。, 『ストリートファイター アートワークス 極』カプコン、2012年12月17日、435-439頁。, 『ALL ABOUT ストリートファイターZERO3』電波新聞社、1998年11月30日、24-25頁。, 「カプコンオフィシャル回答!強いヤツらの秘密を知ろう STREET FIGHTER III Q&A」『ゲーメストムックVol.81 ストリートファイターIII ファンブック』新声社、1997年7月27日、85頁。, ゲー夢エリア51編『転清アート・ドット・ワークス【インタビュー編】』2011年、216頁。, 劇場版『ストリートファイターII MOVIE』『ストリートファイターZERO2』エンディング(ケン)より。, 「CAPCOM DESIGN TEAM インタビュー」『ストリートファイター エターナルチャレンジ』, ALL ABOUTシリーズ Deluxe Vol.2 『ストリートファイターIII THE CHARACTERS』電波新聞社、P27。, イーカプコン限定特典「ストリートファイターV チャンピオンエディション スタイルガイド」156頁。, 『ALL ABOUT スーパーパズルファイターIIX』電波新聞社、1996年8月30日、, 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U#さらなる挑戦者, Red Bull BC One World Final 2016(レッドブル・ビーシー・ワン・ワールド・ファイナル2016), GAME Watch『JAMMAショーに先がけて公開!「CAPCOM新作対戦格闘(仮称)」』, キャラ図鑑番外編:B-BOYコスチューム リュウ|キャラ図鑑|活動報告書|CAPCOM:シャドルー格闘家研究所, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=リュウ_(ストリートファイター)&oldid=80154449, 「不断の探求者」(『ストIV』シリーズ)(『スマブラfor』)(『スマブラSP』), 『ストリートファイター』 - 数々の強敵と戦い、「ムエタイの帝王」サガットを倒す。, 『ストリートファイターII』シリーズ - 最強の称号を得るが表彰式を放棄し、「真の格闘家」を目指して再び旅立つ。, 『ストリートファイターZERO』 - 強い相手を求めて旅をするが、自らの未熟さを憂い修行の再開を決意。, 『ストリートファイターZERO2』 - 師の仇である豪鬼に一格闘家として挑み、殺意の波動の潜在能力の高さを見出される。, 『ストIII 1st』 - 修行の毎日の中、久々にケンとの再会を果たすが、その際にショーンを押し付けられる。, 『ストIII 2nd』 - 豪鬼との会話のシーンにより、殺意の波動の克服が目標の1つであることが語られる。, 『ストIII 3rd』 - 「指1本でも動く限り戦うのみ」と改めて「真の格闘家」への道を決意。, 『ストリートファイターV』 - 魂を喰らう戦士ネカリとの戦いで殺意の波動の制御に成功し、電刃の力を得る。豪鬼との戦いで互いを好敵手と認め合い、再戦の約束を果たす。, 欧米版『Street Fighter ALPHA2』、および『ストリートファイターZERO2 ALPHA』以降.


前ステ投げや、牽制でリスクを与える。読めればJ大PTCでもOK(ステにセビ当ててくる場合もあるので注意), 固め中の中足ガード時は、基本的にリュウは波動でキャンセルするか、しないかの行動しかしません。, 当たり判定の関係で、中足に対して元キックを差し返すには、元キックがリュウの体に当たる距離でなければ当たらないことを覚えておく。, 大足から即座に前ジャンプで飛び込んできた場合は詐欺飛びになっているので、EXスピバは厳禁。, javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。, こちらが気功を追いかけている状況で相殺してきた場合、遠大Pや元キックを差し込むことができます。, 距離を見て元キックor中K。中Kが間に合わない表の飛びは屈大Pでも落ちます。本命はJ大PTC, そうするとリュウ側は遅らせ立ちグラ安定になってくるので、着キャン覇山などを混ぜると結構当たってくれます。, 特にゲージがある時は昇龍擦ってくる可能性が高いので、バクステですかして大足や、金的コンボなどからおいしく頂きましょう。, 開幕に遠立ち大Kをうつと、波動を撃ってる場合ケンには大Kが当たりますが、リュウには当たらない。.