涙を流すフンシクの前で 椿咲く頃の子役の演技が素晴らしくて「泣ける」と話題になっています。そこで話題になった子役は誰なのか、詳しいプロフィールをしらべました!またその号泣シーンが何話なのか詳しくあらすじを紹介しています。椿咲く頃のドラマファン中でも子役が気になる方は必見です! でも、可愛いとは思うし、コン・ヒョジンだからこのドラマはいい作品になったんだろうなとも思ったよ, SMAP、韓流、華流、国内ドラマを愛す主婦です♬個人的感想ですがドラマのレビューを書いてます(๑˃̵ᴗ˂̵), 母に捨てられた痛みを抱えて育ったトンベク。妊娠を告げないまま恋人と別れ、一人で食堂を切り盛りしながら息子を育てている。ある日、不幸を背負い続けてきたようなトンベクが真っ直ぐなヨンシクに出会い…, ヨンシク人気を考えると、実はツンデレよりこういう真っ直ぐなタイプの人をみんな求めてるのかな〜, あんなふうにありのままの自分を認めてくれて、たくさんの愛や褒め言葉を伝えてもらえたらそれは幸せだよね〜, 親子の愛情であったり、夫婦間の問題であったり、どれもこれも共感出来る部分があって心に染みるドラマだったけど、後半ドンベクがあまりにもピルグをほったらかしに私には見えて、ピルグが可哀想すぎてドンベクに共感出来なかったよ。, ジョンニョル(キム・ジソク)のことも、ピルグの存在を知らなかった訳で、そりゃドンベクが妊娠したことを伝えられない状態にしたジョンニョルが悪いんだろうけど、それでもピルグの存在を知ってからの, オンサンの町は厳しいおばちゃん達の町だと思ってたら、みんな本当は温かくて皮肉を言いながらも心の底では心配していたり。. ドラマ「椿の花が咲く頃」、あの感動をもう一度、キャストたちが語るあの名場面 2019年11月26日 先月21日、最後まで視聴者の心をヤキモキさせたドラマ「椿の花が咲く頃(原題:동백꽃 필 무렵)」が幕 … 21日に韓国で放送されたkbs 2tv「椿咲く頃」では、夫婦になったヨンシク(カン・ハヌル)とトンベク(コン・ヒョジン)の新しい未来が描かれた。 自分には父親しかいない 、と. 幼い頃、見たフンシク父の顔だ、って . 捜査線上から消えていたフンシク父 . Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. このページに掲載されている全ての映像・写真はKBS に著作権があり、無断での転載・加工を禁じます, 先月21日、最後まで視聴者の心をヤキモキさせたドラマ「椿の花が咲く頃(原題:동백꽃 필 무렵)」が幕を下ろした。, シンドローム級に愛されるようになった人気の要因から、キャストたちが直々に選んだドラマの名場面までを見ていく。, 最終回で明らかになった本物のカブリの正体は、フンシク(イ・ギュソン)の父親ではなく、まさにそのフンシクだった。, これに気づいたトンベク(コン・ヒョジン)は別名"オンベンジャーズ"と力を合わせ、カブリを捕まえることに成功しその上、トンベクとヨンシク(カン・ハヌル)の愛も実を結んだ。, 命が危ぶまれたトンベクの母親(イ・ジョンウン)は村の人たちの助けにより、無事手術を受けることができ、ドラマはハッピーエンドで幕を下ろした。, トンベク役のコン・ヒョジンは、「もう最終回を見ないで、このまま延長したい気持ち。視聴者の皆さんもラストシーンをこの目で確かめたくないと思うだろう。私も同じ気持ちだ」と振り返った。, ヒャンミ役のソン・ダムビも「とても残念だ。これまでやってきたことがフィルムが流れるように過ぎ去っていく」と語った。トンベクの息子ピルグを演じた子役のキム・ガンフンも「終わってしまい、本当に泣きそう」と述べた。, 視聴者たちの大きな愛情を受けながら、24%に近い視聴率を記録した「椿の花が咲く頃」は、甘いロマンスとスリラー、そして胸キュンなドラマジャンルまでさまざまな要素が盛り込まれ、好評を得ていた。, その人気の要員の中心として、小市民たちの暮らしを現実的に描いた脚本家のイム・サンチュンによる台本の力があったからだ。, 「べクヒが帰ってきた」や 「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」などさまざまなドラマ作品を通じて、筆力を認められたイム・サンチュンが、再びウェルメイド(well-made)ドラマを作り出した。, 同時に、しっかりした台本で誕生した役柄に生命を吹き込んでキャラクターを完成させたキャストたちの熱演も一役買った。, カン・ハヌルは、「視聴者の皆さんが応援してくれたその愛に報いるためにとても努力した。うまく伝わったかはよく分からないが」と感謝の気持ちを表した。, イ・ジョンウン、コ・ドゥシムなど助演を務めた俳優らは、自らのスタイルで子どもを愛する母親を表現し、視聴者を感動させた。中でも、俳優人生で初めて父親役に挑戦したキム・ジソクの繊細な演技も深い響きを与えた。, 彼は、「"父性愛"を演じたのが、一番記憶に残りそうだ。私が得たことがない感情や雰囲気などを多く学んだ」と振り返った。, 村の権力者ギュテを演じたオ・ジョンセや、その前妻ジャヨンを演じたヨム・ヘランの見ごたえのあるストーリーも視聴者を虜にした。, その中の1人イ・ソニは、視聴者の心を捕えた要素として「『こんな村に住みたい』という気持ちになるのでは?と思った。また『こんなお姉さんたちがいる村に住みたい』という親近感がカギなのではないか」と述べた。, このように登場人物全員が主人公だったドラマ「椿の花が咲く頃」は、名ゼリフや名場面がとても多い。, カン・ハヌルは「ご覧になった方はお分かりだと思いますが、おそらくみんなが共感できると思う」と演じた本人も心に残る名場面だという。, 視聴者を眠れなくさせた2人の初めてのキスシーンは、何度見ても胸がドキドキするのではないだろうか。, ソン・ダムビも「『私を忘れないでね』と言った時、撮影していてもすごく胸が痛くなり涙をたくさんこぼした」と述べた。それは彼女がまさしく"人生のキャラクター"と呼ばれるに相応しい名演技だった。, コ・ドゥシムは「とてもいい作品だった。私たちもとても楽しく、幸せだった。視聴者の皆さんも楽しく、幸せに感じて下さっただろう」とコメント。, コン・ヒョジンも「これまで心臓をドキドキさせ過ぎてしまい、とても泣かせてしまった…」と感謝の気持ちを表した。, カン・ハヌルは、「ヨンシクほどいい人がいるだろうか。今一度、ヨンシクとしてごあいさつしたい」と役柄への愛着を示した。, 好評により、今週の水曜日と木曜日の夜に、スペシャル番組「椿が咲きました(原題:동백꽃이 피었습니다)」が韓国にて放送される予定だ。. 考えるべきだった . なぜ、5年前に犯行がストップしたのかを. それは、犯人が事故にあい、歩けなくなったから . 2019年9月18日〜2019年11月21日kbs2で放送の水木ドラマ「椿の花咲く頃」ここに偏見に閉じ込められた女性がいる。誰も彼女の幸せを予想できない。ところがその偏見を少しずつ打ち破り、些細ながらも偉大な奇跡を生み出したのは、平凡なようで平凡でないヨンシクだった・・・。 2019年韓国KBSで放送され、最高視聴率23%というヒット作となった韓国ドラマ「椿の花咲く頃」。Netflixで観終わった感想レビューです。魅力やハマり度評価などはネタバレなしで、ネタバレあらすじ・感想は後半で語っていきます。 2019年11月に韓国KBSで放送が終了したばかりの「椿の花咲く頃」がNetflix独占配信でスタートしたので早速見ました。, 番組最高視聴率が23%にまで到達しヒットドラマとなったことが注目ポイントではありますが、そもそも主演がコン・ヒョジンとカン・ハヌルという地点で当初より大注目していました。, 安定した演技力と個性が出せるふたりが見せるヒューマンロマンス、とても良かったです!, それでは「椿の花が咲くころ」について私の感じたところを今回も本音で語っていきたいと思います。, むやみに切なく(2016) ベクヒが帰ってきた(2016) キミはロボット(2018) 椿の花咲く頃(2019) 他, ベクヒが帰ってきた(2016) サム、マイウェイ(2017) 椿の花咲く頃(2019), コン・ヒョジン(トンベク) カン・ハヌル(ファン・ヨンシク) キム・ガンフン(カン・ピルグ) キム・ジソク(カン・ジョンニョル) オ・ジョンセ(ノ・ギュテ) ソン・ダムビ(ヒャンミ) ヨム・ヘラン(ホン・ジャヨン) 他, 息子ピルグが2歳の時にここ田舎町のオンサンに「カメリア」という名の食堂を開き6年経つが、まだ地元民からはよそ者扱いされていた。, ソウルから地元へと異動となって戻ってきたヨンシクは理想の女性トンベクに出会ってしまい猛アタックを始めるのだった。, ヨンシクがトンベクを想い、息子のピルグとも対等の関係を築こうとする姿が見られます。, 見始めてすぐに気づいたのですが、本作は設定・世界観・キャラクター・キャスト・演出といった要素が見事に相乗効果を出し合っていて一気に物語に引き込まれていきました。, 真っすぐなファン・ヨンシクのちょっと大げさな田舎男子の魅力をコミカルに描きながら、優しくて控え目なトンベクの味方になろうとする姿などのヒューマンロマンスの部分。, そして、二人を取り巻く人物たちのキャラクターや事情なども詳細に設定されていて飽きるということがありませんでした。, 本作のチーフプロデューサーによれば、「秘訣は恋愛4:ヒューマン4:スリラー2の黄金比」だったそうです。→出典:Wowコリアニュース, オンサン市で起っていた連続殺人の犯人がトンベクを次の標的にしている可能性が高かったことから、このサスペンス部分がストーリー中で大きな存在感を示していました。, 韓国ではここまで濃く母の愛を描くことができ、また共感を呼ぶことができるんだなと感じました。, 母として理解できる部分と、韓国ならではの部分なのだろうなというところもありましたが。, 本作の見どころの一つは、トンベクの8才の息子ピルグを演じた2009年生まれのキム・ガンフン君。, 2014年ころから、主人公の子ども時代などを演じてきたガンフン君は本作で印象的な演技を見せてくれました。, tvNで放送された作品に多く出演していたガンフン君のシーンをまとめた動画をtvNが出していましたのでご紹介します。, 「ホテルデルーナ」「ミスター・サンシャイン」「ロマンスは別冊付録」「クリミナルマインドKOREA」の出演シーンがおさめられています。, 濃く深い母子の物語とまっすぐな情熱が眩しいロマンス 人の心の弱さや偏見の暗さにも触れた秀作ドラマ, 熱血さとソフトさ、一途さで猪突猛進する姿と一歩ひいて優しく見守る姿など、カッコ悪いようでいてカッコ良いヨンシクを見せてくれてさすがとしか言いようがありません。, 田舎を舞台にした超ヒューマンロマンスだった懐かしの「ありがとうございます」(2007)をふと思い出しました。, 「ありがとうございます」では、エイズの娘をもつ未婚の母で認知症の祖父を看るヒロインをコン・ヒョジンが好演されていました。, 話がそれましたが、本作「椿の花咲く頃」は20話、見どころだらけだったと言ってもいいほどでした。, 本作は主人公たち以外のキャラクターについてもじっくりとエピソードが用意されていたと先ほど言いました。, それぞれの状況やセリフによって各キャラクターの人物像が掘り下げられ作り上げられていく感覚を楽しむドラマでもあったなと感じています。, 故郷オンサンの小学校野球部に足を運んだジョンニョルは、トンベクを母と呼ぶピルグをみて絶句します。, 結婚し妻子がいても8年前別れたトンベクをまだ恋しく思っていたジョンニョルが、彼女と自分の息子会いたさから足しげくオンサンに通うようになるのは必然でした。, 当然、リークしようとするものがいたり、行動から記者にバレたりと波乱巻き起こりました。, 自分が捨てられたことも母の顔も覚えていたトンベクの人生は、控え目な性格もあって寂しく孤独だったと言います。, トンベクの母に対する憎しみと恋しさ、母が舞い込んできた理由など後半に分かってくるにしたがって切なさが増していきました。, ほぼ後半以降でわかってくるのですが、お母さんは腎臓が悪く、移植しか残された道がない余命わずかな状態でした。, こつこつとかけてきた保険の受取人をトンベクにするために認知症を装ってやってきたことが分かってきました。, お母さんは自分の弱さから娘を手放したことを悔やみ、落ち着いたころ施設に迎えに行くも行く先が分からなくなっていたと言います。, オンサンでは連続殺人犯による犯行とみられる事件が未解決となっていて、犯人が必ず“カブリジマ(ふざけるな)”という文言で始まるメッセージを残すことからカブリと呼ばれているようでした。, 5年経ってトンベクがいよいよ狙われていることが明らかとなり、トンベクを守り抜くべくヨンシクは捜査を推し進めついには犯人にたどり着きました。, トンベクに拒絶されても、自分のお母さんから反対されても、そしてピルグにけん制され、実父ジョンニョルが現れてもトンベクを想い見守り続けたヨンシク。, 一途で純情な強さと、トンベクやピルグを優しく包む思いやりにあふれていたヨンシクの魅力無くしては語れない物語でした。, 息子が自分の血をひいていない子を育てることが残酷だと感じてしまい、子持ちのトンベクを受け入れられなかったヨンシクのお母さん。, 町中がほぼほぼ親戚かというような古い町で、血縁関係のない子の親になるということに現実味を感じられない心情が描かれていました。, トンベクの人柄を知り、ヨンシクの本心と覚悟を知り、ピルグとの関係を築き、ピルグの実父の今後の関わり方を知り、そしてトンベクのお母さんからの願いを聞いた。, さまざまなエピソードとステップを踏みながら、ヨンシクのお母さんが彼らの思いを受け入れてくれるまでの様子は本作のアツい見どころともいえました。, 時代は進み、差別に対する認識も進んできたとはいえ、旧態依然とした偏見が常識だと考える人々もまだいる状況。, 一方では、それが偏見だと分かっていても相手を攻撃する理由にしている劣等感と人の不幸を願うマイナス思考の塊のような者たちもいる現実が描かれていました。, 本作の主人公たちは堂々と偏見に立ち向かう姿を見せてくれ、そして人の不幸をネタに自分を慰めるようなみじめな人々を相手にしない強さについても言及していると感じました。, まるでフンシクのお父さんが犯人であるよう捜査の目を騙すような証拠を現場には残すようにしていたフンシクのせいで、一度はミスリードを見抜けずお父さんを逮捕したヨンシクたち。, ヨンシクによる取り調べでぼろが出てしまったことで真犯人である息子フンシクをかばっていることが分かりました。, ここには誤った方法で子を守ろうとし、その責任を自分が取ろうとした父親の思いが絡んでいました。, 十数年後、ピルグがメジャーリーグに行くことが決まった日、壁にはピルグの妹のものと思しき女子高校生用の制服が。, 圧倒的多数の目から見た常識と呼ばれる基準や偏見の前で、堂々と生きるのはそう簡単なことではないでしょうね。, 本作では、愛情と思いやりをくれた人たちの支えを得て自分の道を強く生きる方法を見つけたヒロインの物語でした。, トンベクとヨンシクの間に生まれたと考えられる女の子の制服の名札には”ファン・ゴウン“とありました。, トンベクのところで働いていて、結果的に身代わりで殺害されてしまったヒャンミさんの本名が確かゴウンさんでした。, そして、ピルグ君の成長した姿を演じたのは「恋するアプリ~Love Alarm」のチョン・ガラム君でした。, 視聴歴18年の韓国ドラマを中心に海外ドラマ・映画などハマれる作品を求め楽しみながら感想を綴ってはや13年の元演劇部ブロガー, 設定・世界観・キャラクター・キャスト・演出といった要素が見事に相乗効果を出し合っていて一気に物語に引き込まれていきました, ピルグ君の成長した姿を演じたのは「恋するアプリ~Love Alarm」のチョン・ガラム君でした。, https://hobbitholy.com/wp-content/uploads/2020/07/habbit-logo.png.