毛糸のカービィ; ビーマニ以外のゲーム; 2010/10/11. 返答を隠す 返答0件 『洞窟物語』(どうくつものがたり)は、開発室Pixel によって製作されたフリーゲーム。ジャンルはサイドビューのジャンプアクション、もしくはシューティングアクション。 アクションロールプレイングに分類されることもあるが成長の概念はなく、どちらかというとアクションアドベンチャーに近いゲームシステムである。 !洞窟物語! 洞窟物語をやっていて、今砂丘にいます。オメガを倒し太陽の石の呪いが解け、ジェンカの家へ着いたのですが、鍵がかかっていて入れません。鍵はどこで手に入れるのでしょうか? 2018-04-20 21:57投稿, D2cS2nnS 2016-07-13 13:36投稿, ホセmob 返答0件 2010/11/05. 返答0件 攻略 洞窟物語. 2012-02-16 20:40投稿, ワザップ!は新しいユーザーを募集中です!ユーザーになるとレビュー・ニュース記事の投稿やメッセージ機能、コメント・各種評価の通知機能が利用できます。, 異成人のメダルの入手方法は「水路の小屋からアイロンヘッドをノーダメージで倒す」ですよ, にくまるカウンターはリトル家族の家の上、ではなく上の方でした。ご指摘ありがとうございました。. 『洞窟物語』(どうくつものがたり)は、開発室Pixel[注 1]によって製作されたフリーゲーム。ジャンルはサイドビューのジャンプアクション、もしくはシューティングアクション。アクションロールプレイングに分類されることもあるが成長の概念はなく、どちらかというとアクションアドベンチャーに近いゲームシステムである。, 2004年11月にテスト版が公開され、フリーのオンラインソフトとして2004年12月に正式なバージョンが一般公開された。一次配布元は開発者のウェブサイトとVector。窓の杜[2]とVector[3]にレビュー記事が掲載されている。, ゲームパッドに対応。パッドでのプレイには3ボタンが必要となる[注 2]。キーボードでもプレイ可能である。, ファミコン時代を彷彿とさせる、レトロな雰囲気のアクションゲーム。本作がレトロゲームと評される理由に、独特の絵柄(ドット絵)やチープな音源[注 3]といった要素のほか、主人公が自分語りをしない、物語を語り切らずプレイヤーに想像の余地を残す、といった様式が挙げられる[要出典]。個々のエリアが広い地形、何回も挑戦しパターンを覚えて攻略するボス戦、注意深くプレイしないと手に入らない隠しアイテムが多くあるなど、手応えのあるゲーム内容も特徴である。, 個人製作のゲームでありながら、1度の作り直しとベータ版をプレイしたユーザーの意見を採り入れた1年間のバランス調整・改良を経て、開発に4年の歳月を費やして作り込まれている。, マルチエンディングを採用しているが、真のエンディングへの分岐が非常に気付きにくいところに隠されているため、初回プレイ時はほとんど通常エンディングルートに入る。通常エンディングルートにおいて、作中メッセージで真のエンディングへの分岐条件を匂わせる箇所がある[注 4]。真のエンディングに向かうための最終ステージでは、特定の隠しアイテムを入手することによってタイムアタックが可能。, 開発者によって公式に配布されているバージョンはWindowsでのみ動作するが、ファンの手によりMac OS X・Linuxなど、いくつかのプラットフォームに移植されている。同じくファンによって表示メッセージを英語化するパッチが作成され、日本国外からもファンを獲得するに至り、いくつかの海外のゲームレビューサイトで本作が取り扱われている。海外のファンの手により、独自にPSPやニンテンドーDSへの移植が行われた。海外では『Cave Story』という題名で親しまれている[4]。, 2008年10月3日、ニンテンドー・オブ・アメリカのプレスリリース、および開発者のサイトにおいて、海外向けにWiiウェア版の配信が発表された(日本国内での配信は未定)。2010年9月には、北米向けにニンテンドーDSiウェア版の配信が発表された。2010年11月29日配信(日本国内では2011年11月22日に配信開始)。, 2011年3月に米国で開催された、ゲームクリエイターのための会議「GDC 2011」に開発者が出演し、本作についての講演を行った[5]。, 2012年には、雑誌『タイム』で「歴史上でもっとも偉大なゲーム100」のうちの1タイトルに選ばれた。, 暗い洞窟の中で突如覚醒した主人公。古ぼけた銃を手にし迷ううち、「ミミガー」と呼ばれる種族の村にたどり着く。村は「ドクター」と呼ばれる人間と、その配下の脅威にさらされ、ミミガーたちが次々と拉致されていた。そんな中、主人公の前へ、ミミガーの「スー」を探してドクターの配下が現れる。そして、「スー」と間違え「トロ子」を連行していった。, 主人公は、スーがかくまわれていたという「アーサーの家」へとたどり着く。そこには「転送装置」があった。主人公は、転送装置による冒険を続け、スーの兄「カズマ」や「ブースター博士」と出会う。彼らによれば「ドクター」は戦争を始めるために赤い花を集めているという。ドクターとは何者なのか、そしてさらわれたミミガーは何処へいったのか。主人公は脱出手段を、そして失われた己の記憶を求めて、洞窟をさまよう。, かつて「悪魔の王冠」の破壊を任務として、島へ派遣された2人組。10年前に島で起きた出来事によって記憶をなくしてしまった。, 洞窟内に住み、花を主食とする種族。垂れ耳で白い毛並みに覆われた、ウサギか犬に似た外見をしている。赤い花を摂取すると死んでしまうとされている。, この島は、地上のはるか上空に浮かんでおり、それは島に潜む「コア」の能力によるものである。, このゲームで登場する武器は全て銃器や投擲武器、いわゆる「飛び道具」である。 剣であっても、相手に投げつけて攻撃する。, 敵を倒すと出現するエネルギーの結晶「パワークリスタル」を入手することで、武器が強化されていく。強化の度合いはレベルによって表され、レベル1から最大3[注 17]まで上がる。それぞれのレベルで威力や射程などが変化する。敵からダメージを受けると武器エネルギーも低下してしまう。, 以下の武器はストーリーの展開に伴い、特定の武器と交換することで入手できる。交換対象の武器と同時に持ち歩くことはできない。, 各エリアに点在する、固定位置の安全地帯に配置されたセーブポイントで進行状態の記録(セーブ)が可能。セーブポイントはフロッピーディスク状の物体として表現され、調べるとセーブの可否を問うウィンドウが現れる。セーブポイントの付近には「サーバー」と呼ばれる装置が設置されていることがあり、こちらを調べると体力の回復とミサイルの補充ができる。, 『洞窟物語』には、一般に公開されていない旧バージョンが存在する[8]。これは開発者が学生の頃に開発していたもので、細かい調整を残してほぼ完成されていた。, しかし、前述の『いかちゃん』のファンであった学友に見せたところ、「期待したほど面白くなかった(システムやゲームバランスなどが荒削りで、『いかちゃん』の次回作として期待に応えられるものではなかった)」と評され、作り直しを提案された。, この一言で、このまま完成させるか作り直すかの二択に悩んでいたが、ある日、帰宅をともにした、この友人からの「フリーでゲームを作っているのなら、作っている自分自身が『満足する』ことが最終的な目的になるんじゃないか。だから、一番満足できるようにするのがいいと思う。」という言葉で、旧バージョンを全て捨てて一からの作り直しを決断することとなった[9]。, 従来、同人作品ではBGM演奏にMIDIが用いられるが「プレイ環境に依存し、演奏の再現性が悪い」という難点がある。このため当作品では、独自開発された「オルガーニャ」と呼ばれる演奏ドライバが使用されている。これはサンプリング音源をソフトウェアエミュレートしたものであり、レトロゲームを彷彿とさせる独特の味わいがある。前作『いかちゃん』でも、プロトタイプである「PiyoPiyo」が使われている。, のちに開発者は、オルガーニャのサポートを第三者に譲り、ゲーム用音楽ドライバとして、より汎用的に使えるよう設計を一から作り直した「ピストンコラージュ」の開発に取り組む。, 『洞窟物語』はWindowsアプリケーションの形態で発表されたゲームだが、ファン有志によって他のプラットフォームへの移植や、企業によって追加要素を施したコンシューマーゲーム機向けの移植が行われている。, 大泣きWWW によって移植が行われた。ユニバーサルバイナリであるため、Intel Macでも快適にプレイができる。ゲーム内容はWindows版とほぼ同じだが、一部のキーコンフィグが使用できない。, PlayStation Portable(PSP)の非公式な自作ソフト(Homebrew)として、ufo_zによって移植が進められている。2007年11月時点のバージョンではPSPのワイド画面に対応し、動作もPC版と遜色のないものとなっている。日本語と英語の両言語に対応。また、2012年2月初旬に署名版が公開され、公式FWでも起動が可能になった。, 2008年10月3日、ニンテンドー・オブ・アメリカのプレスリリース、および開発者のサイトにおいて、Wiiウェア版『Cave Story』が発表、同時に準備中の公式サイトが公開された[10][11]。開発は米国のNicalis(英語版)社、公式サイトは同年10月6日開設。グラフィックや音楽が一新されているが、従来の様式で遊ぶクラシックモードもあり、Wiiウェア版だけの新要素などが追加されている。海外で2010年3月22日にリリースされており、日本国内でのリリースは未定。, 2010年9月にWiiウェア版の移植を担当したNicalis社によって発表された。配信日は2010年11月29日(北アメリカ)。, 日本での配信は、同じくゲーム配信でNicalis社に関わりのあったNIGOROのチームと開発者の交流を機に、NIGOROの運営会社であるアスタリズムが配信することを、『洞窟物語』の記念イベント放送で告知。2011年11月22日に配信を開始。価格は1000DSiポイント。ボスラッシュモードや難易度を設定可能。DSiウェア版公式サイトのブログにて、「10月以降に立ち上げるとサプライズがある」と意味深な言葉が開発者から語られている。, 2011年2月、ニンテンドー3DS版の北米での発売が告知された[12]。タイトルは『Cave Story 3D』。発売元は日本一ソフトウェアのアメリカ法人であるNIS Americaが担当。発売日は2011年11月8日。日本では日本一ソフトウェアから『洞窟物語3D』のタイトルで2012年7月26日に発売され、レトロゲーム『クレイジー・クライマー』『ドラゴンスレイヤー』『いっき』のキャラクターとのコラボが行われた[13]。本作では2D版をもとに3Dモデルに置き換えられ、『Super Meat Boy(英語版)』などの作曲を務めたダニー・バラナウスキー(英語版)が編曲を担当している。, また、2012年10月4日にはオリジナル版『洞窟物語』がNicalisより発売。日本では2015年9月30日にピッキーより発売されている。, Nicalisより『Cave Story+』のタイトルで発売。発売日は、Mac App Store版が2011年9月7日、Steam版(Windows, Mac OS, Linux)が同年11月23日、Nintendo Switch版が2017年6月20日。日本のNintendo Switch版はピッキーより2018年2月8日に発売された。なお、Mac App Store版は2015年に販売が終了しており、再ダウンロードは出来るが最新のmacOSではエラーで起動ができない。, 海外の有志による英語バージョンも存在し、独自にセーブ領域の拡張なども行われている。これをエミュレートする形であるがワンボードマイコンRaspberry Pi版も存在し、公式Pi Storeから無償ダウンロード可能。, 同じ開発者の作品に『いかちゃん』(1999年発表)というゲームがある。『いかちゃん』は海中を舞台としたサイドビューのアクションゲームで、烏賊に似た主人公を操作して海底地震によって閉鎖された空間からの脱出を図る。, 『洞窟物語』に登場する「アイロンヘッド」は、この作品のラストボスである。また、『洞窟物語』でダメージを受けずにアイロンヘッドを倒すと、『いかちゃん』の主人公が描かれたアイテム「異星人のメダル」が手に入る。, 当時、島はロボット達に荒らされて滅茶苦茶で、ミミガーはたくさん殺されていたとのこと。, [GDC 2011]日本の同人ゲーム作家がGDCで講演を行うという快挙を達成。フリーゲーム「洞窟物語」の作者 天谷大輔氏による講演の模様をレポート, 耳が長いから,ミミガーです - 「洞窟物語」は意外にも行き当たりばったりで,多くの人に助けられた作品だった。原作者の天谷大輔氏が語る制作秘話, 個人開発者の天谷大輔氏が「洞窟物語」で講演 北米からも賞賛されるゲームの開発ポイントを語る, 3DS「洞窟物語3D」最新情報。「クレイジー・クライマー」「ドラゴンスレイヤー」「いっき」という名作3作品から操作可能なコラボキャラが登場, Cave Story (Doukutsu Monogatari), A Tribute Site, The Independent Gaming Source: The PIXEL Interview, PSP自作ゲームの最高傑作「洞窟物語」が完全無改造PSPでも遊べる!