あの写真にまつわる裏話、そのことをずっと話さずに亡くなった父親。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 また、アメリカという国は、個人を大切にすると思っていたので、海に落ちたまま助けられずに兵士が見捨てられるシーンは、かなりショックでした...続きを読む, みなさん「どちらも見て」とのアドバイスばかりですが、 アメリカの人も自分が行った戦争について、口を開きたくない人がいるんだと思いました。  明るくなる前に、点呼があり、這いつくばったまま17人が返事をして、「結構生き残っているな。」と思ったそうです。 『硫黄島からの手紙 ... まだ見ぬわが子を胸に抱くため、どんなことをしても生きて帰ると誓った西郷、そして彼らを率いた栗林もまた、軍人である前に夫であり父であった。61年ぶりに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされていく。 評価 日本. お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。 何をつけて食べてますか?お勧めのたれなども教えて下さい。手作りのたれを作ってるかたは、たれの作り方も教えて頂けると嬉しいです! 彼らが、その2名だったのでしょうか? 時間が経ち、状況が変わった(終戦など)のかなと思いまして。 早期に指揮官の戦死がありましたが最後の最後まで徹底抗戦を貫いたようです。 我が家では、長ねぎ、えのき、まいたけ、お豆腐、白菜、くずきり(マロニーとかでもOKです)、を入れてます。 旦那が、鍋以外にもおかずを欲しがる人なんです。 アメリカ兵の手紙も日本兵の手紙にもあるように、家族を大切に思う気持ちは一緒だということ、家族の無事を願う気持ちは一緒ですよね。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); Copyright (C) 2020 ちりめんちょ All Rights Reserved. 『硫黄島からの手紙』(いおうじまからのてがみ[3]、英: Letters from Iwo Jima)は、2006年のアメリカ合衆国の戦争映画である。『父親たちの星条旗』(Flags of Our Fathers)に続く、第二次世界大戦における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品である。, 劇中の栗林忠道陸軍中将の手紙は、彼の手紙を後にまとめた『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)[4]に基づいている。監督やスタッフは『父親たちの星条旗』と同じくクリント・イーストウッドらがそのまま手掛けた。当初のタイトルは『Red Sun, Black Sand』。ワールドプレミアは2006年11月15日に日本武道館で行われた。また、日本国内でテレビスポットにHDが採用された最初の作品である。, 硫黄島でのアメリカ軍と死闘を繰り広げた栗林忠道陸軍中将指揮による日本軍将兵と、祖国に残された家族らの想いが描かれる。ストーリーはタイトルである栗林や西郷が家族へと向けた手紙を基に展開される。, 監督は当初、日本人を起用する方向だったが、前作『父親たちの星条旗』を撮影中にイーストウッド本人が自らでメガホンを取る意思を固めたという。資料を集める際に、日本軍兵士もアメリカ軍兵士と変わらない事がわかったというのがその理由である。, 『父親たちの星条旗』クランクアップまもなくから撮影が進められ、撮影の大部分は、カリフォルニア州バーストウ近郊の噴石丘と溶岩層で出来た地帯であるピスガ・クレーター周辺で行われた。戦闘シーンやCGの一部は『父親たちの星条旗』からの流用である。また、硫黄島での映画ロケが、1日だけ東京都から許可された。このとき撮影された映像は、栗林が防衛計画を立てるために海岸の調査を行うシーンや、オープニングで摺鉢山頂上に建立されている硫黄島の日本軍側慰霊碑から、島全体を見下ろしていくシーンなどに使用された。, 全世界における配給はワーナー・ブラザース。日本では、2006年10月28日に公開された『父親たちの星条旗』に続き、同年12月9日より劇場公開がスタートした。アメリカ国内での公開は賞レース等の兼ね合いもあり紆余曲折したが、2006年内に公開される事が決定、12月20日よりニューヨークやロサンゼルスで限定公開され、翌2007年1月からアメリカ全土に拡大公開された。公開時期の変更は、関係者や批評家・記者向けの試写の評判が良かったためだとされる[5]。また、この措置により『父親たちの星条旗』と共に第79回アカデミー賞の対象作となり、作品賞・監督賞・脚本賞・音響編集賞にノミネートされ、音響編集賞を受賞した。, 2007年4月20日には、DVDが発売・レンタル開始。8月10日に、HD DVD / Blu-ray Discが発売。, 2006年、東京都小笠原諸島硫黄島。戦跡の調査隊が、地中から数百通もの手紙を発見した。それは、61年前、この島で戦った男たちが、家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。, 太平洋戦争の戦況が悪化しつつある1944年6月、小笠原方面最高指揮官・栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)が硫黄島に降り立った。本土防衛の最後の砦とも言うべき硫黄島の命運が栗林率いる帝国陸軍小笠原兵団に託された。着任早々、従来一般的であった水際防衛作戦を否定し、内地持久戦による徹底抗戦に変更、また部下に対する理不尽な体罰を戒めた栗林に兵士たちは驚きの目を向ける。今までのどの指揮官とも違う男との出会いは、硫黄島での日々に絶望を感じていた応召兵・西郷陸軍一等兵(二宮和也)に、新たな希望の光を抱かせる。, 栗林が水際防衛や飛行場確保に固執する海軍軍人らの反対や突き上げを抑える中、硫黄の臭気が立ち込める灼熱の島、食料も水も満足にない過酷な状況で、掘り進められる地下陣地。張り巡らせたこのトンネルこそ、アメリカ軍を迎え撃つ秘策だったのだ。, 1945年2月19日、事前の砲爆撃を経て、ついにアメリカ軍が上陸を開始する。その圧倒的な兵力差から5日で終わるだろうと言われた硫黄島の戦いは、死傷者数が日本軍よりアメリカ軍の方が多いという、36日間にも及ぶ歴史的な激戦となった。, まだ見ぬわが子を胸に抱くため、どんなことをしても生きて帰ると誓った西郷、そして彼らを率いた栗林もまた、軍人である前に夫であり父であった。61年ぶりに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされていく。, テレビ・新聞・雑誌をはじめとして本作に関する反響は大きく、公開後最初の国内映画興行成績でトップを飾った。公開直前から栗林忠道の人となりや硫黄島の戦いを紹介したドキュメンタリーや関連ドラマがテレビ各局で放送され、関連本も数多く出版されるなど、硫黄島がブームとなった。, それまでのアメリカ映画では、日本を描いた作品や日本人の設定でありながらも、肝心の俳優には中華系や東南アジア系、日系アメリカ人などが起用されたり、日本語に妙な訛りや文法の間違いが目立つ一方で英語を流暢に話すといった不自然さが目立つことが多かったが、本作品ではステレオタイプな日本の描写(日本の文化や宗教観など)や違和感のあるシーンが少なく、「昭和史」で知られる半藤一利も「細部に間違いはあるが、日本についてよく調べている」(朝日新聞2006年12月13日)と高く評価しており、日本に対して多大なる敬意を払って本作品を作り上げたことがうかがえる。, 本作品の劇場公開によって硫黄島の戦いが日本国内で広く認識されるようになり、世代によっては本作品で初めてこの戦いのことを知ったという人もいる。映画公開後から、小笠原村役場に「硫黄島へ観光に行きたい」という要望が多数寄せられており、村役場の担当者を困惑させている。, 自衛隊(海上自衛隊・航空自衛隊)の硫黄島航空基地が存在する硫黄島は全体が自衛隊の基地でもあるため、東京都と自衛隊の許可がないと上陸できない。民間人の上陸許可は、基地の保全改築に伴う建設関係者、火山活動・気象観測のための学術調査員、旧島民や遺族・硫黄島協会などによる慰霊や戦史研究者、戦没者の遺骨収集・本土帰還事業の関係者に限られている(事故や遭難による緊急避難での上陸は除く)。, ただ、年に1回は硫黄島を含む火山諸島のネイチャーウォッチング目的で、クルーズ客船が運行されている[6]。, アメリカでの評判もきわめて高く、全米映画ランキング(週末、日別、週別興行収入ランキング)では一度もトップ10入りはしていないものの、前述の通り第79回アカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞・音響編集賞にノミネートされた。全編日本語の映画が外国語映画賞ではなく作品賞にノミネートされるのは初めてのことで、外国語映画としては7本目である。, ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞最優秀作品賞など、多くの賞を受賞した(#賞歴を参照)ほか、CNN.comでは「今年のアメリカ映画で唯一『名作』と呼ぶことをためらわない映画」と評価され[7]、ニューヨーク・タイムズではA.O.スコットが「ほとんど完璧」と述べる[8]など、話題作となっている。, イーストウッドは、当初は日本側から描くこの映画は日本人監督に依頼するつもりであった。彼と長年共に仕事をしているチーフカメラマンによれば、彼は、今作品の構想を練る際に「黒澤なら完璧なのに」と漏らしたという。その後、上述したとおり、彼自身がメガホンを取った。, 撮影に先立ち来日したイーストウッド監督が、硫黄島の所在する自治体東京都知事石原慎太郎を訪問、挨拶と映画の主旨についての説明を行い、2人の和やかな歓談もみられた。, 日本での上映において、タイトルは日本語で表記されているが、エンド・クレジットは全て英語である。, キャストは、イーストウッドが以前会った事があって出演を直接依頼した渡辺を除き、全員がオーディションで選定された。二宮和也 、加瀬亮 、伊原剛志 、中村獅童 、山口貴史 、尾崎英二郎 が日本本土から起用され、その他台詞のある出演者はすべてアメリカ国内で選抜された日本人俳優である(裕木奈江も現在アメリカ在住)。西郷役は二宮に感銘した監督が新たにつくった役であり、このため当初の映画のストーリーを変更している。, 二宮和也曰く、オーディションでは絶対に返却しなくてはいけない台本を渡され、演じる場所はその中から選ぶ形であり、同じセリフを選んだ者すらわからない状態で行われ「手ごたえが何にもないままフワーっと終わって「落ちたな」という確信しかなかった」という。そのため、オーディションに受かった際には「何の役なんだろう?」と不思議だったという。, この作品以前にも、『ラスト サムライ』等のように日本人が日本語で演技をするアメリカ映画は存在するが、日本人が主人公で、なおかつ全編日本語(アメリカ人との会話時を除く)のアメリカ映画は、この作品が初めてである。本作では、アメリカ人は栗林中将の回想シーンとその他大勢のアメリカ兵と捕虜1人の脇役しか登場せず、NHKハイビジョンで放送された特番「クリント・イーストウッド 名匠の実像」[9]のインタビューにおいても、イーストウッド自身本作を「日本映画」と呼んだほどである。また、シネマ通信では、最初のお披露目であるワールドプレミア試写会が日本で行われることについてどう思うかという質問に対し、「ふさわしいと思うよ。日本人監督である僕が撮った日本映画だからね」と冗談めかして答えた。, 陸軍第109師団長 兼 小笠原兵団長。階級は陸軍中将。硫黄島守備隊に新しく着任した指揮官。着任早々、従来の日本軍の攻撃方法である水際作戦を取りやめさせ、また不用意な突撃(いわゆるバンザイ突撃)、指揮官の兵士に対する体罰を禁ずるなど行ったことから兵士からは驚きの目で見られるとともに歓迎されるが指揮官たちからは異端の目で見られる。在米日本大使館の駐在武官を務めた経験があり米国の生産技術や軍事力を侮ってはいけないと指揮官たちに忠告する。また彼の腰には駐在武官時代に「友情の証」として米国軍高官から送られたコルトM1911のカスタマイズモデルを携行している。, 硫黄島守備隊所属する兵士。階級は陸軍一等兵。応召兵であり、軍役に就く前は妻、花子とともにパン屋を営んでいた。物資に余裕がある時代はあんパンやカステラを作っていたが、戦局が悪化し憲兵があらゆるものを持ち去っていったことなどから、憲兵出身である清水にあまり良い印象を持っていない。 「正しい認識、考え方」 話が続いてる映画ではないのでどちらからみても大丈夫ですよ。 皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。 こう言う個人の能力を研鑽し、 また、アメリカという国は、個人を大切にすると思っていたので、海に落ちたまま助けられずに兵士が見捨てられるシーンは、かなりショックでした。(一人の兵士を助けるために、部隊が動く戦争映画のシーンってよくありませんか?) 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 イデオロギ-と言うんです。 もし、今のやる気のない若者が戦場に出ていくという状況を匂わせているのかしら?と。 やっぱり、みなさん、いい仕事してくれたなぁ・・・と思います。, 硫黄島の映画、両方とも見ました。 渡辺謙さんならまだしも、二宮君の演技が本当に絶賛すべきものなのでしょうか?アメリカ人にはそう見えるのでしょうか?, 硫黄島の映画、両方とも見ました。 資質があるなら、ジャニーズから抜けて1人の役者として、独立してほしい。ジャニーズは、もういいよ。, やる気がなさそうやったから、やる気が無さそうな役にピッタリ…そのまんまやん。何これ、ヨイショ記事, やる気のなさ加減も含めて、イメージに一番合ってたんだと思う。ただ、うまいと思うんだけど、たまに声を荒げた演技になるとセリフが聞き取りづらい。それは直して欲しいと思うんだけどな。, 確か西郷という役は最初無かったけどオーディションで二宮くんを見た監督が急遽西郷という登場人物を用意した、と聞いたな。, 実際に才能を見抜いたからこその抜擢でしょう。渡辺謙さん主演の映画だけど、ストーリーにおいての主人公は二宮くん演じる西郷だったし。こういう話を笑い話で終わらせるのが二宮くんらしいけどw, 金足の吉田投手じゃないけど、ニノも役者のギアが3段階くらいあるんじゃないかな。被疑者を追い詰めるシーンはただもう、圧巻でした。, この映画で初めて二宮和也って知った。内地で待ってる奥さんが裕木奈江だったのは意外だったが。ニノが劇中に「オレはパン屋だったんだ。あんパン、ジャムパン・・・・(金属接収で)みーんな取られちまった。」ってセリフを覚えてる。*セリフは記憶でたぶん正しくないです。, 映画のラストシーンはニノのために追加したシーンだと、当時言っていたから監督に認められた証拠と思う。モチベーションが上がるよね、自分の為に出演シーンを増やしてもらうなんて。個人的には蜷川さんの映画が良かった。, そんなにオーディションに落ちてたとは意外松浦亜弥と共演した青の炎を観て、凄く演技力と言うか独特の目力がある、いい俳優だなと思ってたから。, ブラックペアンの時も役に合ってたと思う。あんな役をやったと監督が知ったら、監督は笑いそうな気がする(笑), 私服に興味ないのも、次の役まで切らない髪型も、その時の現場に染まれる原因だと思う。俳優の時だけでなく、嵐のステージ作りも、他のメンバーのアイデアにすっと入っているみたいだし。, さすが世界の名監督だろが。特殊ブーツをはきこなす度胸と、嫌味嫉み妬みを口をひん曲げて、ネチネチという狡猾な姿勢に驚愕したんだろが。口を720度よじ曲げてのちんちくりん音頭は、監督もカルチャーショックを受け、呆然と立ちすくんだんだろが。, アイドルではなく俳優としてやっていこうとしてるのかな。そんな時期に来てますよと言いたいのかもなぁ。, ジャニーズだから全てゴリ押しで出れてるんだと思ったら違うんだな。少し共感を持った自分がいる。(笑), イーストウッドは早撮りで有名。「ワンカット目が1番いい演技をする」という理由で基本的に1回しかフィルムを回さない。そういう部分でも(良い意味で)演技に固執しない二宮に惹かれたのかもね。, 誰だか忘れたけど、たけしもクリントと同じ’ヤル気のないヤツの方が面白そう’という理由で映画の主役を抜擢してましたよね。, 硫黄島のときは確かにはまってたけど、他はほぼ同じイメージ。切れて怒鳴る青年以外は今一つ。, いやいや、言ったとしてもジョークで、なにか惹き付けるモノがあったから合格したんでしょ。あんな重要な役を、本当にヤル気がないと思える俳優に任せる訳がない。, ジャニーズ云々関係なくこの年代ではトップクラスで上手いでしょ。最近はカメレオン的な個性派みたいな若手はけっこういるけど、これだけ自然な演技が出来る人なかなかいないよ。俳優ってことで言えばむしろジャニーズなのが足かせになってない?, 彼の演技は実はあまり知らなくてでも、いろんな作品の予告だけは結構見てて、予告だけでも演技は上手いなって思ってたけど、そうかヤル気のなさかちょっと面白い, そうだったんだー…でも実際に演技上手だし、短い演技とリアルな態度のなかに、監督も見抜いていたと思います。あの役は彼しかできないと思うほどでした。でも沢山のオーディションも受けていたんですね。陰で色々頑張っていたんだなぁ。, 役を、イメージして、スッとやれてしまうからニノが、その役の等身大に見えてしまうような魅力が演技につながってしまうのでしょうか?いつも何だか、役にはまっている感じがする。, いつまで硫黄島?わざわざ古いエピソード持ち出さなくても今の演技で十分証明されてるよジャニーズでは(強調)上手です, クリント・イーストウッド監督に会う事は自分にとって何らかのプラスになるという考え方が良かったんだと思う。それが実現しなかったから、オーディションでは、やる気が無くなった訳で。, 自分は何気に怒る演技がうまいと思う声も高いし飄々としてて覇気のない方があってそうだけど、その中で怒りを表すのがうまいなーと, いえいえ勘違いしないで。役者の99%の人はこのオーディションに呼ばれませんって(笑), 当時は、そんな事を言ってなかった(笑)でも、人のヤル気なんて何がきっかけになるか判らないもんだね。, 久代萌美アナ、松本人志への発言で炎上し苦しんだ日々を告白→良い返しやったと思ったけどね。, 竹田恒泰氏が皮肉たっぷり韓国とは「縁切り」→一千年ぐらい関わりを絶つべきだと思います。, テリー伊藤氏、日大生が幹部のイベントサークルでの事件に「これはたち悪い」→もうアウトでしょう, 西武優勝が「情けない。負け試合で胴上げ」…関口宏の批判に落合博満反論→でもやっぱり勝って決めたいよな?(笑), RYO、DEEPとLDH JAPAN卒業発表 →12年間?全く日に当たらんかったね. 日本が戦争になったら参考にしたいです。戦場から逃げたとか通信兵で後方部隊だったとかはNGです。最前線で戦って生き残った人のどうやって生き残ったのか知りたいです。, 父の友人で、フィリピン戦線で戦った人の話を記載します。 栗林中将のご家族(特に奥様)は、手紙を読まれたら、さぞかし喜ばれたのではないかと思って。  そして、日が沈み、夜になってから少しずつ後退して、日本側の塹壕まで戻ったそうです。 体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を 激しい抵抗と奪還作戦を敢行し続けた為に兵力の損害は著しく、数日間で陥落してしまいます。 摺鉢山は南方に位置し、初期目標とされ、 しかし、元憲兵の清水とうち解けるあたりから、魂入ってきた感じになり、西郷という人間が、人として、重みがでてきたなって感じました。 でも、アメリカの監督が戦争を両面から製作したことは、すごく価値があると思います。 鬼滅の刃シールだけ抜き取ってお菓子は食べずに捨てられていた→ビックリマンの時も同じ現象がありましたね, コロナ感染最多に「不安」84% 共同通信世論調査→不安を感じない人間はいないと思う, 琴奨菊が引退、年寄「秀ノ山」襲名→琴バウアーとがぶり寄りが代名詞のファンに愛される力士でしたね。, 人気アイドルグループ・嵐の二宮和也(35)が24日放送の日本テレビ系「ZIP!」(月~金曜・前5時50分)にVTR出演し、米ハリウッド映画「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督、2006年)の秘話を明かした。, 24日公開の映画「検察側の罪人」(原田眞人監督)では、ジャニーズ事務所の先輩・木村拓哉(45)との初共演が話題になっている。嵐メンバーも自身も、共演が決まった時は驚いたという。, 二宮は14歳の頃から俳優業を開始。しかし当時は、演技の評価は低かった。「(オーディションを)何十本やってもダメで、落ちるのが当たり前すぎちゃって」という二宮に、, インタビュアーの團遥香(25)は「俳優になりたくて自ら受けたいと言っていたんですか?」と質問。すると二宮は「そんなことないよ。俳優になりたかったら、ジャニーズに入っていないでしょ」と返し笑わせた。, しかし、23歳の時に「硫黄島からの手紙」でジャニーズ事務所のタレントとして初めてとなる“ハリウッド進出”を果たす。演じたのは“全くやる気のない日本兵”西郷昇陸軍一等兵役だったが、出演にいたる経緯は意外なものだった。, 人生の転機となったオーディションについて二宮は「クリント・イーストウッド監督に会えると言われたから。会うだけでも十分価値のあるオーディションだと思って」と回想。「行ったら(監督が)いなくて。置いてあるカメラに向かって演技してくださいと言われた。, いないからいいやと思って短いシーンを披露したら、『それだと分からないから、もうちょっと長いのやってくれ』と言われた。けど、僕はこれで大丈夫ですと返した」と明かした。, しかし、その間もカメラが回っており、そのやりとりを見たイーストウッド監督が「こんなにやる気のない子も珍しい。ぴったりだよこの役に」とオーディションとは別の“全くやる気のない日本兵”役でハリウッドデビューを飾った。, 二宮は西郷一等兵の演技が評価され、俳優活動へ力を入れるように。16年の映画「母と暮せば」(山田洋次監督)で、V6・岡田准一(36)に続くジャニーズ2人目の日本アカデミー賞主演男優賞の栄冠に輝いた。, 引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000073-sph-ent. 一応これは一つの例ですけど。 その際、あさつきがあるとよりおいしいと思います。 日本がより良い国になる 「上手い付き合い方」 硫黄島からの手紙を観ました。ラストで、西郷(二宮和也)と伊藤(中村獅童)が、生き残ったように描かれていますが、彼らは長い間、島内に潜伏していたのでしょうか?白旗を揚げた清水(加瀬亮)は殺されたのに、シャベルを振り回した西郷が殺 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 どなたか教えてください。, イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか? お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか? 後から考えると、監督は、わざと今現代の若者としての二宮君を採用したのかなと思いました。 これを見て考えてくれ~って感じがいいです。 よろしくお願いします。, お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。 ただし、顔写真がないものは、複数の提示を求められることがあります。 こうしたら、普通に炊いたご飯みたいになるよ・・・なんてことはないでしょうか? 夏の余りのそうめんの消化にもなります(笑)。 どなたか「これぞスーパー脱臭!」という商品Or裏技がありましたら教えて下さい!私はかなりにおいに敏感な方だと思うので,少しでも多く脱臭したいのです!, うちは食器棚に食器を入れていますが、匂いはつきません・・。 そりゃ生きたいに決まってる。でも、戦争をしている現状、環境がそこにあり戦わなければならなかったのだ。 投降しても殺される、本土からは援軍は来ない、戦い .