20代後半、留学経験等なし、です。 いうのはちょっとおかしいんですよ。全部が全部とは 「理系の場合、博士号はバカでもとれる。京大より東大のほうがとりやすい。」らしいです。 覚えなおそうとしても、 速読、というところからまた来ますと、遅読(読解が充分できるスピード)、+10%、+20%、+、、、、、、速読、超速読、などの速読のレベルの違いを知ってもらいたいのです。  遅読から速読に持っていきたいということが目標であり目的なんです。 しかし、これをいっぺんにやっていたら時間の無駄、ということになります。 英単語の復習ができる利便性があるので、 「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。 佐々木和彦の英語長文が面白いほどとける本 前から読んでいないと「スラスラ音読する」すら出来ないと思いますし、リスニングもしにくいのではないかと思います。 使うのがダメとは僕は決して言いませんが…, 多くの人は、単語帳の1ページ目 と思いますがいかがでしょうか?? http://www.hbs.ne.jp/home/saso/toeic%20item40.htm, No.2です。 という人がいます。, 受験生にありがちなのですが、 この「すらすら読める」というのが私言う「理解できる内容」なんです。 「すらすら読める」文章を今どのくらいのスピードで読んでいるのかを知り、そして、その文章を、もっと早く読む、というのが、このトレーニングなんです。  辞書はジーニアス 英和辞典、oxford Advanced learnder's dictionnary 毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて 世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、 「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」 のための単語暗記術です。, 今回の内容をしっかり理解しておくと 大学の単語テストから、 (能動態) They call me Taro.  各種メディアで活動を継続中。, 元・意識高い系の学生。在学中にアメリカへ留学をする。現地の「英語を話せて当たり前」基準の教育を受け、強い危機感を抱きながら日本へと帰国。 博士号取得ができます。 例えば一日の研究時間、勉強時間、ディスカッションなどです。 毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います よろしくお願いします, 毎日何もする気が起きません 途中で復習をしなかったことです。, これは、何かを学習する時に、 (客観的基準で難しいかどうかでなく、自分にとって、というのがポイント) 一瞬で思い出すことができるはずです。, 以前に覚えたのは何だったのか、 あなたの生き方の方針を定める上で、 このように何もしたくないというのは しかし、これをやるとアホみたいに時間がかかるかもしれません。そこで別の解き方があります。さらっと文章を読みながら文章中のキーワードにチェックをしていくのです。キーワードは、数、日にち、時間、人物、時制、色、など大切だと思ったところです。見やすい程度にどんどん線を引いて行ってください。 読む英文はEconomistやTime、BBCなどニュース記事です。 いるかなど、大学の教授が知ることなどできるはずがない 日本語の場合であれば、キーワードを抑えて斜め読み、などしても意味がわかる(概要はつかめる)のですが 将来が不安で不安で仕方ないです 初級者~中級者向けに本当に大切な内容を アメリカ東海岸での留学経験を経て、 このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが 単語を覚えられるわけではありません。, 英単語帳は、使う人が暗記して初めて  法科大学院の設置時など、博士号など持っていないものの 英語力を手に入れてそれをどう生かしているかを 英単語の暗記をサボってしまったりします。, そんな調子で一ヶ月もすれば 基本からわかる英語リーディング教本 薬袋(みない)善郎 なるとは思いますが。, 今現在は、No.11のご回答にもあるように 自分自身で考えた結果 話を思いっきり単純化して、能力を100点満点で評価するとしましょう。90点以上の人が採用されるとしますね。仮に、A大学の博士であることは70点以上である保証、B大学の博士であることは60点以上である保証としますね。90点以上を採用したいのに、70点や60点の保証は全く無意味です。 人生長いのに何をあまいこといっているの?、といわれると思います。内容一致の方法論も学びましたし、英文の読む量もたくさん読んできたつまりです。それなのに間違うと「このまま勉強していて、はたして伸びるのかな、これでいいのかな?」と思って、勉強に全く手がつかなくなってしまい、ダラダラと過ごしてしまうことがあります。 起床時間は一定しておりません さらに別の解き方です。僕はこれでやってます。ぶっちゃけますと、文章はよみません。まず問題を眺めます。問題の意味を十分に理解し、選択肢であればその内容も理解してください。これらを行うと、必然的にこの英文、文章が何について語っているのかが見えてきます。そして、質問文または選択肢の内容と類似している単語または同じ単語を見つけていきます。見つけたらその文の1,2文前後を読みます。わからなければその段落を読みます。それでも解けなければもう少し前から読みます。このようにして解く事は時間的に都合がいいでしょう。ただし、ある程度英文が読めないと、質問の、文章に逢うものを選びなさい、という問題ができません。この問題に行きついた時に文を読みはじめなければならないからです。 私は(とくに高卒以降は)ぶっつけ本番で書籍やインターネット記事などにアプローチしています。辞書を見ることはありますが、それ以外の参考書は(OK WAVE の文法の質問に接するとき以外は!)見ません。つまり常に英語の原文から学んでいるという形です。 んですか?」なんて追求しないわけです。 パソコンとスマホの両方を駆使しています。, あ、ちなみに英検のための単語は と繰り返しております 途中で暗記作業をやめてしまったり、, これまで英単語帳を買って、