・「内閣不信任決議」および「内閣信任決議」の権限が与えられています(憲法第69条)。, それでは、国会法上の優越にはどのようなものがあるのでしょうか。内容は次のようなものになります。 概説. 衆議院の優越(しゅうぎいんのゆうえつ)とは、日本の国会において衆議院が参議院に対して有する優越的権限のことをいう。主に日本国憲法に根拠を有する。, 国会を構成する衆議院・参議院は、原則として同等の権限を有する。衆議院に優越的権限が付与されている理由は、衆議院には解散があることや参議院よりも任期が短いことから、衆議院は参議院より国民の意思により近いと考えられているためである。, 優越の形態については、衆参で議決が異なった際(両院協議会で成案が得られなかった事例を含む)に、「衆議院の議決をもって国会の議決とする」場合と、単に「衆議院の議決による」ものとする場合とがある。, 日本国憲法と国会法では以下に挙げる点において、衆議院に優越が認められているとされている(カッコ内は根拠法)。, 衆議院の優越におけるみなし否決の60日や自然成立の30日の起算点については衆議院が議案等を可決した日に衆議院が議案等を送付し、参議院は即日受領する取扱いがなされるのが慣例であった。衆議院先例集ではみなし否決や自然成立の起算点について「送付の日から起算」と記している。, 参議院事務局は慣例として衆議院本会議で議案可決されると、直ちに衆議院の職員が「送付簿」を持って参議院の議案課に出向き、同課の職員が受領印を押した段階で、「受け取った」こととして扱われていた[2]。また、衆議院事務局は「憲法上、参議院が送付案を受理しないことは想定されていない」との見解を出している[3]。, ところが、2011年度予算に関し、衆議院が3月1日に予算を可決し予算を即日送付したが、野党である自由民主党などが予算案と共に歳入関連法案が参議院に送付されていないことを理由に、自然成立について定める憲法第60条2項が「参議院が、衆議院の可決した予算を受け取った後」と定めていることを根拠に、参議院側において主体的に予算の受領について判断できるなどと主張し、西岡武夫参議院議長も野党の意見に同調し、予算案の受け取りを留保する事態が発生。結局、西岡武夫参議院議長は衆議院が予算案を可決した3月1日と異なる3月2日付で予算案を受領する取扱いとする決定を発表した。, また、これは予算の自然成立だけでなく、法案のみなし否決についても憲法第59条で「参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後」とあり、条約の自然成立についても憲法第61条で「条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項(第60条2項)の規定を準用する」とあるため、法案や条約承認についても同様に「参議院が、衆議院の可決した議案を受け取った後」と解釈することが可能である。, 参議院の意思でみなし否決や自然成立の日付が変わるのは、憲法の衆議院の優越規定を根幹から崩すとして反対意見も出ている。横路孝弘衆議院議長は2011年3月3日、予算案受領は機械的に行われるもので何らかの意思によって変動させることは法的安定性を害するとする、談話を発表した[4]。予算案の受領日をめぐり、衆参両院の議長で見解が分かれる異例の事態となっている[5]。もっとも、2011年度予算は3月29日に参議院本会議で否決され衆議院に返付されたため、衆議院の優越規定で衆議院の議決が国会議決となり、結果的として問題とならなかったが、今後の運用に波紋を残す結果となった。, なお、首班指名の自然成立を規定した憲法第67条では「衆議院が指名の議決をした後」と規定しており、参議院側が首班指名の自然成立の起算点について任意に判断できるような文言にはなっていない。また、国会法第86条により議院には内閣総理大臣の指名を議決した場合の他の議院への通知が義務付けられている。, この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。, この議決の時点では「今回は1回目の延長でいずれ2回目がある」と決まっていたわけではないため、厳密には「1回目の」という文字は不要のようにも思われるが、区別のためにあえて表記した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=衆議院の優越&oldid=79437646.  ・「法律案議決が衆参で異なる場合の両院協議会の請求」 この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。 Menu. ⇒理由・・・衆議院 ... 【板書】衆議院の優越 - 中学公民まとめ 先頭へ .  ・「条約の承認」 Copyright © Benesse Corporation. 地理まとめ; 歴史まとめ; 公民まとめ; 高校 地歴公民 【メニュー編集】 最近更新したページ. All rights reserved. 「保護者として、どんな対策をしてあげれば良いのかわからない」 衆参で、予算について異なった議決をした場合、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、または参議院が衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とすることができます(憲法第60条)。 何も対策を講じないままでいると、勉強に対する苦手意識は日が経つほどに広く、深いものになっていきます。, そのようなお悩みを解決するのが、私たち『家庭教師のアルファ』です。プロ家庭教師による完全オーダーメイド授業を展開するアルファは、これまで15年以上にわたり、全国のお子さまの学習をサポートしてきました。, また、「ご家庭の頼れる教育パートナー」を目指す私たちは、お子さまだけでなく、保護者さまとも充実したコミュニケーションを図ります。お子さまの将来について、共に考え、共に支え、共に理想を実現するのが私たちの仕事です。 中学生からの質問(社会)に進研ゼミが回答します。【政治】衆議院の優越について。進研ゼミ中学講座は、中学生に必要な力をより効果的・効率的に伸ばすために一人ひとりにぴったりの学習教材を用意しています。上がる勉強法で、志望校合格まで自信を持って進んでいけます。  ・「法律案の議決」 衆議院の優越が認められる6つのケースとは?なぜ衆議院の方が参議院よりも力を持つ?その理由は?実際に衆議院の優越が問題となった過去事例は? この記事では、衆議院の優越が認められる6つの項目のくわしい内容と、実際に衆議院の優越が問題となった過去の事例について紹介します。 予算は先に衆議院で審議・議決する事が定められています(憲法第60条)。 「このままだと進学・受験も不安」  ・「国会の会期延長、および臨時会・特別会の会期」 衆議院で可決された後に参議院で否決され、返付された議決案を、衆議院で出席議員の3分の2以上で再可決すれば法律とすることが出来ます。また、衆議院可決案の受領後60日以内に参議院が議決しない場合、衆議院は参議院が法案を否決したとみなすことができます(憲法第59条)。 衆参で、条約について異なった議決をした場合、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、または参議院が衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とすることができます(憲法第61条)。 法律案について、衆議院において参議院の回付案に同意しなかった時、又は参議院において衆議院の送付案を否決し、さらに衆議院の回付案に同意しなかった時は、衆議院は、両院協議会を求めることができます。 といった、お子さまの勉強に関するお悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか。  また、参議院は、衆議院の回付案に同意しなかった場合に限り前項の規定にかかわらず、その通知と同時に両院協議会を求めることができます。但し、衆議院は、この両院協議会の請求を拒むことができます(国会法第84条)。, 衆議院の優越の中でも、特に重要なものは憲法上の優越です。中でも「法律案の議決」、「予算の議決」、「条約の承認」、「内閣総理大臣の指名」の4つは、テストにも出題されやすい傾向があります。この4つに関しては、語呂合わせで覚える方法が存在します。 ・「予算先議権」 国会の議決においては、衆議院の優越があります。多くの人は、「衆議院と参議院で異なる議決をした場合に、衆議院の議決が優越する」と覚えていると思います。ところがこれは正しくありません。衆議院が優越するのは、①参議院が異なる議決をした場合 だけで このページの機能を利用するには JavaScript に対応したブラウザが必要です。, 中高一貫校生専用講座に関する入会お申し込み、お問い合わせは、中高一貫校生講座専用窓口までお電話でお願いいたします(0120-933-599 [受付時間:年末年始を除く9時~21時])。, ご提供いただく個人情報は、お申し込みの商品・サービスの提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口 (0120-924721 通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。, 常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください(10Mbps以上を推奨)。ご利用環境の通信速度については、下記より事前にご確認ください。, 最速翌日お届け! 皆さん、「衆議院の優越」という言葉をご存知ですか?我が国の国会は二院制といって、衆議院と参議院によって構成されているのですが、実は衆議院の方が与えられている権限が大きいのです。この優越的権限のことを「衆議院の優越」といいます。これは衆議院の方が任期が短く(衆議院4年、参議院6年)、総選挙のための解散などもあるため、より国民の意見に近いと考えられているからです。, では、衆議院と参議院ではどのような差があるのでしょうか。衆議院の優越は、憲法によって定められた「憲法上の優越」と、国会法によって定められた「国会法上の優越」の2種類があります。このうち、憲法上の優越は特に重要です。その内容は以下のようなものです。 各科目トップページへ移動.  同じ方法で、「内閣総理大臣の予約は法律で」という覚え方もあります。この覚え方は「予約」の部分がポイントで、”予”は「予算の議決」から、”約”は「条”約”の承認」から取られています。この覚え方だと、漢字もそのままなのでより正確に覚えられるかもしれませんね。, 衆議院の優越のような政治が絡む用語は、どうしても難しい言葉が連続する傾向があるので、覚えるのが大変という方もいるかもしれません。しかし、政治を知る事は国の仕組みを知ることに繋がるので、一度意味を理解してしまうと、意外と覚えるのが楽しくなることもあります。自分が住んでいる国のシステムを理解しているのと、よく分からないままでいるのとでは、世界の見え方が違います。あなたも投票権を持つ(或いはこれから持つ)国民の一人として、是非政治を学んでみてください。