HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap, ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け. 2.屋外で育てている植物ではあったが、曇りの日のあとに晴天の日が続き、急に直射日光を浴びてしまった場合など…, 原因1で葉焼けが起こる仕組みとしては、植物は強い光のもとにおかれると光合成に利用される光エネルギー以外の光エネルギーが余ることとなり、そのエネルギーにより活性酸素を発生させます。, 活性酸素は細胞にとって悪い影響を及ぼすもので、植物にとっては、葉緑素を分解したり、細胞内の遺伝子に変化を起こしたりと、細胞を破壊させるような働きがあります。, このような働きにより、葉が部分的に変色したり、壊死してしまう「葉焼け」が起こるのです。, また原因2も起こりうる現象としては1とあまり変わらず、やはり急に強い日差しを浴びてしまったことによる原因です。特に夏場の直射日光や西日は弱い光を好む植物にとってこのようなことが起こるのは好ましくありません。, 【対策】 植物が葉焼けすると葉先やふちが赤や黄色に変色した後、茶色くなって枯れ込んでしまいます。時には植物に大きなダメージを与える葉焼けを防ぐためには、光・水・温度の管理が重要です。葉焼けの原因や症状を知り、もしも葉焼けしたら早めに対処して植物を元気に保ちましょう。, 葉焼けとは、植物の葉の先やふちが赤や黄色に変色したり、茶色く枯れることです。主な原因は強い光で、室内管理していたポトスやパキラなどの観葉植物を急に強い日差しに当てた場合などに起きやすい症状です。葉焼けがひどくなると株が弱ってしまうので、葉焼けさせない環境作りと早めの対処が重要です。, 観葉植物などが葉焼けすると緑色色素のクロロフィルが分解されてしまうため、葉が部分的に赤や黄色に変色します。葉先やふちが茶色く枯れるといった症状もよく見られます。変色や枯れ込みは病気のように広がることはありませんが、葉焼けの範囲が広いと葉が枯れ落ちてしまうことがあります。, 植物が葉焼けすると葉の先端やふちなど、部分的に葉の緑色が薄くなったり白くなったりする症状が見られます。緑色色素のクロロフィルが分解されるためです。植物のもつ色素の種類や量によって、葉焼け部分が黄色や赤色・黒色になるなどします。葉が茶色く枯れることもあります。, 土壌のカリウム不足が原因で葉焼けに似た症状が出る場合があります。葉先やふちが赤や黄色になり、やがて茶色く枯れることになります。カリウムには根を強くする、植物の生理作用を調整する、病気になりにくくする、乾燥や寒さへの耐性を高めるといった働きが知られています。カリウム不足の植物にはカリウムを多く含む液体タイプの肥料を与えましょう。, 葉焼けの主な原因は光です。水や温度が原因で葉焼けが起こる場合もあります。光が強すぎる場合、葉の温度が上がりすぎる場合、水滴がレンズのような役割をしてしまった場合に植物の葉焼けが起こります。以下でそれぞれの場合について詳しく説明します。, 葉に当たる光が強すぎると、光合成で光を全て使い切ることができず、余りが発生します。余った分の光は活性酸素となり、葉に多くのダメージを与えます。活性酸素により葉緑素(クロロフィル)が分解されると、葉の緑色が薄くなってしまいます。光エネルギーを吸収する役割を持つ葉緑素が分解されてしまうと光合成を行うことができません。葉は栄養を作ることができず、枯れることになります。, 葉は急に強い光に当てられると急に高温にさらされることになります。これにより葉が耐えられる限度以上の高温になってしまうと、葉の細胞はとても弱り、悪くすると死んでしまいます。徐々に温度が上がって行く場合には、葉からの水の蒸散を調節することにより高温でも耐えられますが、いきなり高温にさらされてしまうと葉内の温度調節機能が追い付かなくなってしまうのです。, 雨の後など葉に水がついた状態で夏の強い直射日光が当たった場合にも、葉焼けが起きてしまうことがあります。水がレンズのような役割をして、その部分に光を集めてしまうのです。ビニールハウス内で植物を育てている場合にも、ハウスの屋根にたまった雨水が光を集めてしまい、下にある植物が強い光を受けて葉焼けをしてしまうことがあります。, 大豆などの作物では、葉焼け病という病気が知られており、世界のさまざまな国で大きな被害をもたらしています。葉に小さな白っぽい斑点ができ、2mmほどになる頃には茶色~黒色に変色します。ひどい場合は斑点が大きくなり融合して葉全体が枯れ落ちてしまいます。病原菌によるもので、菌が風雨に乗って気孔や傷口から入ることで起こります。, 植物を葉焼けさせないよう対策をしておきましょう。葉焼けを防ぐには、急に植物を外置きにせず徐々に光に慣らすこと、水やりは気温が低い朝か夕方に行うこと、鉢の温度が上がり過ぎないようにコンクリートや地面に直置きしないことが大切です。, 室内で育てていた植物を外に出す場合は、少しずつ光に慣らして行くと葉焼けを防止できます。冬に室内に置いていたものを春になって外で育てようとする場合は、明るい日陰に7〜10日置いてから半日陰になる場所に移して7〜10日置き、その後日なたに置くといったように、徐々に日差しを当てる時間を長くするようにしてください。, 水やりのタイミングも大切です。日差しの強い時間は避け、特に夏場は朝や夕方に水やりをするようにします。こうすることで鉢の温度が上がりすぎるのを防ぐことができます。鉢は通気性の良い場所に置きましょう。夏の間は照り返しで鉢が高温になりやすいので、コンクリートや土の上に直接置くことは避け、ケースや台の上にのせましょう。, 観葉植物などが葉焼けしたら、早めに対処してダメージを最小限にとどめましょう。強い日差しが原因である場合が多いので、直射日光が当たる場所から明るい日陰へと植物を移動させることが重要です。葉焼けによってダメージを受けていますので、移動させた植物はそのまましばらく休ませてあげましょう。, 植物が葉焼けしてしまったら、屋外の明るい日陰や室内のレースのカーテン越しなど光が弱い場所へ移動させましょう。移動が難しい場合は遮光ネットを使えば強すぎる日差しを遮ってくれます。葉焼けで変色した部分はそのままの状態でも心配ありませんが、見た目をきれいにしたい場合は変色部分をハサミで切ります。. 直射日光を浴びて「日焼け」をするのは、人間だけでなく植物も同じです。それは屋内にいる観葉植物だって例外ではありません。そんな植物の日焼けこと「葉焼け」について解説します。原因と対処法を学び、葉焼けから植物たちを守りましょう! 観葉植物を葉焼けさせないポイントをまとめてみますと、 ・急に直射日光に当てたり、急に高温下もしくは低温下に出したりしない ・葉にほどよく湿り気を持たせる 植物を葉焼けさせないよう対策をしておきましょう。葉焼けを防ぐには、急に植物を外置きにせず徐々に光に慣らすこと、水やりは気温が低い朝か夕方に行うこと、鉢の温度が上がり過ぎないようにコンクリートや地面に直置きしないことが大切です。 ・葉にほどよく湿り気を持たせる 2020年8月3日 クンシランやパキラなどの観葉植物を日当たりが良い場所に置いたら葉が茶色に変色したことはありませんか?観葉植物の葉焼けの原因と対処法を紹介します。 ボタニカルブームの影響もあって、お部屋で観葉植物を育てる人が増えています。風水的にも観葉植物は良い運気をもたらすアイテムです。ところが、観葉植物が枯れてしまうケースは決して珍しくありません。そんなとき、枯れる原因や対処法を知っておくと安心ですね。 1.弱い光を好む植物を真夏の屋外など強い光が当たる場所に出した パキラは中南米原産の植物です。そのため直射日光に当てても良いと思っている方がいるかもしれません。でも、パキラは日本では家の中で育てられます。そのため直射日光には強くありません。そこでパキラの葉が焼けた原因と対処法を紹介します。 ガーデニング用語の「半日陰」について、その意味や定義を分りやすく解説します。日当たりにもいくつかの種類があって、それぞれ育... 寒肥はバラなどの花木や実のなる木に、冬に与える肥料のこと。お礼肥との違いやなぜ休眠期の冬に与えるのか、その効果は?またどう... 園芸初心者の方向けに、「摘芯(ピンチ/芯止め)」の意味と方法を紹介します。また、摘芯と似ている「切り戻し」、「剪定」との違... 「矮性(わいせい)」という言葉の意味をご存じですか?今回はガーデニング関連書籍などでよく目にするこの「矮性」の意味や使い方... 自宅付近や庭先などで頻繁に野良猫が出入りする被害に困っていませんか?いつも猫に困っているという方へ、効果的な猫対策グッズを... オーガニック(organic)ってよく聞くけれど、何かと訊かれると結構曖昧。業界によって定義が違い、誤解も多いオーガニック... 宿根草と多年草の違いや宿根草の意味、それらの代表種をご存知ですか?この記事では宿根草の特徴や多年草植物との違いをわかりやす... 気根とは、熱帯性観葉植物などの茎や地上根から空気中に生える根の事ですが、その役割と意味についてまとめました。気根が地中では... 庭木の剪定を自分でしてみませんか?ガーデニングで避けて通れない剪定。切るべき枝の見分け方やその切り方のポイントなど庭木の手... 園芸やガーデン好きにおすすめしたい、庭づくりを楽しむボードゲーム「コテージガーデン」の特集です。ルールは簡単で、花や植木鉢... 植物のタネはどのようにできるのでしょうか。じつは、植物の受粉は複雑な仕組みで成り立っています。この記事では、種子植物の受粉... 根腐れは土栽培だけで起こるものではありません。養液で植物を育てる「水耕栽培」でも根腐れは起こります。なぜ、水耕栽培で根腐れ... きゅうりやかぼちゃ、ゴーヤを育てるときに、葉にモザイクタイルような模様が出たことはありませんか?それはべと病かもしれません... 植栽という言葉の意味を知っていますか?植栽はガーデニング関連書籍などで、よく見かけられる言葉です。「実はよくわかっていない... 合弁花とはどのような花なのでしょうか。ひまわりやつつじ、アサガオなど校庭や公園でよく見かける植物の花びらは合弁花と離弁花に... カルシウムは骨や歯の健康や生命維持活動の促進に効果のある重要な栄養素です。しかし食物からの吸収率が低く、カルシウムの多い食... ワイルドフラワーは、結婚式で使われるブーケや切り花に使われるほど人気が高まっていて、別名ネイティブフラワーとしても知られて... ロゼットという言葉をご存知でしょうか?実はロゼットとは、私たちがよく見かけるタンポポなどの円盤状に広がる葉の形の様子です。... 料理で使うことが多い植物油脂では、サラダ油が最も身近な存在ではないでしょうか。植物油脂は身体にやさしいと言われますが、大量... 「誘引(ゆういん)」という園芸用語をご存知でしょうか?支柱などに植物の枝や茎・つるを結びつける園芸作業を意味する言葉です。... 自宅で水耕栽培を始めてみたい。食べるだけじゃなく、インテリアグリーンとしてもでも楽しみたい。でも、お金も手間もかけたくない... 寄せ植えをしてみたけれど思うようにまとまらない経験はありませんか?この記事では、寄せ植えでセンスが良いと感じさせる配色のコ... 庭の雑草にお困りですか?除草剤を使えばもちろん効率的に雑草防除ができますが、なかには除草剤を使用することにやや抵抗がある方... 徒長枝とはどんな枝かご存知ですか?この記事では植木の手入れで避けて通れない徒長枝について、読み方や定義はもちろんなぜ徒長枝... 魚へんに「花」と書いてなんと読むのでしょうか。漢字だけみるとあまりなじみはない方もいるかもしれません。その魚とは「ホッケ」... 新鮮な野菜や香り高いハーブをいつでも簡単に採れたら素敵だと思いませんか?そんな願いをかなえてくれるのがキッチンガーデンです... 生石灰という言葉を聞いたことがありますか?消石灰や苦土石灰と違いあまり聞きなれない方も多いのではないでしょうか。肥料や土壌... 植物には種まきをはじめ、さまざまな繁殖の仕方があります。その中で「取り木」という繁殖方法があるのをご存じでしょうか。一見難... 苗を購入するなら接ぎ木苗の方がよいと聞くけれど、なぜ?といわれるとわからない方は多いのではないでしょうか。接ぎ木苗には大き... ヘクタールやアールは広大な面積を表す単位の1つです。「1ヘクタールは何平方メートルか」という疑問は、メートル法と「ヘクター... 植物が葉焼けすると葉先やふちが赤や黄色に変色した後、茶色くなって枯れ込んでしまいます。時には植物に大きなダメージを与える葉... 灌木(潅木)という言葉を聞いたことはありませんか?「この公園には300本の樹木と100本の灌木があります。」のように使われ... Brixという単語をご存知ですか?耳慣れない単語ですが、実は私たちもスーパーのフルーツや野菜売り場で糖度という形で目にして... 植物には、本葉と子葉という葉の種類があります。本葉と子葉は具体的に何が違っていてどのような種類があるのかをわかりやすく解説... 観葉植物を育てる上で大事なのが水やりです。その水やりの中で葉水といった方法があります。葉水はご存じないという方も多いかもし... 「葉焼け」とは?植物の葉が枯れる原因・メカニズムや対処法を解説!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。, 葉に当たる光が強すぎると、光合成で光を全て使い切ることができず、余りが発生します。余った分の光は活性酸素となり、葉に多くのダメージを与えます。活性酸素により葉緑素(, クロロフィル)が分解されると、葉の緑色が薄くなってしまいます。光エネルギーを吸収する役割を持つ葉緑素が分解されてしまうと光合成を行うことができません。葉は栄養を作ることができず、枯れることになります。, 水やりのタイミングも大切です。日差しの強い時間は避け、特に夏場は朝や夕方に水やりをするようにします。こうすることで鉢の温度が上がりすぎるのを防ぐことができます。, 鉢は通気性の良い場所に置きましょう。夏の間は照り返しで鉢が高温になりやすいので、コンクリートや土の上に直接置くことは避け、ケースや台の上にのせましょう。, 植物が葉焼けしてしまったら、屋外の明るい日陰や室内のレースのカーテン越しなど光が弱い場所へ移動させましょう。移動が難しい場合は遮光ネットを使えば強すぎる日差しを遮ってくれます。, 葉焼けで変色した部分はそのままの状態でも心配ありませんが、見た目をきれいにしたい場合は変色部分をハサミで切ります。, 1haは何平方メートル?反・坪・畳・㎡・a・haなどの面積単位をわかりやすく比較解説!.