Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 《ネタバレ》 ヤクザな父親も人の子。女性にだらしないのに、ハートがある。その辺を仲代達矢が鬼気迫る演技で見事に演じてる。鬼龍院松恵の生涯なのに、タイトルが花子であるのに疑問を持つのは、原作未読だからか。 【映画 鬼龍院花子の生涯(1982年)監督:五社英雄 出演:仲代達矢、夏目雅子、岩下志麻、仙道敦子、佳那晃子、夏八木勲、夏木マリ、丹波哲郎、役所広司】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとdvd・ブルーレイ情報。 Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. All Rights Reserved. 大正四年、鬼龍院政五郎は故郷・土佐高知の町に男稼業の看板を掲げ、相撲や飛行機の興行をうったり労働争議に介入したりの華やかな活躍を見せる。鬼政をとりまく「男」を売る社会のしがらみ、そして娘花子・養女松恵を中心とした女たちの愛憎入り乱れた人生模様を、女流作家独自の艶冶の筆にのせた傑作長篇。 (「BOOK」データベースより), よくワンシーンだけ紹介される、葬儀中に夏目雅子が啖呵を切る『なめたらいかんぜよ!』しか知らないという諸氏に言いたい。, わては高知の侠客 鬼龍院政五郎の、鬼政の娘じゃき、 なめたら…なめたらいかんぜよ!, 「鬼龍院花子の生涯」の花子って夏目雅子じゃないですからねー!(バンバンバン ←机を叩く音), なおかつ、あのワンシーンだけを見て、夏目雅子演じる白井松恵(という役名です)が「極道の妻たち」ちっくなアネゴだと勘違いしている諸氏に言いたい。 違うからねー!(バンバンバン), 松恵は12歳で侠客 鬼龍院政五郎(通称鬼政)の貰い児にはなったものの、放埓な「男稼業」を厭い、勉学に打ち込んで小学校の先生になりたいと願う真面目な娘さんですからねー!(バンバンバン), しかしあのシーンがあることによって、鬼政と「男稼業」を恐れ厭うていた松恵の中の複雑怪奇な胸の内と『なめたらいかんぜよ!』と言わざるを得なかった哀しみが強烈な印象を残しますので、映画が原作を超えるに素晴しい名シーンだったと個人的に思います。偉いぞ五社英雄。, しかしじゃあ、花子って誰なの?と聞かれたら、鬼政の実娘である鬼龍院花子、戸籍名は林田花子であるとお答えしましょう。, 「鬼龍院花子の生涯」は、貰い児の松恵から見た、鬼龍院政五郎の興亡と、鬼政に翻弄された女たちの人生の物語です。, 松恵はこの家に来てまもなくの日、何かの拍子で主家に足を踏み入れ、奥の一間で恐ろしい場面を見たことがあった。双肌脱ぎになった鬼政が、兼松相良を前にして畳を叩きながら、 「要るというたらどうしても要るんじゃ。一人百円ずつ、掻っさらおうと引っ奪くろうとどこぞで調達してこう。それが出来んで、この鬼政の子分といえるか、」 とさすがに高声は憚ってはいるものの、腹の底まで響いて来る重みで強要しているのを聞き、子供心にこの家の世帯のからくりをふと垣間見たように思った。, 結城の着物に白縮緬の帯を結んでりゅうと着こなし、派手に賭博場と興業等々で儲ける土佐の大親分は、女性関係も派手で放埓。正妻以外にも3人も副妻がいらっしゃいますから。それ以外にも外には何人も鬼政のお手付きが…女同士のドロドロな関係性が容易に想像できるでしょ?, 副妻のひとり〆太が耐えかねて自殺未遂したことに怒り、無一文で放り出した後、もうひとりが家を出て行こうかと目論んでいることに気付いた鬼政が子分に向かって言う言葉が, ひっでえ…!言うにことかいてオマルに例える女性蔑視の物の見方は、鬼政の生涯にわたって首尾一貫続きます。, 松恵がうら若き娘になり、家に出入りしていたプロレタリアート思想家が松恵に懸想していたことに腹を立てて指を詰めさせたのも、養父としての怒りではなく、自分の所有物に手を出そうとした怒りでしかありません。, 「松恵か。まあ一つついでくれ」 と盃をさし出されたとき、何やら可笑しい、と身構えたのと、鬼政に手首掴まれ、次の間の襖が引きあけられたのとどっちが先だったろうか。 そこには目を射すような赤い夜具に夫婦枕が並べられ–(後略)–, 襖の向こうに真紅のお布団が!って、時代劇に良く出てきそうなシチュエーションにきゃーびっくり。(ちなみにこの時、松恵は辛くも逃げ出たのでセーフ), 正妻も副妻も松恵も鬼政によって苦労させられてはおりますが、やはり最大の犠牲者は一人娘の花子であります。, 花子に対して与えられたのはミソジニーではなく、今の世で言うならば“優しい虐待” 年取ってから初めての子供ということで、鬼政は花子を猫っかわいがりに可愛がって、下にも置かず風にも当てず、やりたい放題のワガママ娘に育っていきます。, 何をしても(しなくても)誰からも叱られず、基本的な躾も、我慢も教えられずに育った花子は、鬼政が元気な頃ならば“おっとりとしたお嬢様”ですみましたが、鬼政が凋落しはじめてからは話が違う。, 鬼政が抗争の末逮捕されて、8年間の刑務所暮らしをしている間に一家の勢いはなくなり、出所後に鬼政が脳溢血で死んだ後には、鬼龍院の一家を守る人もなく。, 生まれてからずっと、身を処する術を教えてもらなかった花子は、いざ後ろ盾がいなくなった際にはどうすることも出来ません。, 政略結婚じみた渡世人との結婚に乙女心は湧くものの、炊事洗濯はおろか食べこぼし汚れついたままの服を平然と着るだらしなさで、二度とも結婚は失敗。, 躾を知らない花子が育てた息子も、もちろん躾のシの字も知らず、鬼政を髣髴とさせるドチンピラに成長。DNAっておそろしいね。, 働いても続かず、辻角で男の袖を引き、堕ちて堕ちて最終的には旅館の女中部屋でひとり亡くなる、という、悲惨な最期を遂げます。. 宮尾登美子「鬼龍院花子の生涯」の書評です。この小説と映画についてあるイメージを抱く諸氏に告ぐ。あの名場面で勘違いしてたら『なめたらいかんぜよ!』感想など。 【映画 鬼龍院花子の生涯(1982年)監督:五社英雄 出演:仲代達矢、夏目雅子、岩下志麻、仙道敦子、佳那晃子、夏八木勲、夏木マリ、丹波哲郎、役所広司】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとdvd・ブルーレイ情報。 懐かしい映画、観てみました。やはり下記の点に違和感あり。①タイトルとは違い、鬼龍院花子は主役ではなかった。②夏目雅子の出... 「Yahoo!映画」はYahoo! 土佐弁の荒さは伝わってくるけれど何を言っているのかがわからない字幕のない海外映画を見てるみたいだった高評価なのでとりあえ... この映画はある程度年齢を重ねてから見るべきですね。じゃないと良さが分からないと思います. 鬼龍院花子の生涯(1982)の映画情報。評価レビュー 346件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:仲代達矢 他。 宮尾登美子の同名小説を五社英雄が映画化。夏目雅子のセリフ「なめたらいかんぜよ」は流行語となった。 宮尾登美子の同名小説を五社英雄が映画化。夏目雅子のセリフ「なめたらいかんぜよ」は流行語となった。土佐の侠客である鬼龍院政五郎は、大正10年に松恵という養女を取った。松恵は政五郎の身の回りの世話をしな... 君の膵臓をたべたい【映画・動画・あらすじ・キャスト・感想・ネタバレ・評価】 邦画一般 2018.9.18 七人の侍【映画・動画・あらすじ・キャスト・感想・ネタバレ】 邦画一般 2019.4.9 ローリング【映画・あらすじ・感想・ネタバレ】 邦画一般 2017.11.8 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. Copyright © 2017-2020 映画の秘密基地アベルケイン・ドットコム All Rights Reserved. 宮尾 登美子『新装版 鬼龍院花子の生涯』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 主線となる時代背景は、大正、昭和における土佐高知での任侠物語を1980年代に発刊された同じ高知県にルーツを持つ宮尾登美子原作による長編小説【鬼龍院花子の生涯】を題材にして作られています。 大阪界隈で一定の高名を築きつつあった鬼政は、地元の土佐高知に凱旋することになります。表看板 … 続きをみる. 1982年公開の日本映画。宮尾登美子最初の映像化作品。配給収入は11億円。大正、昭和の高知を舞台に、侠客鬼龍院政五郎(通称・鬼政)とその娘花子の波乱万丈の生涯を、12歳で鬼政のもとへ養女に出され、約50年にわたりその興亡を見守った松恵の目線から描いた作品。松恵(夏目雅子)の凄味のきいたセリフ「なめたらいかんぜよ!」が当時の流行語となり、夏目のヌードも話題となった。夏目は第25回(1982年度)ブルーリボン賞で主演女優賞を獲得。映画の大ヒットで宮尾登美子も流行作家にのし上がった。, 鬼龍院花子の生涯(きりゅういんはなこのしょうがい)脚本:36点演技・演出:20点撮影・美術:17点編集:7点音響・音楽:7点合計87点, 今の倫理観では到底許されない、もちろん法律的にも許されない行為が平然と行われいた時代を描くにあたって、俳優の演技力が説得力を生んでいるように見えました。仲代達矢の目の演技、鬼畜の所業もあのキラキラした輝きの瞳で魅せられてしまいます。善悪を超越している人(侠客)を演じるのって到底できるものではありませんが、仲代達矢はできています。夏目雅子が最大限に評価されている映画ですが、子役の仙道敦子の輝きは普通の子役を超えているものです。ただ演技が上手いとかそういうレベルじゃないです。子役に佳那晃子と殴り合いを演じさせるなんて五社英雄も狂ってます。 今作品の広報では夏目雅子が脱がされたシーンが強調されますが、目を覆いたくなる鬼畜を仲代達矢が演じていて本気過ぎて恐ろしいんです。そういう狂気にさらされながらも芯の通った素晴らしい女性に成長していく品の良さと可憐さがありながら、次第に腹が座り凄みが増していくのを表現できるのもすごいんですよ。もちろん凄みのあるセリフもあるんですが、オーラですよ、画面上から伝わってくる強さ、荒ぶるオーラが漂っています。, 幼い松恵が林田恒吉(鬼龍院政五郎。通称・鬼政)の家族へ養女として迎えられるくだりから物語は始まる。やはり少年時代に関西へ移り無宿渡世の門をくぐった恒吉(鬼政)は故郷に戻り乾物商の看板を掲げながら興行を成功させ世間の耳目を引く一方、小林佐兵衛の薫陶を受けたところから米騒動や労働争議の調停にも顔を出し売り出していく。高知の紳商財閥として川崎と覇を争う宇田の殿様(宇田友四郎)を背景としてまさに華やぐ日々を送る鬼政だが、妾のつるとの間に待望の実子の花子を得たあたりから陽が傾いていく。 一匹狼のやくざ者である荒磯との抗争が原因で一家の多くが収監されたことを期に、その人生は急速な下降線を辿る。鬼政とつるの急死、そして鬼龍院一家の二代目すなわち花子の新婿となった権藤の死によって、花子もまた極道と人生の荒波に翻弄されることとなる。極道の養女となった自らの運命を早くに達観した松恵は、その鬼龍院一家の興亡に自身もまた翻弄されつつ、その最期を見送るのであった。, 監督:五社英雄脚本:高田宏治原作:宮尾登美子製作:奈村協・遠藤武志製作総指揮:佐藤正之・日下部五朗音楽:菅野光亮撮影:森田富士郎編集:市田勇製作会社:東映・俳優座映画放送配給:東映, 鬼龍院政五郎演 – 仲代達矢鬼龍院家の親分。土佐では名の知れた人物で「九反田の鬼政(おにまさ)」のあだ名で周りから恐れられる。本人はヤクザではなく侠客だと言っている。強面で凄みがある一方、男気があり義理堅い性格。女性が教育を受けることには否定的な考えの持ち主。後に気骨のある恭介に感銘を受けて傾倒し、労働者側の味方となり「土佐労働者同盟」を結成する。松恵演 – 夏目雅子政五郎の養女。学業に優秀で県立の高等女学校に入学し、後に小学校教師となる。鬼龍院家の人間たちの生き様を目の当たりにしてきた影響で、しとやかな中にも激しい情念を秘める女性に成長。様々な人間との出会いや別れを通じて、波乱に満ちた人生を送る。少女時代の松恵演 – 仙道敦子当初弟・拓(ひらく)だけが養子になる予定だったが、政五郎に「賢そうな顔をしている」と気に入られたため急遽、鬼龍院家にもらわれる。学校に通わせてもらい勉強に勤しむ傍ら、政五郎の身の回りの世話や後に生まれる花子の子守などをして暮らす。鬼龍院家の人間模様を肌で感じながら思春期を過ごす。鬼龍院家の家族など歌演 – 岩下志麻政五郎の妻。鬼龍院家で働く女中や手下たちに睨みをきかせる。少々のことにも動じずに凛とした佇まいの女性。まだまだ幼い松恵にも鬼龍院家の名に恥じないように容赦せず厳しくしつける。酒好きだが、体に影響が出ており手下たちから心配されている。自身に子供ができないことに負い目を感じているのか、政五郎の妾たちを家に同居させることを公認している。花子演 – 高杉かほり政五郎とつるの実子。松恵が養女になった1年後に生まれる。小さい頃から政五郎には甘やかされて育ったため、16歳になるとおてんばな娘に育つ。マイペースで自己中心的な性格。幼少の頃から綺麗に着飾る服や化粧品に興味を持つが、その反面勉強は苦手。成長後は色鮮やかな着物と大きいリボンを身に着けている。鬼龍院家を取り巻く人間たちに人生を翻弄される。つる演 – 佳那晃子元々は末長の所で働いていた女中。政五郎と会った時に強引に連れて行かれそのまま妾となる。当初は鬼龍院家の者たちに反発して完全黙秘を決め込む。しかし政五郎と関係を持ち子供を産むと大きな顔をするようになる。牡丹演 – 中村晃子政五郎の妾。松恵を実の妹のようにかわいがっている。松恵に厳しく接する歌に「母親らしい所なんて見せたことないのに親を気取って」と心の中で反発心を抱いている。笑若(えみわか)演 – 新藤恵美政五郎の妾。牡丹ともども歌のことを「お姉さん」と呼んでいる。政五郎の手下相良(さがら)演 – 室田日出男政五郎の手下たちのまとめ役。政五郎と共に養子をもらう時に同行した。頼りがいがあり面倒見が良く手下たちをまとめる。松恵にも優しく接しており、松恵からは「おんちゃん(おじちゃん)」と呼ばれ慕われている。兼松演 – 夏八木勲元々は『かいじん』と名付けた土佐闘犬を愛情を持って育て、闘犬競技に情熱を注ぐ男。対戦相手の平蔵の犬に勝ったことに言いがかりをつけられて犬をなぶり殺しにされる。この時に政五郎が味方になってくれたことから後に鬼龍院家の一員となり、命がけで政五郎を支える。六蔵演 – 佐藤金造(桜金造)兼松の手下。兼松を心から慕い、後に共に鬼龍院家の一員となる。成長した花子の通学時の護衛や自転車に乗る練習に付き添ったりしている。作中では民謡が上手く、地元の民謡らしき歌を歌っている。丁次演 – アゴ勇鬼龍院家の手下。精演 – 益岡徹鬼龍院家の手下。冬喜(ふゆき)演 – 松野健一鬼龍院家の手下熊演 – 古今亭朝次鬼龍院家の手下太市演 – 広瀬義宣鬼龍院家の手下恭介の関係者田辺恭介演 – 山本圭高知商業の学校の教師。貧しい人たちの味方となり、土佐電鉄労働組合の参謀役としてストライキを支援する。真面目で正義感に溢れ、かなり度胸が据わった人物。常に強い信念に基づいて行動している。政五郎とは考えの違いから敵対していたが、打たれ強さと根性を政五郎に認められる。後に松恵に好意を寄せる。近藤演 – 役所広司土佐電鉄労働組合の委員長。土佐電鉄のストライキを実行する代表者。最初は威勢よかったが、政五郎に一、二発殴られて伸びてしまう。田辺源一郎演 – 小沢栄太郎恭介の父。家を訪れた松恵に対し、侠客の娘であることを知って不快感を示し「はよ、いね!(早く帰れの意味)」と罵倒を浴びせる。山根の関係者山根勝演 – 梅宮辰夫山根組の組長。作中では関西で勢いのあるとされる組の親分。哲男と花子の縁談により鬼龍院家と兄弟分になることを大いに喜ぶ。権藤哲男演 – 誠直也山根組の若い衆。花子との結婚を前提に付き合い始める。辻原徳平演 – 成田三樹夫政五郎と山根勝を引き合わせた人物。鬼龍院家と山根組が手を組むには持って来いの哲男と花子の縁談を持ってきたことを誇りに思う。平蔵の関係者末長平蔵演 – 内田良平末長組の組長。周りには卑怯な性格として知られているとのこと。『土佐嵐』と名付けた自慢の土佐闘犬(格付けは横綱)を飼っているが、闘犬競技で格下の兼松の犬に負けたことに言いがかりをつける。非常に執念深い人物で、この一件で間に入った政五郎に対し恨みの感情を持つ。秋尾演 – 夏木マリ平蔵の妻。喧嘩っ早く気性が荒く、気に入らないことがあると公衆の面前でも声を荒らげる。一方でいざとなるとすっとぼけたり、色目を使って事を収めようとする性格。三日月次郎演 – 綿引洪(綿引勝彦)平蔵の兄弟分。平蔵が政五郎の手下たちによって揉め事が起きたため政五郎の命を狙う。, その他の主な人物須田宇市演 – 丹波哲郎政五郎から御前(ごぜん)と呼ばれ畏敬の念を抱かれる存在。平蔵と政五郎を若い頃から目をかけており両者にとって逆らえない人物。調子づいてはいけないと政五郎を諭す。牡丹のことをよく知る人物。土佐電鉄の筆頭株主。梅田貫吉演 – 内田稔須田の知り合い。須田が土佐電鉄のストライキに困っており、問題を解決するよう政五郎に依頼する。世間体があるため、相手にケガを負わせないようにと注文をつける。白井善七演 – 谷村昌彦松恵の実の父。土佐で細々と商売をしている。店を繁盛させるために後ろ盾が必要と感じ、政五郎が跡継ぎを探していると知って自身の子供を養子に出す。子沢山で10人ほどの子供を抱える。ひらく演 – 桜井稔松恵の実の弟。当初、政五郎夫妻の跡取りになるべく養子になるはずだった男の子。侠客の政五郎に出会った時から恐れて養子になることを拒み、松恵に連れられ渋々鬼龍院家に訪れる。しかし、鬼龍院家の人間に挨拶を済ませたその日の夜に耐え切れずに一人で逃げ出して実家に戻る。加藤医師演 – 浜田寅彦歌のかかりつけ医。時々体調を崩していた歌を診察していたが腸チフスと診断する。治療のために隔離病院へ移すことを政五郎に進言する。島田刑事演 – 宮城幸生「共産党の差金で労働者を扇動している」と治安維持法違反の疑いで、自作の本を街頭で売っていた恭介を連行して取り調べする。その他龍松一家の刺客演 – 福本清三辰吉演 – 淡九郎太刀山演 – 大川ひろし天神文吉演 – 宮川珠季秋本要造演 – 林彰太郎ちょろ松演 – 勝野賢三山村建彦演 – 岩下浩駒田重蔵演 – 岩尾正隆きわ演 – 富永佳代子きよ演 – 清水郁子宮崎演 – 笹木俊志, 旧作や廃盤DVD探しで困った時は駿河屋さんでお世話になってます。ということで、管理人は駿河屋さんの常連です。, 管理人はもちろんamazonプライム会員です。月額500円で、一か月のレビューに困らない映画が見れます。コスパ最高!入らない理由がない感じです。, Huluも会員になってます。理由は見たい海外ドラマが多くあるのと見逃した国内ドラマも充実しています。映画は邦画と特撮系が充実していてシリーズものの一挙放送とか好きです。.