麦茶1Lあたり大匙1杯の砂糖が目安となります。 熱中症対策に「麦茶+塩」 昨今の猛暑では、水分だけ補給しても塩分が不足してしまう可能性があります。そんな季節には、麦茶1Lあたり1~2gの塩を加えた「塩麦茶」もおすすめです。塩味が気になる方は、少し砂糖を足して味を調節してみましょう。 All Rights Reserved. また、p-クマル酸は「ニトロソアニン」と呼ばれる発がん性物質の生成を抑制するため、特に胃ガン予防に効果が高いといわれています。, 抗酸化作用は、体を若々しく保つために必要不可欠なもので、美容・美肌効果にもつながります。 食卓塩の方が塩の味が濃いため、飲みにくいと感じるかもしれません。, また、学校によっては、スポーツドリンクを持って行けないところもあるので、そういった時に助かるのが塩麦茶です^^ そのため今回は、「麦茶を飲み過ぎるとどうなる?副作用やメリットと効能、身体に良い飲み方や塩も良い?」をご紹介します!^^, 夏場に汗をたくさんかいてのどが渇く!いくら麦茶が身体によいからとガブガブ飲むとむくみます。熱中症予防や水分補給といって飲み過ぎるとむくみという副作用が出てしまいます。, 適切な量の麦茶でしたら、むくみ解消の効果があります。麦茶に関わらず水分摂取は、1日2リットルまでがよいとされていますので、デメリットにならないよう飲み過ぎには注意しましょう。, 麦茶には身体を冷やす効果があるので、過剰に飲み過ぎると冷え性になってしまいます。また暑い日に冷た~い麦茶はとても美味しいですが、これも冷えの原因になります。, 夏バテで身体や胃腸が弱っているところに、冷たく冷えた麦茶をがぶ飲みすると、お腹が痛くなったり、血行が悪くなり身体が冷えてしまいます。, 身体を冷やすと代謝や血行が悪くなり、体力回復が追い付かないなど、余計に疲れが出てしまうこともあります。できれば麦茶は常温がよいでしょう!, 麦茶には体温を下げる作用があります。これは夏場に熱く火照った身体の体温を下げるのなら効果と言えますが、飲み過ぎたり、もともと冷え性の方が、冷たーい麦茶をたくさん飲むと、体温を下げ身体の不調につながってしまいます。, エアコンの効いた部屋では夏でも身体が冷えてしまうことがありますので、暖かい麦茶を飲むとよいでしょう。, 麦茶の原料の大麦は食物繊維が豊富な為下痢になったのか?と思われるかもしれませんが、原料その物をたくさん食べたのなら、下痢になることもあり得ますが、麦茶として飲んでいるだけなら、下痢にはなりません。, 麦茶をごはんに混ぜて炊くいわゆる「雑穀米」として食べる方もいますので、もし下痢になるとしたら、それは大量に食べ過ぎたか飲み過ぎ、または原料などのアレルギーがあるのかもしれません。, 麦茶にはたくさんの効能があります。夏には熱中症予防の飲み物として活躍していると思います。昔から夏には麦茶を飲む習慣があり、何となく飲んでいますが、実は色々な効能があります。, 麦茶の原料「大麦」には熱くなった身体を冷ます作用があり、夏場や身体を動かした時に最適な飲み物です。ほてりにも同じような働きが期待できます。, 先に「飲み過ぎで冷え性になる」とありましたが、適度な摂取であれば、体温を冷ましてくれる効果が期待できます。何事も適切な分量がありますので、くれぐれも飲み過ぎないようにご注意ください。, 麦茶にはカリウムが含まれ、この成分が利尿を促進させます。また利尿作用により身体の熱を逃がす働きもあります。, また塩分を摂り過ぎた時には、カリウムがナトリウムを排出する役割もありますので、塩分が気になる食事をした時には麦茶がおすすめです。, 麦茶のアルキルピラジンは乳酸を分解し代謝させることにより、疲労回復や関節痛、腰の痛みにも効果を発揮します。, 麦茶に含まれるアルキルピラジンは疲労物質「乳酸」の代謝を促してくれる効果があります。固まった身体に蓄積された乳酸があると、筋肉が硬くなり、血行も悪くなってきます。さらに痛みが現われることもあります。, 麦茶に含まれるGABA(ギャバ)やアルキルピラジンの作用により血行が良くなります。血行促進されることで、冷え性の改善に繋がります。, しかし麦茶には体の熱を下げる効果もあるので、冷え性の方は麦茶を温めて飲むことをおすすめします。, 麦茶の成分にGABAとアルキルピラジンが含まれることは前記しましたが、より詳しくご説明します。, アルキルピラジンは麦茶の香ばしさを出している成分で、血流改善の効果があり、GAVAもまた血行促進させる成分です。この2つの成分により血液をサラサラにしてくれる効果があります。, *生活習慣病、肩こり、冷え性、心筋梗塞などは、血液の状態や血流などが原因の1つになり起こる病気です。, 麦茶にはp-クマル酸が含まれています。p-クマル酸にはペルオキシナイトライトという活性酸素を抑える効果があると言われていますので、生活の中で、発生する酸化に働きかけてくれます。, 麦茶に含まれる成分「p-クマル酸」は抗酸化作用があり活性酸素を抑えてくれるので、美肌にももちろん効果が期待できます。, お肌のトラブルで気になるのが、シミ、ソバカスですね。p-クマル酸が活性酸素を抑えメラニン生成を抑制し「亜鉛」が代謝を促進しホルモンバランスを整えてくれます。ニキビや肌荒れにも効果的です。, また麦茶にはケイ素も含まれます。ケイ素にはたくさんの良い効果があることが知られていて、美容はもちろん、体調や精神的なものにも及びます。美肌効果の1つはコラーゲンに働きタルミ予防などに作用します。, 麦茶にはカフェインが入っていないので、胃に負担をかけません。そして胃の粘膜を保護して修復してくれるという効果もあります。胃炎の時は食前に飲み意を保護しましょう。, カフェインは、脳が覚醒され眠れなる作用と、胃酸を分泌する作用があります。過剰に摂取すると胃酸で粘膜が荒れてしまいます。, 麦茶には虫歯を予防する成分も含まれています。虫歯菌といえば「ミュータンス菌」です。この菌を阻害する働きが麦茶に含まれます。, 麦茶に塩(ナトリウム)は含まれません! あなたの自動車保険は子供が運転しても大丈夫ですか?子供が結婚したら補償はされるの?. むくみが気になる方は、麦茶を飲む習慣をつけるといいですね^^, 「喉が渇いたな」と感じた時には既に脱水状態になっていることもあります。 そこで麦茶を熱中症予防に使う時には、お塩を少し入れたり、梅干しを少し入れるような工夫が、効果を高めるのでお勧めです。 最近の研究では熱中症だけではなく、冷房での体調不良にも、皮膚の血流を改善することで効果があるようです。夏には確かに麦茶は適した飲み物であるようです。 熱中症対策に良いとされている塩分濃度が0.1%程 なので、麦茶1Lに対して塩は1gとなるわけです。 ちょっとささやかな世間話 , 現在のように、スポーツドリンク等がなかった時代には、栄養補給、疲労回復を目的として、麦茶に砂糖を入れていたようです。, また、昔は甘いものは高級品だったので、客人へのおもてなしとして出されることもありました。, 塩麦茶とは異なり、麦茶に砂糖を入れると、紅茶のような味になるので、飲んだことがない人は一度試してみるのも良いかもしれませんね☆, 麦茶に塩を入れることで、熱中症対策に欠かせない水分・塩分補給をすることができます☆ 胃炎の時は食事中に麦茶を飲むのではなく、食前または食後に飲むようにしましょう。, また、麦茶は大麦を焙煎した抽出物なので、緑茶やウーロン茶などの茶葉でできるお茶と違いカフェインが含まれていません。 スポンサードリンク 前回、暑さ対策として麦茶について紹介しました。麦茶は沸かさなくても意外にカンタンにつくれるのでとても重宝しています。, 麦茶についていろいろ調べてみていたら塩麦茶という飲み物が熱中症対策として期待できるようです。. 塩麦茶の作り方は、 麦茶1Lに対して塩を1g入れる だけなのでとても簡単です☆. 女性にとってはとてもうれしい効果ですよね^^, 麦茶には、バクテリアが付着するのを防ぐ作用があります。 そのため、胃にも優しく、小さな子供でも安心して飲むことができるのが特徴です^^, 麦茶は独特の香ばしい香りが特徴ですよね^^ 今は梅雨で湿度が高く、気温も乱高下していますから、気温の高い日には熱中症が起こりやすくなります。熱中症予防にはまめに水分を取ることが重要です。その時の水分はどんなものが良いのでしょうか? スポーツドリンクや経口補水液は、ある程度、脱水状態を想定している飲み物なので、ただの水よりは効果的であることは間違いありません。 ただ、塩分と糖分が多く含まれているので、そればかり飲むことは健康に良いとはいえません。高血圧や糖尿病の方に適しているとは言えません。最近言われることが多いのが麦茶の効能です。 麦茶は緑茶と違って、カフェインがほとんど含まれていないので、脱水になる危険や、心臓に負担のかかる危険は低い飲み物です。更に水よりカリウムや亜鉛などのミネラル分が多いので、その補充になると考えられています。 ただ、実際にはカリウムなどの含有量はコーヒーや緑茶の方が多く、塩分もほとんど含まれていないので、汗で失われた塩分やミネラルの補給に十分とは言えません。そこで麦茶を熱中症予防に使う時には、お塩を少し入れたり、梅干しを少し入れるような工夫が、効果を高めるのでお勧めです。 最近の研究では熱中症だけではなく、冷房での体調不良にも、皮膚の血流を改善することで効果があるようです。夏には確かに麦茶は適した飲み物であるようです。, 信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。. これだけだと、「あれ?麦茶って、体温を下げてしまうんじゃないの?」といった疑問が生まれてしまいますよね。, 確かに麦茶には体温を下げる作用がありますが、常温の麦茶ではなく、温かい麦茶であれば、体が温まるうえに血流も良くなるので、冷え性の改善につながるんです。 つまり、虫歯の原因となるミュータンス菌の生成を阻害してくれるというわけです。, どうしても歯磨きができないという時には、歯磨きの代わりに麦茶を飲むことで虫歯を予防することができます。 熱中症対策として重要なことが温度、湿度の管理と水分補給です。, 夏の代表的な飲み物として昔から麦茶が飲まれてきましたが、熱中症という言葉がない時代から、麦茶の中に塩を入れて飲むことがありました。, 大量に汗をかくと体内から汗と一緒に塩分が排出されるからです。 麦茶の効能に関する副作用及びデメリットについて解説します。日本人の夏になくてはならない麦茶は様々な効能も期待され多くの方に愛飲されいます。しかし飲用するうえで副作用やデメリットがあるのか気になりますよね。 また、麦茶に含まれるカリウムには利尿作用があり、尿とともに体の熱を外に出します。, 暑い時期には、麦茶に氷を入れてキンキンに冷えたものを飲むのが好きな人も多いと思いますが、先に書いたように、麦茶は体温を下げ、体を冷やす効果があります。 Copyright © Nikkan Gendai. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).