//--> (a.addEventListener("DOMContentLoaded",n,!1),e.addEventListener("load",n,!1)):(e.attachEvent("onload",n),a.attachEvent("onreadystatechange",function(){"complete"===a.readyState&&t.readyCallback()})),(r=t.source||{}).concatemoji?d(r.concatemoji):r.wpemoji&&r.twemoji&&(d(r.twemoji),d(r.wpemoji)))}(window,document,window._wpemojiSettings); http://www.utadahikaru.jp/news/detail.html?id=488875.

.wp_social_bookmarking_light div{ line-height: 18px !important; margin: 0 !important; Powered by  - Designed with the Hueman theme, Sorry, you have Javascript Disabled! width: 1em !important;

And in our hearts

※キャンペーン期間は店舗によって異なります。, 〉実施店舗・キャンペーン詳細についてはこちら

{"@context":"https://schema.org","@graph":[{"@type":"Organization","@id":"https://hon-hikidashi.jp/#organization","url":"https://hon-hikidashi.jp/","name":"ほんのひきだし","sameAs":[]},{"@type":"WebSite","@id":"https://hon-hikidashi.jp/#website","url":"https://hon-hikidashi.jp/","name":"ほんのひきだし","publisher":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/#organization"}},{"@type":"WebPage","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#webpage","url":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/","inLanguage":"ja","name":"14歳からの20年で綴った全歌詞を収録!『宇多田ヒカルの言葉』","isPartOf":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/#website"},"breadcrumb":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#breadcrumblist"},"image":{"@type":"ImageObject","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#primaryimage","url":"https://hon-hikidashi.jp/wp-content/uploads/2017/12/9784789736817.jpg","width":1743,"height":2560},"primaryImageOfPage":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#primaryimage"},"datePublished":"2017-12-17T08:00:14+09:00","dateModified":"2017-12-18T03:46:14+09:00"},{"@type":"Article","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#article","isPartOf":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#webpage"},"author":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/author/hikidashi-sugimoto/#author"},"headline":"14歳からの20年で綴った全歌詞を収録!『宇多田ヒカルの言葉』","datePublished":"2017-12-17T08:00:14+09:00","dateModified":"2017-12-18T03:46:14+09:00","commentCount":0,"mainEntityOfPage":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#webpage"},"publisher":{"@id":"https://hon-hikidashi.jp/#organization"},"articleSection":"楽しむ, その他, 注目の新刊, ja_book","image":{"@type":"ImageObject","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#primaryimage","url":"https://hon-hikidashi.jp/wp-content/uploads/2017/12/9784789736817.jpg","width":1743,"height":2560}},{"@type":"Person","@id":"https://hon-hikidashi.jp/author/hikidashi-sugimoto/#author","name":"杉本憲史","sameAs":[],"image":{"@type":"ImageObject","@id":"https://hon-hikidashi.jp/#personlogo","url":"https://secure.gravatar.com/avatar/db89f4742d1c71acc65f2c28fa1c05d5?s=96&d=mm&r=g","width":96,"height":96,"caption":"杉本憲史"}},{"@type":"BreadcrumbList","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/#breadcrumblist","itemListElement":[{"@type":"ListItem","position":1,"item":{"@type":"WebPage","@id":"https://hon-hikidashi.jp/","url":"https://hon-hikidashi.jp/","name":"ほんのひきだし"}},{"@type":"ListItem","position":2,"item":{"@type":"WebPage","@id":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/","url":"https://hon-hikidashi.jp/enjoy/41746/","name":"14歳からの20年で綴った全歌詞を収録!『宇多田ヒカルの言葉』"}}]}]} ・舞台芸術を学べる大学は? width: 100px;

It’s bound to be forever more, It’s plain to see

border: none !important; 触れたことのない新しさをまとったその歌への驚きよりも、DJが曲終わりに付け加えた一言のほうが、当時の自分にとっては衝撃だった。 min-height: 30px !important;

Here’s what I’m foreseeing, ―ブロードウェイミュージカル “An American in Paris” より “For You, For Me, Forevermore” (作詞:Ira Gershwin), 1つ目は “Paradise can not refuse us/ever such a happy pair” です。, “can not refuse” は「拒否できない」という意味です。また “such a happy pair” は「こんな幸せなカップル」です。, これに加えて「今までに」を意味する “ever” があるので「パラダイス(天国)は拒否できない、僕たちのようなこんな幸せなカップルがいることを」と歌っているんですね。, 2つ目は “Everybody must excuse us/If we walk on air” 。, 私たちがよく知っている “excuse me” は「すみません」ですが、もともとは次のような意味なんですね。, その他にも「言い訳する」という意味があり、 “no excuses!(言い訳しない!)” なんていうふうに使ったりします。, では、この歌詞ではどうなっているのかというと “excuse us” ですから「私たちを許して」ですね。, しかも “must” が付いていますから「みんなは僕たちを許さなければならない」と、やや強めの口調になっています。, 何を許すのか…それは “if we walk on air(もし僕らが空を歩いたとしても)” です。この歌詞の構造、理解できますか?, 3つ目は “All the shadows now will lose us/Lucky stars are everywhere” 。, そんな影が “will lose us(僕らを失う)” というのです。影が人を失う時とはどんな時でしょう?そう、明るい時ですよね!, この歌詞では後半に “stars are everywhere” とありますので、星がキラキラと輝いている様子が目に浮かびます。, ただ、1点気にしなければいけないのが “stars” の前に “lucky” が付いているという点。, 実は “lucky stars” で「好運な」という意味があります。なので「好運がそこら中に散らばっている」ということと、「夜空一杯に星が瞬いている」というこの2点を掛け合わせたのが、このフレーズなのではないかなと考えています。, いずれにせよ「僕たちが影を失う」ではなく「影が僕らを失う」という表現が、いかにも自分中心に歌われているようで、幸せの度合いを手に取るように感じることが出来ますね。, 4つ目は “As a happy being/Here’s what I’m foreseeing” です。, “happy being” という場合の “being” の意味ですが、これは「人間」という意味になります。, “foreseeing” は「予知する、見越す、思う」という意味ですから「ここに僕が思っていることを挙げていこう」と歌っているんですね。, まずは曲名 “For you, for me, forever more” について説明しましょう。, “forever” は「永遠に」ですが、それに “more” が付いているので、ニュアンス的には「永遠にずっと」です。 “for you, for me” は「あなたにとって、私にとって」ですね。, For you, for me, forever more

border: 0 !important; border: 0 !important; padding: 0 !important;

} Tweet to @PerformingLove, 2020年8月19日に5周年を迎えました!5周年を記念して、オリジナル・ネックレスを販売しています。, より精度の高い情報をお届けするため、日々修正・追記を実施中!記事内容が一部更新される可能性があること、予めご了承下さい。貴重な情報やご意見は、コメントかお問い合わせフォームよお気軽にご連絡下さい。.

margin: 0 5px 0px 0 !important; 2018年は宇多田ヒカルさんのデビュー20周年。これを記念した『宇多田ヒカルの言葉』が発売中です。14歳から現在まで、宇多田さんが書いた全75篇の歌詞が収録されています。 This world will be