http://www.adminweb.jp/command/command/index2.html, http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0006/22/news001_6.html, you can read useful information later efficiently. から始まる行がusingディレクティブです。 一応、usingを並べた場合の優先度についても説明しておきます。, まず、usingの使い過ぎなどでどちらか判別できない状況になると、コンパイル エラーになります。, usingや型定義を書く場所によって優先度が付いています。 ソースファイル中に extern alias という宣言を書きます。, これで、Ufcpp.dll というライブラリ中で定義された A というクラスを、 doskey /macrofie=%USERPROFILE%\macros.txt 例えば、複数人で開発しているものとして、 ところが、このプログラムを修正していくうちに、ちょっとした問題が生じる可能性があります。 」で区切ることで階層構造を指定できます。, 次に、名前空間中に定義したクラスを参照する方法を説明します。 Why not register and get more from Qiita? コンパイルオプションでエイリアスを付けることが可能になりました(外部エイリアス)。, 外部エイリアスを使うにはまず、

以下のように、global::から書き始めれば、最上位から名前をたどれます。, globalは、::の前でだけキーワード扱いされる文脈キーワードです。 その同じ名前のものを使い分けたければ、ちゃんと完全修飾名を使う方のが一番ですが、 X::A という名前で参照できるようになります。, Visual Studio 上では、図1のように、参照しているライブラリのプロパティを開いて、エイリアス(aliases)の行を編集します。, この外部エイリアスを使うと、2つの異なるライブラリに、完全に同名前空間・同名のクラスがあっても、参照し分けることができます。 以下に、名前空間の階層構造と、各名前空間の説明および名前空間に属するクラスの一部を簡単に示します。, このように階層的に名前を管理することで、例えば、System.Text.Encodingクラス(Windowsのファイルシステムではフォルダの区切りに「 \ 」を使いますが、C#の名前空間の区切りには「 . 逆に、同優先度のものがあるとエラーになります。, " x, System.Math.Sin(x), Ufcpp.Math.Sin(x), "{0:f2}, {1:f6}, {2:f6}, // コンパイル オプションで BackportEnumerable.dll を指定, // using よりは、直接定義されているものの方が優先 A < C, global, ピックアップRoslyn 10/31: csharplang の運営方針とかトリアージとか, ピックアップRoslyn: C# 10.0 での低水準機能改善(ref フィールドなど). http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0006/22/news001_6.html. What is going on with this article? using もちろん、Ufcpp.Stringというように完全修飾名を用いれば、System.Stringと共存可能なのですが、エイリアス(alias:別名付け)という機能を使うことでも共存させることが出来ます。, 名前空間の先頭でこのような宣言をすることで、その名前空間中ではMyStringと書くことでUfcpp.Stringを参照することが出来ます。, 例えば、以下のように、ちょっと長めの名前空間名 Ufcpp.Test.Utilities に、 」で区切って指定することで参照できます。, Ufcpp.Collections.Vectorというように、名前空間をすべて指定した形式の名前を完全修飾名と言います。, また、いちいち完全修飾名を書かなくても済むように、using ディレクティブというものが用意されています。, 先頭の 」を使います)は画像や音声のエンコード形式ではなくテキストの文字コードだと容易に見当が付きます。, ちなみに、名前空間に含まれない部分、ソースコードの一番上の部分をグローバル名前空間(global namespace)と呼びます。, 今度は具体的に名前空間を使う方法を見ていきましょう。 ファイルを種類ごとにフォルダに分けて管理するのと同じように、 (注:今は構成が変わっています。昔はこういう構成でした。), そして各フォルダの中にhtmlや画像ファイルがあります。 名前空間(name space)とは、 .NET frameworkの標準クラスライブラリ中のクラスの大半はSystemという名前空間に属しています。

そのような、クラスを階層的に分類するための機構が名前空間です。, 例として、.NET frameworkの標準クラスライブラリを見てみましょう。 「 . とすればよい。, ただし、一度ウインドウを閉じると設定が消えてしまうので起動時に自動読み込みさせる必要がある。, これを利用してテキストファイルとして出力する。 クラスを種類ごとに分けて管理するための機構です。, フォルダを掘ってファイルを整理するような感覚で、名前空間を作ってクラスを整理します。, 例: namespace SampleNameSpace { class SampleClass {} }, 例えば、ウェブページを作成する場合、コンテンツごとにフォルダに分けて管理すると、サイトの管理がしやすくなります。 このエイリアス修飾子 :: は、基本的には . 名前空間中に定義したクラスは、以下のように、階層構造を「 . Windows API を使う(Declare ステートメント) Declare ステートメントで、Windows API の関数を呼び出して使用する方法と使用例 API(Application Programming Interface の略) 32bit で動作するAPI のことは、Win32API とも呼ぶ 以下のように、静的メソッドの呼び出しに対して、クラス名を省略できるようになる機能です(C# 6からの機能)。, 先ほど自作したStringのテストのために、比較対象として.NET frameworkに標準で用意されているSystem.Stringクラスを同時に使用したいとします。 エイリアス修飾子は、Alias.Class という書き方の代わりに、 namespace エイリアスと同名のクラスが追加されても混乱が起こりません。, 名前の付け方次第では、完全修飾名で書いても参照できない場合があります。 例えば、うちのサイトの場合、以下のようなフォルダ構成になっています。 Alias::Class と言うように、: を2つ付けます。 また、以下のように書いてもこれとまったく同じ意味になります。, つまり、名前空間を2つ以上の場所に分けて書くこともできますし、 そして「Alias」に関する設定を追加します。 # # Redirect: Allows you to tell clients about documents that used to # exist in your server's namespace, but do not anymore.

Help us understand the problem. -selfcert {-alias alias} {-sigalg sigalg} {-dname dname} {-validity valDays} [-keypass keypass] {-storetype storetype} {-keystore keystore} [-storepass storepass] [-provider provider_class_name] {-v} {-Jjavaoption}. それぞれのフォルダに同じ名前のファイル(例えばindex.htmlやback.png)があっても問題はおきません。, プログラムを作成する場合でも、プログラムの規模が大きくなってきて、クラスの数が多くなってくると、 外部エイリアスを使うにはまず、 ソースファイル中に extern alias という宣言を書きます。 extern alias X; class Program { static void Main(string [] args) { X::A a = new X::A(); } } そして、ソースファイルのコンパイル時に、 以下のようなオプションを追加します。

クラスを関連性のあるもの同士まとめて管理するような仕組みが必要になってきます。 このように、usingディレクティブを使うことでコードの入力手間を省くことが出来ます。, 名前空間関連ではないんですが、名前空間の「using ディレクティブ」と似たものなのでここで紹介だけしておきたい機能が、

優先度違いのものであれば、優先度が高い方が選ばれ、コンパイルできます。 その他の場面では、globalクラスを作ったり、globalという名前の名前空間を作ったり、参照したりもできます。, C# 2.0 では、using を使ってエイリアスを定義する代わりに、 とする。, コマンドマクロの設定 ここでは例として、学校の課題で文字列クラス、リストクラス、可変長配列クラス、画像クラスを作れといわれたとします(これらのものは、標準ライブラリに初めから用意されていますが、プログラムの勉強のためにわざわざ自作してみることになった)。, まず、課題を出された各人の作ったクラスの名前が重ならないように、それそれ自分の名前を使って名前空間を作ります。 System名前空間の下に、Text、IO、Drawingなどの名前空間があります。 自分以外の誰かが、TestNamespace 内に Util というクラスを作ってしまったとしましょう。, たったこれだけでこのコードはコンパイルエラーを起こします。 Windowsではコマンドマクロという機能を使用して、aliasと同じ設定が可能。, Windowsのコマンドプロンプトにて、 doskey {マクロ名}={実行コマンド名} ただ、エイリアスの後ろにしか付けられないという制限があります。 alias 【名】 別名、仮名、偽名 【対】real name 《電気》〔標本化で生じる〕折り返し雑音[ゆがみ] 《コ...【発音】éiliəs【カナ】アリアス【変化】《複》aliases - アルクがお届けするオンライン英和・和英辞書検索サービス。 静的メソッドに対する 「using static」 です。 短いエイリアス Util を付けたとします。, このコード自体には特に問題もなく、ちゃんとコンパイルが通ります。 このため、:: の付いている部分の直前はエイリアスであることが確定し、 http://www.adminweb.jp/command/command/index2.html, コマンドプロンプトの起動オプション > 、Declare,Lib,Aliasの意味がよくわかりません。教えてください。 全て、API関数(DLL内の関数)を使う為のものです。 DLLに付いては、VB特有のものではありませんので、以下のサイトをどうぞ。 The client # will make a new request for the document at its new location. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. AdminWeb ©2006-2020 Buzzword Inc.. All Rights Reserved. 階層構造は以下のようになります。, 名前空間を定義するためには Util と言う名前は既に存在しますと怒られるはず。), この問題を緩和するため、C# 2.0 では、エイリアス修飾子というものが追加されました。 以下のように、名前空間の階層に同名の識別子がある場合です。, 階層違いで同名のものがあることが原因なので、必ず最上位(グローバル名前空間)からたどる手段があれば解決します。 alias に関連付けられた非公開鍵と公開鍵を含むキーストアの情報を使って、X.509 v1 自己署名証明書を … このようにコンテンツごとに分けることで、どこにどのファイルがあるのかが分かりやすくなりますし、 そして、リストクラスListと可変長配列クラスVectorは、名前空間Collectionsを作ってその下に、画像クラスImageは名前空間Drawingを作ってその下に作ることにします。 そのために使うのが、global名前空間エイリアスです。 aliasの設定方法 Windowsではコマンドマクロという機能を使用して、aliasと同じ設定が可能。 Windowsのコマンドプロンプトにて、 doskey {マクロ名}={実行コマンド名} とすればよい。 ただ … 文字列クラスStringはそのすぐ下に作りましょう。 (エイリアス Util がクラス Util と衝突しましたと怒られるか、 というキーワードを使います。 クライアントに公開するコンテンツはドキュメントルート以下のディレクトリに設置する必要がありますが、エイリアスを使うことで全然別のディレクトリにあるファイルをドキュメントルートの配下に配置されているように見せかけることが出来ます。, クライアントからのリクエストに含まれるURLのパスが、サーバ上の実際のどのディレクトリに対応するのかを指定します。, それでは「httpd.conf」ファイルで「Alias」で検索してみてください。272行目付近に次の記述が見つかります。, Aliasを使わない場合を考えてみます。ドキュメントルートが「D:/Apache Group/Apache2.2/htdocs」だった場合にクライアントから「http://localhost/sub/index.html」というリクエストがあった場合は次のようになります。, これに対して次のように「Alias」を設定してみます。, この場合はクライアントから「http://localhost/sub/index.html」というリクエストがあった場合は次のようになります。, 「Alias」を設定することで、Apacheのドキュメントルート以下に限定せず(Apacheが含まれているディレクトリ以外でも)ドキュメントの設置が可能となります。, では実際に試してみます。まず「D:/Apache Group/data/」と言うディレクトリを作成し、そのディレクトリの中に下記のHTMLファイルを設置します。, そして「Alias」に関する設定を追加します。, ※ディレクトリに対してアクセス許可が必要なため「Allow from all」を設定してあります。, ブラウザを立ち上げて頂き次のURLへアクセスして下さい。, ドキュメントルート以外のディレクトリに設置されたファイルに対して、エイリアスを使って外部からアクセスすることが出来ました。, 初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。.

そしてその後に続く {} の中で定義したクラスや名前空間はすべてその名前空間に属することになります。 doskey /macros > %USERPROFILE%\macros.txt, このファイルを読み込むときは 例えば、上記のサンプルは以下のようなシナリオを想定したものです。, .NET 2.0 で LINQ を使うために、Enumerable クラスや Extension 属性を自作した(BackportEnumerable.dll), その BackportEnumerable のテストのために、標準の LINQ と自作の LINQ を両方使って、実行結果を比べたい(ExternAliasConsoleApplication.exe), 名前空間によって、同じ名前のものを複数作れます。 と同じ結果を生みますが、